So-net無料ブログ作成
検索選択

7月23日の冷や冷や夏吞み竹之内街道とワイン館ー2

7月26日     7月23日の冷や冷や夏吞み竹之内街道とワイン館ー2
             近鉄フリーハイキング 古市駅~上ノ太子駅
知人と4人で参加、私にとってはワインの試飲巡りは初体験、河内ワイン館では、
白ワインと梅酒と赤ワインの試飲、白ワインが美味しかったので200円の白ワイン
のかき氷を食べた、2軒目の飛鳥ワインでは赤ワインの試飲、此れまでは毛嫌い
して全く飲まなかったワインが、今回で試飲程度なら飲んでも大丈夫だと解った。
コース 近鉄フリーハイキング 古市駅受付9時半~10時 歩程約6km
古市駅(受付)~白鳥神社~竹之内街道~西琳寺~であいの道~竹之内街道~
河内ワイン館~飛鳥川の歌碑~飛鳥川沿い~飛鳥戸神社~飛鳥ワイン~上ノ太
子駅(ゴール)。今回の私の万歩計は、15383歩で約10.3km歩いたことに・・・
古市駅(受付)~白鳥神社
古市
日本最古の官道「竹内街道」と京都から霊場高野山に詣でる「東高野街道」が
まじわる古市の地、ここに訪れる人が憩える語らいの場となっています。
IMG_8172.JPG
白鳥神社
日本武尊、素戔嗚命、稲田姫命を祀る。明治時代に近隣の高屋神社を合祀し、
その祭神である饒速日命、広国押武金日命(安閑天皇)を合せ祀る。
元は軽里の西方の伊岐谷にある白鳥陵の頂に鎮座し、「伊岐宮(いきのみや)」と
呼ばれていた。南北朝・戦国の兵火により衰微し、峯ケ塚古墳の頂の小祠として
祀られてきたが、慶長9年(1596年)の慶長の大地震で倒壊し、そのまま放置され
ていた。天明4年(1784年)、古市の氏神として現在地に移された。
明治41年(1908年)、式内・高屋神社を合祀した。高屋神社は昭和29年(1954年)
に独立・再興されたが、現在でも合祭神としてその祭神を祀っている。
IMG_8170.JPG
竹之内街道~西琳寺
竹内街道(たけのうちかいどう)
大阪府堺市から東へ向かい、二上山の南麓・竹内峠を越えて、奈良県葛城市の
長尾神社付近に至る約26 kmの街道である。
羽曳野市の白鳥交差点から葛城市の竹内集落付近までの区間は、そのほとんど
の区域が国道166号に指定されている。

西琳寺
西琳寺(さいりんじ)は大阪府羽曳野市にある高野山真言宗の仏教寺院。山号は
向原山。本尊は薬師如来立像。
西琳寺は、7世紀前半に百済系渡来人の王仁博士の後裔である西文(かわちのふ
み)氏により創建されたとみられる。創建時は現在よりも一回り大きい寺域(東西
109m、南北218m)を有し、難波宮と飛鳥を結ぶ日本最古の街道である竹内街道
に面していた。境内の庭に置かれた高さ2m近い塔礎石は重量は27tを超え、塔礎
としては飛鳥時代最大のものである。創建時の伽藍は、塔を東、金堂を西に配す
る法起寺式伽藍配置とみられる。境内からは創建時の建物の屋根を飾っていた
鴟尾(しび)が出土している。
IMG_8173.JPG
IMG_8175.JPG
大粒の立派なギンナンが・・・
IMG_8174.JPG
搭礎石を横から見れて感動!
掘り起こされた搭礎石を見るのは初体験?
IMG_8181.JPG

であいの道へ向かう
IMG_8183.JPGIMG_8186.JPGIMG_8187.JPG
であいの道
飛鳥川の旧河川敷を利用して、古墳時代・飛鳥時代の時の流れや変化を表現
した遊歩道です。「人」・「時」との出会いの空間を創造しています。
IMG_8188.JPG
竹之内街道
飛鳥時代の大和と難波を結ぶ日本最古の官道として、外国使臣や宮人は
もちろん、一般大衆が往来してにぎわいました。
IMG_8191.JPGIMG_8192.JPG
此処までは、
7月23日の冷や冷や夏吞み竹之内街道とワイン館ー1 として
             下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
          http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2017-07-24-2
此処では、此の続きの河内ワイン館へ~
7月23日の冷や冷や夏吞み竹之内街道とワイン館ー2 として詳細掲載します。
河内ワイン館へ~
IMG_8193.JPG
河内ワイン館・・・HPより
1階では、カウンターにて、約20種類の試飲を楽しめます。
店頭のワイン、梅酒はもちろん、ショップ内のワインセラーで眠る、こだわりの
上質なシリーズのワインを味わうこともできます。
明るい解放感あふれる空間で、季節の移り変わりを、肌と香りで感じることが
できます。・・・7月23日、此の日は、ワイン館2階の「展示ホール」で試飲。
ワイン館2階にある「展示ホール」。
河内ワイン初期の頃のワインラベルやビン・写真・資料など、これまで河内ワ
インが歩んできた歴史を心地よい空間でご覧になることができます。
もちろん無料で見学できますので、ワイン館に立ち寄った際には、是非一度
お立ち寄りください。 河内ワイン社員一同お待ちしております。
IMG_8194.JPGIMG_8195.JPGIMG_8196.JPGIMG_8198.JPG

1F 店内 冷房が効いててやっと一息・・・
IMG_8199.JPGIMG_8200.JPGIMG_8202.JPG

2F 店内
IMG_8203.JPG
飛鳥川の歌碑~飛鳥川沿い
柿本人麻呂の歌碑
飛鳥川と竹内街道が交差するところに「月読橋」という優雅な名を持つ橋がある。
橋のたもとには、古い石灯籠が2基あり、「太神宮」「金比羅大権現」と刻まれてい
る。これはお伊勢さんや金比羅さんへの献灯であり、この道を通る人への道案内
の街灯でもあった。また、この橋から飛鳥川の右岸50m上流に石碑があり、新古
今集の中の「あすか河もみじ葉ながる葛城の山の秋風吹きぞしぬらし」(人磨)と
いう歌が彫られている。
IMG_8204.JPG
川沿いを
飛鳥戸神社&飛鳥ワインへ向かう
IMG_8205.JPGIMG_8206.JPGIMG_8207.JPG
飛鳥戸神社
竹内街道に沿う飛鳥の丘陵上に鎮座する神社です。平安時代中期、延長5
(927)年に完成した『延喜式』には名神大社として記載されています。現在は
素戔嗚尊(スサノオノミコト)を祭神としていますが、5世紀後半に来朝した百
済の王族、琨伎王[昆支王](こんきおう)を祭祀しているという説があります。
羽曳野市東部から柏原市南部にかけての地域は、古代の安宿郡にあたり、
琨伎王を祖とする飛鳥戸造の一族の本拠地とされています。飛鳥戸神社の
周辺には百済の横穴式石室の構造と関係があると考えられる観音塚古墳や、
渡来系氏族との関連が考えられる竈(かまど)や甑(こしき)などを表したミニ
チュアの炊飯具を副葬した横穴式石室をもつ、飛鳥千塚古墳群があり、飛鳥
戸造一族との関係を考える説があります。
IMG_8208.JPGIMG_8209.JPG
IMG_8210.JPGIMG_8211.JPGIMG_8212.JPG
飛鳥ワイン
2Fで赤ワインの試飲ができました。
IMG_8215.JPG

上ノ太子駅(ゴール)

nice!(28)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 28

コメント 8

イッシー

一緒に旅したような気分になりました。
by イッシー (2017-07-26 11:54) 

hatumi30331

飛鳥でワインの試飲まで〜
いいなあ〜
暑くて歩くのは休憩してます。
疲れるとあまりよろしくないのよ。^^;
運動不足です。
by hatumi30331 (2017-07-26 17:16) 

mamu7010

 試飲といえども、ワインデビューおめでとうございます。
並ぶのは嫌ですが、仲間がいるとあまり苦にならない?。
近場で・あまり行った事ないけど、写真?、きっと良いコース
ですネ。

by mamu7010 (2017-07-26 20:26) 

taharas

イッシーさん
コメント有難う御座います!(^^)!
昨日25日、近所の良く行く馬見丘陵公園へ向日葵を
撮りに出かけたら暑いのなんのってまるで蒸し風呂で、
30分ほどで引き返してきました。暑さに注意!ですね・・・
by taharas (2017-07-26 23:47) 

taharas

hatumi30331さん
コメント有難う御座います!(^^)!
本当に暑いです、暑いのが好きな私でもげんなりです。
お互い、暑い中では身体と相談しながら歩きましょう・・・
by taharas (2017-07-26 23:52) 

taharas

mamu7010さん
コメント有難う御座います!(^^)!
ワイン、毛嫌いしてたが試飲くらいなら飲めそうです。
此れからは、ワインを飲むハイキングも行きますよ・・・
やまうちゃん、江川さん、伊藤さん、新子さん10年振り位
に会ったが変わってない、米さんに貴方だけ変わってる
と、云われてしまいました・・・
by taharas (2017-07-27 00:00) 

yukio

ワインという飲み物は、
世界に誇れるものですね。
あれを作った方々、
尊敬します。
by yukio (2017-07-27 02:38) 

taharas

yukioさん
初めまして!どうぞ宜しくお願いします。
nice!&コメント有難う御座います!(^^)!
少しの奄美の黒糖焼酎以外は飲めませんでしたが、
ビールが少し飲めるようになり、日本酒試飲が楽しみ
になり、今度はワインの試飲が出来る様になりました・・・
ウイスキーやブランデーは臭いが嫌で飲めない体質です。

by taharas (2017-07-27 09:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0