So-net無料ブログ作成

1月28日の竹取公園&馬見丘陵公園-2

1月31日       1月28日の竹取公園&馬見丘陵公園-2
                    早朝散歩
此の日は、三吉石塚古墳を先に撮りに行き、戻って竹取公園駐車場に車を置き、
シルバー朝市で大きな大根1本100円、かぶら3ヶで100円を購入して車に積んで、
公園散策、今日は三吉2号墳(帆立貝式古墳)、狐塚古墳(帆立貝式古墳)、倉塚
古墳(前方後円墳)、一本松古墳(前方後円墳)、別所下古墳(円墳又は帆立貝)、
ナガレ山古墳(前方後円墳)の頂上に立つ事を目標に、既に竹取公園の近くの三
吉石塚古墳(復元された帆立貝式古墳)の墳丘頂上にも行って来たので・・・
竹取り公園
P1287484.JPG

馬見丘陵公園
P1287491.JPGP1287492.JPG
三吉2号墳(帆立貝式古墳)車椅子でも登れる様にスロープも有る。
ずーつと前方後円墳だと思って上り下りしていた?
巣山古墳の西に築かれた北向きの帆立貝式古墳で、全長93mを測る。発掘調査
時に後円部の南東で円筒埴輪を埋葬施設とする三吉3号墳が発見されている。
P1287498.JPGP1287502.JPG
未だ整備中の巣山(すやま)古墳(前方後円墳・国指定特別史跡)
馬見丘陵の中央部に位置する北向きの大型前方後円墳で、墳丘全長約220m、
後円部直径約130m、高さ約19m、前方部幅約112m、高さ約16.5mの規模があり、
左右のくびれ部に造り出しを設ける。前方部の西側には出島状遺構を確認し、水鳥・
蓋(きぬがさ)・盾(たて)・家・囲(かこい)・柵(さく)形埴輪が出土している。埋葬施設
は後円部中央に竪穴式石室が2基確認され、前方部にも小石室が造られている。
出土遺物は、勾玉(まがたま)、管玉(くだたま)、棗玉(なつめだま)等の玉類と鍬形
石(くわがたいし)、車輪石(しゃりんせき)、石釧(いしくしろ)等の石製品、滑石製の
刀子(とうす)、斧が知られている。
馬見古墳群中最大の規模を誇り、古墳時代中期初頭の王墓と考えられる。
P1287509.JPGP1287513.JPG

蝋梅&山茶花&タンポポ
P1287521.JPGP1287519.JPGP1287511.JPG
佐味田狐塚古墳
巣山古墳外提の北西に接して築かれた帆立貝式古墳である。墳丘全長78m、後円
部径54~56m、同高7m、前方部長20m、同幅31m、同高5mで周囲に浅い空濠が
めぐる。町道建設により後円部中央を分断されているが、発掘調査で木棺を粘土で
保護した粘土かくが確認され、鏡や鉄刀の破片等が出土している。築造時期は古墳
時代前期後葉と考えられる。
P1287525.JPGP1287529.JPG

   道路を超える
P1287534.JPG
   
   梅林の前に出る
P1287536.JPGP1287538.JPGP1287542.JPG

梅林を越えて竹藪の横を抜けると倉塚古墳
P1287553.JPG
倉塚古墳・・・後円部の墳丘が一番高い?墳丘頂上部分が凸凹
現状で墳丘全長約180m、後円部直径106m、前方部幅70mを測る前方後円墳です。
詳細は不明ですが、周辺で出土している埴輪円筒棺から5世紀前半の築造と推測さ
れています。
P1287555.JPGP1287561.JPG
 墳丘から上池と下池が見える
 手前が上池、向うが下池
P1287577.JPG

  墳丘を下ると一本松古墳へ
P1287586.JPGP1287588.JPG
此処までは、
1月28日の竹取公園&馬見丘陵公園-1 として
          下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
        http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2017-01-31
此処では、此の続きを
1月28日の竹取公園&馬見丘陵公園-2 として詳細を掲載します。
一本松古墳
全体に開墾が著しいため詳細は不明ですが、墳丘全長150m、後円部直径90m、前方
部幅60m程度の前方後円墳とされ、築造時期は4 世紀後半と見られています。
P1287593.JPGP1287596.JPGP1287598.JPGP1287600.JPGP1287602.JPGP1287602.JPGP1287609.JPG

 下池、下池の向こうは乙女山古墳とカタビ古墳群
P1287612.JPGP1287614.JPGP1287627.JPGP1287629.JPGP1287633.JPG

   かたび7古墳群
P1287635.JPG

  下池の烏が休憩中・・・・
P1287631.JPG 

  乙女山古墳の向こうに広陵町の水タンクが見える
P1287618.JPG

一本松古墳をおりて前方部から眺めると
P1287621.JPGP1287623.JPG
※乙女山古墳・・・下池の向こうに見える
典型的な帆立貝形古墳として著名な古墳。墳丘全長は130mで、後円部直径104m
に対し、前方部長30m、幅52mで前方部が極端に短く低平になっています。後円部
には別に造り出しがあり、家形埴輪などが出土しています。また、墳丘の周囲には
周濠と外堤が巡っています。
※カタビ古墳群・・・下池の直ぐ横
馬見丘陵公園造成に先立つ発掘調査で4基の古墳が確認されました。1号墳(方墳)と
3号墳(円墳)は大型古墳が盛んに築造された5世紀代に造られたもので、2号墳(円墳)
と4号墳はほとんど古墳が築かれなくなった7世紀代の古墳です。

別所下古墳・・・下池と上池の横
直径60mの円墳、または全長60mの帆立貝形古墳と考えられています。4世紀後半
の築造、河合町内では佐味田宝塚古墳、ナガレ山北3号墳と並ぶ最古の古墳です。
P1287639.JPGP1287637.JPGP1287642.JPGP1287644.JPGP1287645.JPGP1287648.JPG
此の裏が
佐味田石塚1・2号墳
P1287650.JPG
※佐味田石塚1・2号墳・・・睡蓮池の直ぐ横
昭和59 年、馬見丘陵公園中央エリア入口付近の県道工事の際に発見され、同エリア
内に移築保存されている古墳です。両古墳ともに竪穴の小石室で、1号墳の床面には
飛鳥時代の瓦が敷き詰められていました。1号墳は7世紀前半、2号墳は6世紀末に築
造されたものす。
P1287651.JPG

結びの広場
P1287653.JPG
ナガレ山古墳
約1600 年前、5 世紀初期の築造とされる全長105mの前方後円墳。古墳頂上から
当時の姿と現在の姿を同時に見比べられる全国でも珍しい古墳で、東側半分の葺
石と埴輪列が復元されています。
P1287655.JPGP1287657.JPGP1287659.JPG

蝋梅
P1287661.JPGP1287663.JPG

ユリノキ
P1287665.JPGP1287666.JPG

竹取公園との連絡橋のユリノキ
P1287668.JPG

竹取公園へ戻って
P1287672.JPGP1287675.JPGP1287677.JPGP1287679.JPGP1287683.JPG

nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 2

mamu7010

 今回のご紹介でまたGoogleマップでチェックしました。
古墳群・馬見丘陵公園、春夏秋冬良いですネ。
by mamu7010 (2017-02-01 21:18) 

taharas

mamu7010さん
こめんとありがとうございます!(^^)!
きーぼーどがおかしくなってしまいました・・・
かんじへんかんしない?
by taharas (2017-02-02 00:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0