So-net無料ブログ作成
検索選択

6月17日の岸辺からエキスポシティを経て吹田へ-2

6月22日    6月17日の岸辺からエキスポシティを経て吹田へ-2
               JRふれあいハイキング 歩程約12㎞
今回は、1人で参加したJRふれあいハイキング、初めてのパーティ 会費500円
コース  JRふれあい  南大阪歩け歩け協会主催 岸辺駅(受付・集合)9:45 
岸辺駅(受付・集合)~旧中西家住宅~市場池公園~緑のネットワーク道~エキ
スポシティ~万博記念公園駅前広場~伊射奈岐神社~紫金山公園~吉志部神
社~吹田駅(ゴール・解散)   参加者132人?
若い頃、昭和40年~48年にかけて岸辺駅の次の千里丘駅で乗り降りして大阪へ
通勤してたので懐かしい思いも有り参加したのだが?思い出は万博公園のみ・・
JR志都美駅
P6170274.JPG
JR岸辺駅
駅前再開発の工事中・・・
昭和40年~48年にかけて岸辺駅と次の千里丘の粗中間?乗降は千里丘駅から
通勤してたので懐かしいハズが、あまりにも変わり過ぎて思い出の場所が無い・・・
数年前に、千里丘、茨木、高槻方面のハイキングに参加した時は思い出の場所が
なんぼか見受けられたのに、奄美から出て来て物珍しかったのは42年頃迄で・・・
勿論、万博記念公園は万博開催時に歩いて行ける場所に住んでた事も有り休日
前には1LDKの文化住宅が満員に?会社の同僚が寝泊まりに来て万博へ・・・
P6170276.JPGP6170278.JPG
旧中西家住宅の前を通り
旧中西家住宅は、文化財を吹田市のために役立てたいという中西家の御厚志に
より、平成19年(2007)年1月22日に家具や調度品とともに、吹田市に寄贈された
物です。
中西家は、江戸時代には大庄屋を勤めていました。
約1,000坪の屋敷地に、文政9(1826)年建築の主屋、長屋門、内蔵(米蔵)、キザ
ラ(木小屋)などの建物が建ち、江戸後期の大庄屋の屋敷構えを、ほぼ当時のまま
伝えています。
P6170283.JPG

市場池公園へ向かう
P6170292.JPG
市場池公園・・・小休止
市場池公園は、大阪府摂津市千里丘6丁目にある公園です。隣にスーパーイズ
ミヤがあり、こちらは吹田市です。摂津市と吹田市の境目に位置する公園です。
P6170297.JPGP6170299.JPG
ヤマモモの木の下で休憩
実が熟してて美味しい・・・
P6170305.JPG
市場池公園をスタート
万博公園へ2km
P6170308.JPGP6170312.JPGP6170315.JPG
万国博覧会記念公園
日本万国博覧会記念公園は、1970年開催の日本万国博覧会(大阪万博)の跡地を
整備した公園である。万博記念公園や万博公園とも呼称される。
所在地は大阪府吹田市千里万博公園。公園を管理するのは、大阪府である。1972
年3月15日の日本万国博覧会一般公開2周年の日にエキスポランドと自然文化園の
第1期及び日本庭園・大阪日本民藝館などを公開して開園する。その後、自然文化
園が第3期に分けて整備・公開され、国立民族学博物館が開設される一方、開園後
に閉鎖された施設もある。
万博公園の入口にデイゴ、太陽の搭も見えて来た
P6170320.JPGP6170323.JPG
太陽の搭
太陽の塔は、芸術家の岡本太郎がデザインし、1970年に開催された日本万国博覧
会のシンボルゾーンにテーマ展示館として、母の塔・青春の塔・大屋根(長さ292m、
幅108m、高さ約40m)とともにつくられました。
塔の頂部には金色に輝き未来を象徴する「黄金の顔」、現在を象徴する正面の「太陽
の顔」、過去を象徴する背面の「黒い太陽」という3つの顔を持っています。
構造は、鉄骨、鉄筋コンクリート造りで一部軽量化のため吹き付けのコンクリートが使
われています。また、内部は空洞になっており、博覧会当時は展示空間でしたが、現
在は公開していません。
P6170331.JPG
エキスポシティ
三井不動産商業マネジメント(株)運営する、万博記念公園の日本最大級 大型複合
施設。
P6170333.JPGP6170337.JPG
高さ日本一の大観覧車
日本一高い観覧車. REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカ ホイール)
大阪:吹田市:エキスポシティ」. 高さ 117m. 現在日本一高い観覧車は、2016年7月の
オープン時点では世界でも5番目に高い観覧車。
P6170344.JPGP6170345.JPG
此処までは、
6月17日の岸辺からエキスポシティを経て吹田へ-1 として
           下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
       http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2017-06-21-2
続きは、大観覧車の真下をUターンして~
P6170347.JPGP6170349.JPG
P6170351.JPG

万博公園の出口へ向かう
P6170353.JPG

エキスポシティを後に伊射奈岐神社へ向かう
P6170355.JPG
伊射奈岐神社(いざなぎじんじゃ)・・・昼食休憩
P6170357.JPGP6170359.JPG
当社は、延喜式内社で、延喜式神明張に、摂津国島下郡、伊射奈岐神社二座
云々とあり一座がこの神社であって、千里丘陵の中間で万国博会場になった地
域に隣接する高庭山に鎮座している。爾来、皇大神御霊と共に内裏に奉斎され
ていた豊受大御神の御霊が崇神天皇の御宇、皇居を離れさせられ、後に丹波
国与謝郡(現在福知山市)の比冶真名井に遷し奉られたが人皇第二十二代雄
略天皇即位二十二年、皇大神の御神誨により現在の伊勢市山田、高倉山麓の
山田ヶ原に遷座し奉られたとき、伊勢斎宮女倭姫の御示教により、大佐々之命
が、五柱の神を奉祀するべき霊地を諸国にもとめ、ついにこの山田の地に奉祀
せられたと云う。又、山田という地名がこの様な処から山田原と称し、伊勢山田
から名を移したのであると伝えられている。俗に姫神社とも称し、貞観元年正月
従五位上を授けられ(三代実録、貞観元年正月の条に「二十七日甲申京畿七
道諸神進階及新叙惣二六七社云々、奉授摂津国従五位、伊射奈岐神従五位
上」)同十五年社宮と改称されたと云う。
延喜の制に大社に列し、明治六年郷社、祈年月次新嘗の案上に預かった名祠
である。俗に五社宮、姫宮とも称し、山田五ヶ村、上村、中村、別所村、小川村、
下村、千里丘、千里ニュータウンを含む産土大神である。
P6170364.JPGP6170366.JPGP6170367.JPG
昼食を終えて鳥居の前に戻って撮り直して本殿へ
大鳥居
大鳥居(明神鳥居:高さ約5.7m) 慶安三年(1650年)建造、寛永七年(1854年)
再造立 左右の柱に銘。が刻まれている
P6170369.JPGP6170371.JPGP6170373.JPGP6170375.JPGP6170377.JPGP6170379.JPGP6170381.JPGP6170382.JPGP6170384.JPG
午後は、伊射奈岐神社境内をスタート
吉志部神社へ向かう
P6170386.JPGP6170387.JPG
紫金山公園
この公園には、国の史跡「吉志部瓦窯跡(きしべがようせき)」ほか、歴史的な資
産が存在しています。また、かつて満開のツツジが山を赤紫色に染めた様子が
名前の由来とされる「紫金山」を後世に残そうと、市民による里山保全活動が行
われている場所でもあります。古くから岸部の田畑を潤していた釈迦が池も含め、
歴史、自然をテーマとした整備計画「吹風土記の丘・紫金山公園基本計画」が市
民参画により策定された総合公園です。
P6170392.JPGP6170393.JPG
吉志部神社の手前、平窯
「吉志部瓦窯跡(きしべがようせき)」
ここでは延暦13年(794年)に新たに都が移された平安宮の瓦を生産していま
した。発掘調査の結果、平安宮造営当初の瓦生産の実態を示す重要な遺跡
として昭和46年(1971年)に国の史跡に指定されました。
P6170395.JPG
吉志部神社へ向かう
※吉志部の里と難波吉志一族
千里丘陵南西部に位置する紫金山。現在、吉志部神社を中心に風土記の丘、
総合公園として整備されているこの辺りは、その昔、吉志部の里と呼ばれ、大
和時代から平安時代にかけて難波吉志一族が活躍していました。
難波吉志一族は、朝鮮半島から渡ってきた進んだ技術を持った人々といわれ
ています。「吉志」というのは、朝鮮半島にあった新羅の国で使っていた役人の
位の称号で、日本に渡ってから吉志(貴志、岐志、吉師)と呼ばれた人はたくさ
んいましたが、中でも難波の津(現在の大阪城付近)に住みついた一族を難波
吉志と呼んでいたようです。 岸部にいた難波吉志の先祖は安部難波吉志とい
い、大阪市阿倍野の四天王寺と関係が深いといわれています。
吉志一族は、代々「吉志の大神宮」を守り神として崇敬し一族の繁栄と周辺の
民衆の幸福を祈願して暮らしていました。

吉志部神社
吉志部神社は、大阪府吹田市の紫金山に鎮座し、遥か古代より鎮守の社として
村の人々に崇敬されてまいりました。
吉志部神社の創建時期は明らかではありませんが、社伝によると崇神天皇の時
代に大和国の瑞籬から奉遷して祀られ「大神宮」と称したとありますが、淳和天皇
の時代である天長元(824)年に天照御神と改称したこともあるようです。
ちなみに正式に吉志部神社となったのは、明治3(1870)年、神仏分離の発令を
機に改められてからです。
古くから極めて壮麗な社殿であったと伝えられていますが、応仁の乱の兵火でこ
とごとく焼け落ちてしまいます。焼け跡には奇跡的に神鏡のみが残されていたこ
とから、それを村人たちの手によって再び奉祀して文明元(1469)年に再建、さら
に天文3年(1534年)に中興されました。 江戸時代、祭神は天照皇大神を主神と
した七柱で七社明神と呼ばれ、吉志部5か村の鎮守として祀られていました。後
に豊受大神を合祀し、正徳3(1713)年、正遷宮の棟札には「吉志部村鎮守八社 」
と記されています。
P6170397.JPGP6170399.JPGP6170401.JPGP6170402.JPGP6170404.JPGP6170406.JPGP6170408.JPG

吹田駅へ向かう
P6170410.JPGP6170412.JPG

吹田駅ホームから
P6170414.JPG

nice!(48)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 48

コメント 6

hatumi30331

沢山の人ですね!
みなさん、健脚!^^
エキスポまで行かれたんですね。
この時期、どこに行っても紫陽花が綺麗!^^

今日は雨上がりで蒸し暑いかな?って思ったんですが
意外に涼しい。
by hatumi30331 (2017-06-22 07:31) 

mamu7010

 伊射奈岐神社がメイン?結構大きな神社ですネ。
今年初銀杏の実、こちらでも車の中から探すのですが、、、
写真のトカゲ風の狛犬?何でしょうネ、興味津々。
by mamu7010 (2017-06-22 11:11) 

taharas

mamu7010さん
コメント有難うございます!(^^)!
狛カエルかと思って撮ったんですが、調べてみると、
伊射奈岐神社狛犬の台座に刻された銘によると、中国の金州城の
楼閣 の屋根を飾る聖獣の姿を模して、一対の狛犬が造立されたこ
とになる。金州城の楼閣の屋根には、「鬼龍子(きりゅうし)」と呼ばれる魔 除けの聖獣があった・・・
by taharas (2017-06-22 11:59) 

taharas

hatumi30331さん
コメント有難う御座います!(^^)!
昨日の雨で少し過ごし易くなりましたね・・・
by taharas (2017-06-22 12:09) 

がり

太陽の塔をぜひ一度、
身近で見てみたいのですがなかなか機会がありません。
by がり (2017-06-26 20:41) 

taharas

がりさん
コメント有難う御座います!(^^)!
太陽の搭は今でも万博記念公園中央ゲートの真正面に
でーんと構えていますよ、此の日は横の駐車場入り口の
横からエキスポシティへ向かう途中で無料で見ているが
公園中央ゲートから入ると真正面にもっとデカク見えます。
by taharas (2017-06-27 00:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0