So-net無料ブログ作成

6月14日の古戦場跡と公園散策・森ノ宮駅-2

6月18日        6月14日の古戦場跡と公園散策・森ノ宮駅-2
                JRふれあいハイキング 歩程約10㎞
此の日は知人と4人で参加、M吉さんK場さんS藤さんと田原の4人で昼飲み会迄。
コース JRふれあいハイキング 大阪・関西歩け歩け協会主催  参加費300円  
大阪城公園・森ノ宮噴水前 10時集合  此の日の参加者は132人
森ノ宮駅~徒歩5分~森ノ宮噴水前~(受付・集合)~大阪ビジネスパーク~鯰江
公園~城北川~八劔神社~鴫野古戦場跡~鴫野公園~森ノ宮駅(解散) 

ハイキングの4人は、湯処 あべの橋温泉で汗を流して昼飲み会に参加
6月14日・・・昼飲み会15:00~17:00 会費3000円9品&飲み放題 甘太郎で
 ・M吉さん・N西さん・Y田さん・R得さん・K場さん・A座さん・S藤さんと田原の8人
JR森ノ宮駅から
大坂城公園・森ノ宮噴水前へ、此処で4人揃う
森ノ宮噴水で受付
P6140063.JPG

直ぐ近くの木陰で集合&スタート
P6140065.JPGP6140066.JPG

大坂城公園内を歩き大阪ビジネスパークへ向かう
P6140068.JPG

大阪ビジネスパーク
P6140070.JPGP6140072.JPGP6140074.JPG

鯰江公園へ向かう
P6140077.JPGP6140080.JPG

鯰江公園で小休止
P6140084.JPG

城北川へ向かう
P6140086.JPG
城北川沿いを歩いて
城北川
城北川は、昭和10年の城北運河の着工に始まります。当時、工業地域としては
舟運の便を著しく欠いているということで、区画整理とあわせて、この運河を開き
ました。城北運河の位置は、旭区(現都島区)友渕町淀川左岸より赤川町、中宮
町、野江町を経て森小路に至り南折し、今福町を経て放出町寝屋川右岸に至り
ます。寝屋川と旧淀川(大川)を結ぶ総延長5615m(城東区内2130m)、幅40m
という大規模なもので、昭和15年12月に完成しました。
昭和30年~40年代の高度成長期には、工場、家庭排水により、城北運河もドブ
川化しました。そこで、昭和41年度から城北運河の浄化作戦が始まります。第1
次改修として5ヶ年計画で鋼矢板護岸工事を行い、生活排水が流れ込まない様
沿岸の下水道敷設を併行しました。昭和42年度からは河岸公園と遊歩道整備工
事にも着手、昭和46年度からは満干潮時に大川口、寝屋川口の両水門操作も
開始され、きれいな淀川の水を導入し汚れた寝屋川の水が締め出されるように
なりました。 このような浄化作戦の成果として、昭和48年1月には城北運河の城
東地区で、フナやモロコ等の稚魚の生息が確認されています。
P6140088.JPGP6140089.JPGP6140091.JPG
此処までは、
6月14日の古戦場跡と公園散策・森ノ宮駅-1 として
      下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
     http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2017-06-18-1
此処では、此の続きの八釼神社へ向か~を
6月14日の古戦場跡と公園散策・森ノ宮駅-2 として詳細を掲載します。
八釼神社へ向かう
P6140093.JPGP6140095.JPG
八劔神社
速素盞鳴命(はやすさのおのみこと)・奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)・八頭大
神(やつがしらおおかみ)を祭神とした神社」とあります。宮座中で存在した伝説を
記録した社記によれば、応永の始、老人の夢に熱田神宮の神様が現れ、明日淀
川の辺りにいくから祀ってほしいというお告げがあった。翌朝里民十数人を招きこ
の事を語ると、同じ夢を見た人が多くいることを奇異に思い、衣服を改め川辺にい
くと、案の定、小さな蛇が川から上がってきた。一同は蛇についていくと川を越え
て当地に入った。依ってその留まった所に小祠を建ててこれを祀ったとあり、これ
を神社の起源とし、応永3(1356)年9月の事としています。
P6140097.JPGP6140099.JPGP6140100.JPG
境内に大楠公さんの石像
大相撲・朝日山部屋の14代朝日山四郎右衛門が中心になり建立?
14代朝日山四郎右衛門とは
大正7年1月春場所に、二瀬川を改めて朝日山四郎右衛門の名を襲名して活躍
したこの関取は、鴫野の米屋の息子でした。本名は井口惣三郎。明治21年2月
23日生まれ。入門時の四股名は鴫野森。大正8年春場所に大関に昇進しました。
大正9年にアメリカ巡業、大正10年に現役を引退後も、大正13年台湾巡業、大
正14年アメリカ巡業をしました。地元の人や郷土を愛し、地元の人からもとても
愛されていました。昭和18年、56歳で没。現在でも八劔(やつるぎ)神社に「奉納
十四代朝日山四郎右衛門、大正九年四月」と書かれた石柱と、朝日山の化粧ま
わしをつけた額が奉納されています。
P6140101.JPGP6140103.JPG
※今の城東区に昭和の初め頃あったという大阪国技館
1937年(昭和12年)に、旭区関目(現在の城東区古市)に竣工した大阪国技館(大
阪大国技館とも)については、同年に発刊された『大阪大場所大相撲写真帳-大
阪大国技館竣工記念-』という資料があります。表紙に描かれた絵からもわかる
様に、鉄筋コンクリート4階建ドーム式の相撲場で、収容人員は25,000人、と概
要に記されています。「当時、国技館を中心に商店街や住宅を整備し、新たなま
ちを作る計画がありましたが、昭和16年(1941)の太平洋戦争の勃発とともに、
立ち消えとなり、大阪国技館も、わずか4年間、7回の準本場所が開催されただ
けで役目を終え、昭和26年(1951)頃には解体されました」と紹介されています。
※「大楠公(だいなんこう)」
楠木 正成(くすのき まさしげ)とは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての
武将。父は楠木正遠とされる。息子に正行、正時、正儀がいる。 後醍醐天皇を
奉じて鎌倉幕府打倒に貢献し、建武の新政の立役者として足利尊氏らと共に
天皇を助けた。尊氏の反抗後は新田義貞、北畠顕家とともに南朝側の軍の一
翼を担ったが、湊川の戦いで尊氏の軍に敗れて自害した。 明治以降は「大楠
公(だいなんこう)」と称され、明治13年(1880年)には正一位を追贈された。

鴫野古戦場跡
大坂冬の陣の鴫野・今福の合戦は城東区を主戦場としたもので、その碑が1920
年に現在の大阪市立城東小学校(城東区鴫野東3丁目16-14)の校庭に建てられ、
今も残っています。
P6140106.JPGP6140108.JPGP6140110.JPG
鴫野公園で小休止の後
森ノ宮駅へ向かう
P6140112.JPGP6140115.JPGP6140116.JPGP6140118.JPGP6140121.JPGP6140122.JPG
森ノ宮駅~天王寺駅へでて
ハイキングの4人は、湯処 あべの橋温泉で汗を流して待ち合わせ場所で合流、
8人で昼飲み会15:00~17:00 会費3000円 9品&飲み放題 居酒屋甘太郎
P6140125.JPGP6140127.JPG

nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 21

コメント 2

mamu7010

 写真ではきれいな初夏の空!!!
やっぱり水と緑の景色、ハイキングには最高?
風呂好きな人にはたまらないコース、良いナ~。
by mamu7010 (2017-06-19 15:36) 

taharas

mamu7010さん
コメント有難う御座います!(^^)!
25日のJRハイキングの後にべるた3Fの楽画喜展へ
行く予定です、ハイキング出て来ませんか?27日は歩こう会
28日はO村さんと久し振りの近鉄ハイキングに参加予定です。
by taharas (2017-06-20 19:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0