So-net無料ブログ作成

9月27日の歩こう会 JR和泉府中駅~JR北信太駅-2

9月29日(水)   9月27日の歩こう会 JR和泉府中駅~JR北信太駅-2  
             いにしえから未来迄「時間と技と伝説」を探訪する
9月度の歩こう会のコンセプトは、いにしえから未来迄「時間と技と伝説」を探訪する。
コースは下記の通り、JR和泉府中駅~JR北信太f駅迄  歩程約9km  86人参加
JR和泉府中駅~弥生文化博物館~池上曽根史跡公園~惣ヶ池公園(昼食)~
聖神社~旧府神社(ふるふ神社)~信太の森葛葉稲荷神社(解散)~JR北信太駅
残暑?厳しい晴天で暑かった・・・水ペットB5本消費(約2.5リットル)内2本は麦茶、
何時もより1本多かった。此の日の私は、21729歩で約14.7km歩いた事に・・・
志都美駅へ向かう
IMG_2315.JPGIMG_2317.JPG
志都美駅
葛城山から二上山迄綺麗に見える
IMG_2318.JPG
JR和泉府中駅
最高に良い天気だ・・・
IMG_2319.JPGIMG_2320.JPG
弥生文化博物館へ向かう
途中、泉大津市を通る・・・
IMG_2322.JPGIMG_2324.JPGIMG_2325.JPGIMG_2328.JPGIMG_2332.JPGIMG_2335.JPG
弥生文化博物館
和泉市のHPから引用
大阪府立弥生文化博物館は、弥生文化に関する資料と情報を収集・保存・研究・
展示し、 弥生文化に広く親しみ、学習していただくことを目的としています。
地元の遺跡にとどまらず、弥生文化全般を広く対象とする全国で唯一の博物館。
IMG_2339.JPG

  内部の展示物・・
IMG_2341.JPGIMG_2342.JPGIMG_2343.JPG

次は史跡池上曽根遺跡
IMG_2337.JPG
池上曽根史跡公園
和泉市のHPより引用
~二千年の時間をこえて・よみがえる弥生浪漫~
大阪府和泉市池上町を中心に南北1.5キロメートル、東西0.6キロメートルの範囲に
広がる池上曽根遺跡は、総面積60万平方メートルもの規模をもつ大遺跡です。弥生
時代の全期間(2300~1800年前)を通じて営まれた、わが国屈指の環濠集落(周囲
を溝で囲んだ集落)と言われています。1976年に環濠に囲まれた範囲を中心に、約
115,000平方メートルが国史跡に指定されました。池上曽根遺跡がもっとも栄えた弥
生時代中期(2200~2000年前)の姿を現代によみがえらせるために、1995年から史
跡整備を行なっています。1995年、集落の中心部で見つかった弥生時代中期の大型
建物と井戸は、弥生時代のイメージを塗りかえるたいへんな発見となりました。大型
建物に残されていたヒノキの柱が紀元前52年に伐切されたものであることがわかり、
弥生時代中期の実際の年代が初めて明らかにされたことです。それまで考えられてい
た年代より百年も古くなり、その後の邪馬台国に続く歴史の流れに、大きな一石を投じ
ました。復元された建物は「いずみの高殿」、井戸は「やよいの大井戸」となりました。
IMG_2350.JPGIMG_2354.JPGIMG_2356.JPGIMG_2357.JPG

   内部の屋根、男柱&女柱・・・
IMG_2361.JPGIMG_2362.JPGIMG_2363.JPG
此処までは、
9月27日の歩こう会 JR和泉府中駅~JR北信太駅-1 として
             下記のセカンドブログへ詳細を投稿済です。
          http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2016-09-29-1
続きは、惣ヶ池公園へ向かう~
学校の塀に・・・
IMG_2366.JPGIMG_2368.JPGIMG_2369.JPGIMG_2371.JPG
惣ヶ池公園(昼食)
惣ヶ池遺跡を埋め戻して鶴山台造成前の旧地形が唯一保存された貴重な公園です。
惣ヶ池遺跡は信太丘陵上にある弥生時代後期(約1900年前)の高地性集落です。発掘
調査で4棟の竪穴住居や鉄鏃(矢じり)、弥生土器などが出土しました。住居の増築や改
築の跡も見られ、弥生人の住宅リフォーム事情がいろいろ想像できた遺跡です。
聖神社
祭神は聖大神(ひじりのおおかみ)。聖大神は『古事記』に「聖神」と登場する大年神の
御子神である。『和泉国大鳥五社大明神并府中惣社八幡宮縁起』によると本地仏は地
蔵菩薩となっている。
神武天皇東征の際に瓊々杵尊を祀ったとする伝承と、白鳳3年(675年)8月15日に天
武天皇の勅願により渡来氏族の信太首(しのだのおびと)が聖大神を祀ったとする伝
承の二説がある。貞観元年(859年)5月7日に官社に指定され、同年8月13日に従五
位下から従四位下の神階を受ける(『三代実録』)。延長5年(927年)に施行された『延
喜式』ではその「神名帳」に記載される(式内社)。中世の『和泉国神名帳』では神階が
「正一位」となっている。
鎌倉時代には信太氏が代々神主職となっていたが、南北朝時代に南朝方についた為
に、その後信太氏は神主職の地位を失う。かわって延文5年(1360年)には和田蔵人
が神主職についている。南北朝時代より同じ和泉国の大鳥神社、泉穴師神社、積川
神社、日根神社とともに「五社大明神」と呼ばれるようになる。和泉国の神社の3番目
の地位を占めるが、「三宮」の記述は中世にはない。天正3年(1575年)、織田信長に
所領1100石を安堵されるが、同13年(1585年)の豊臣秀吉の根来攻めで兵火にあい、
所領も没収された。江戸時代の初期に豊臣秀頼が片桐且元を奉行として各地の社寺
を造営したが、当神社も慶長9年(1604年)に造営されている。現存する当時の社殿は
本社本殿と末社三神社・滝神社・平岡神社の本殿で国の重要文化財及び大阪府の有
形文化財に指定されている。
IMG_2375.JPGIMG_2376.JPGIMG_2377.JPGIMG_2378.JPGIMG_2379.JPGIMG_2380.JPGIMG_2381.JPGIMG_2384.JPG

旧府神社(ふるふ神社)へ向かう
IMG_2385.JPGIMG_2386.JPGIMG_2387.JPGIMG_2388.JPG
旧府神社(ふるふ神社)
舊府(旧府)神社(ふるふじんじゃ)は大阪府和泉市にある神社。
延喜式内の古社であるが、詳細な創建年月や創設当初の祭神は不明。
三代実録(901年)に『貞観元年(西暦859年平安時代)五月七日壬戌。和泉国舊府神
列於官社。同八月十三日丙申。和泉国無位舊府神授正五位下』と記録されている。
江戸時代には「牛頭天王社」とも称され、明治5年に村社に列せられた。大正4年6月
23日には葛之葉町の信太森葛葉稲荷神社に合祠されたが、翌年、元の社殿に奉祀
した。
若宮社「白狐化石」
祭神は葛葉姫。猟師に追われた白虎が猟師から逃げるため化けた(隠れた)石という。
元々この石は小栗街道(熊野街道)にあったが、昭和22年にこの舊府神社に祀られた。
IMG_2395.JPGIMG_2391.JPGIMG_2394.JPGIMG_2392.JPGIMG_2393.JPG
信太の森 葛葉稲荷神社(解散)
こちらの神社は正式には「信太森神社」 通称「葛葉稲荷神社」といいます。 創建は、和
銅元年(708年)です。そしてこちらの神社には 安倍保名と葛の葉姫の恋物語が言い伝
えられています。 その物語は歌舞伎・文楽において現在も語り継がれています。
「千枝のクス」とも「夫婦クス」とも呼ばれる樹齢700年のクスの巨木も有ります。
IMG_2405.JPGIMG_2404.JPGIMG_2403.JPGIMG_2402.JPGIMG_2401.JPGIMG_2398.JPGIMG_2399.JPGIMG_2400.JPGIMG_2406.JPG
※葛の葉伝説
村上天皇の時代、河内国の人石川悪右衛門は妻の病気をなおすため、兄の蘆屋道満の
占いによって、和泉国和泉郡の信太の森(現在の大阪府和泉市)に行き、野狐の生き肝
を得ようとする。摂津国東生郡の安倍野(現在の大阪府大阪市阿倍野区)に住んでいた
安倍保名(伝説上の人物とされる)が信太の森を訪れた際、狩人に追われていた白狐を
助けてやるが、その際にけがをしてしまう。そこに葛の葉という女性がやってきて、保名を
介抱して家まで送りとどける。葛の葉が保名を見舞っているうち、いつしか二人は恋仲と
なり、結婚して童子丸という子供をもうける(保名の父郡司は悪右衛門と争って討たれた
が、保名は悪右衛門を討った)。童子丸が5歳のとき、葛の葉の正体が保名に助けられた
白狐であることが知れてしまう。次の一首を残して、葛の葉は信太の森へと帰ってゆく。
        恋しくば尋ね来て見よ 和泉なる信太の森のうらみ葛の葉
この童子丸が、陰陽師として知られるのちの安倍晴明である。保名は書き置きから、恩
返しのために葛の葉が人間世界に来たことを知り、童子丸とともに信太の森に行き、姿
をあらわした葛の葉から水晶の玉と黄金の箱を受け取り、別れる。数年後、童子丸は晴
明と改名し、天文道を修め、母親の遺宝の力で天皇の病気を治し、陰陽頭に任ぜられる。
しかし、蘆屋道満に讒奏され、占いの力くらべをすることになり、結局これを負かして、道
満に殺された父の保名を生き返らせ、朝廷に訴えたので、道満は首をはねられ、晴明は
天文博士となった。

JR北信太駅
IMG_2407.JPG

9月25日「いにしえの古代ロマン・キトラの4神を訪ねて」-2

9月26日(月)   9月25日「いにしえの古代ロマン・キトラの4神を訪ねて」-2
            国営飛鳥歴史公園  キトラ古墳周辺地区開園記念2016         
此のハイキングに知人と3人で参加、素晴らしいハイキング日和で気温も上昇??
コース 近鉄 駅フリーハイキング  飛鳥駅受付9:30~11:00  歩程約7㎞ 
飛鳥駅(受付)~吉備姫王墓(猿石)・欽明天皇陵~鬼の雪隠・俎~亀石~天武・持
統天皇陵~国営飛鳥公園館~高松塚壁画館~高松塚古墳~キトラ古墳周辺地区
~キトラ古墳4神の館~キトラ古墳~展望台~子嶋寺~壺阪山駅(ゴール)
キトラ古墳周辺では(トークショウ&伝承芸能ステージ)等のイベントも有り
此の日の私は、25698歩で約17.2km歩いたことに・・・
志都美駅へ向かう
志都美駅
IMG_2185.JPG

高田駅~高田市駅へ歩く
IMG_2187.JPG

高田市駅
IMG_2191.JPG

飛鳥駅受付
IMG_2193.JPG
耳なほし地蔵
朝風峠でガイドさんに下記の伝説を聞いた事が有ります。
明日香・栗原集落の朝風峠のお地蔵さん、右の肩の上が大きく欠けているのは、
「朝風地蔵」と平田集落にある「みみなほし地蔵」が争って、片方は肩を取られ、
片方は耳を取られた。というおもしろい言い伝えがあるそうです。
今日、訪れた、此のみみなほし地蔵には「キリ」が多数奉納されていました、キリ
で穴が開けられる様に耳が通り聞こえる様になる?というおまじないでしょうか・・・
IMG_2194.JPG
吉備姫王墓(猿石)
飛鳥の猿石とは、明日香村平田にある吉備姫王墓(きびつひめのおおきみのはか)の
域内に据えられている4体の石造物のことを云う。吉備姫王は、欽明天皇の皇子の桜
井皇子の娘で、押坂彦人大兄皇子の子の茅渟王(ちぬのみこ)と結婚し、宝皇女(皇
極天皇・斉明天皇)・軽王(孝徳天皇)を出産された。後の天智天皇や天武天皇には祖
母にあたる皇女である。
墓そのものに対する興味よりも、柵の内側に並べられた4体の石造物を見に来る。これ
らの高さ1m前後の石造物は、それぞれ僧、男性、女性、山王権現の名で呼ばれてい
るが、何故か「猿石」と総称されている。
これらの石造物は、もともとは欽明天皇陵の前方部の南側に一列に並べられていたら
しい。江戸時代の元禄年間に欽明天皇陵の南の田んぼから掘り出され、現在の場所に
置かれたとのことだ。 誰が何のために作ったのかは謎とされ、これまでさまざまな説が
出されてきた。その一つは、邪悪なものの侵入から欽明天皇陵を守るために造られたも
のであるという。韓国の弥勒寺跡には、石塔の四隅に飛鳥の猿石と似たような石造物が
置かれているとそうだ。
「大和名勝志」という江戸時代の書物には、字イケダから掘り出された猿石は5体あっ
たことが記されている。その1体を土佐の大円寺に移されたとのことだ。現在、高取町
の光永寺の庭には、人頭石(顔石)が置かれている。これがもう一体の猿石のようだ。
IMG_2201.JPGIMG_2202.JPG
欽明天皇陵・・・欽明天皇(きんめいてんのう)第29代天皇
欽明天皇(きんめいてんのう、継体天皇3年(509年?) - 欽明天皇32年4月15日(571年
5月24日?))は、第29代天皇(在位:宣化天皇4年12月5日(539年12月30日?) - 欽明
天皇32年(571年?)4月15日)。和風諡号は天国排開広庭天皇(あめくにおしはらきひろ
にわのすめらみこと)。別名、志帰嶋天皇・斯帰斯麻天皇(いずれも「しきしまのすめらみ
こと」と呼ぶ)。この代に、百済より仏教が公伝し、任那が滅亡した。
継体天皇と手白香皇女との間の息子である。父親の継体天皇は第15代応神天皇から
分かれた傍系の出自であった。このため、先々代仁賢天皇の手白香皇女を皇后に迎え
入れ、権力基盤が確保された経緯があった。従って、継体天皇は即位までの妃との間
に他に沢山の子がいたが、嫡子は直系の手白香皇女との間の皇子であるこの広庭とさ
れた。宣化天皇の妃が身罷った時に、先代安閑天皇の皇后であった春日山田皇女を中
継ぎとして推薦したがこれは辞退され、まだ若い広庭が539年(宣化天皇4年12月5日)
に即位し欽明天皇となった。欽明は傍系が解消され現皇統へと続く祖となった。
天皇が皇女を皇后とするという流れは、欽明が即位するまでに天皇に立った庶兄の宣化
天皇、安閑天皇でも、それぞれ継体に続いて手白香皇女の姉妹を皇后に迎え入れ、さら
に欽明自身も石姫皇女を皇后に迎えており、維持されている。仁徳天皇を唯一の例外と
するこの流れは、聖武天皇妃の光明皇后冊立まで続いた。
大伴金村と物部尾輿を大連とし、蘇我稲目宿禰を大臣としたが、直後の540年(欽明天皇
元年)大伴金村は失脚する。これにより物部氏と蘇我氏の二極体制ができあがるが、特に
蘇我氏とは541年(欽明天皇2年)に稲目の娘である堅塩媛や小姉君を妃とし、敏達天皇
崩御後、彼女らの間に儲けた橘豊日皇子以降3人の弟・妹が、母親がれっきとした皇族で
ある、甥の押坂彦人大兄皇子を差し置いて約40年大王(天皇)位につき、蘇我氏の全盛
期が築かれる(ただ、当時は親子よりも兄弟の継承が一般的であった)。
IMG_2196.JPG
鬼の俎・鬼の雪隠へ向かう
彼岸花が綺麗
IMG_2204.JPGIMG_2207.JPGIMG_2208.JPG
鬼の俎(おにのまないた)と鬼の雪隠(おにのせっちん)
畑の中を通る遊歩道の脇の高台には「鬼の俎」が、遊歩道を挟んだ高台の麓に「鬼の雪隠」
がある。両者は直線距離にして数十メートル離れているが、元は1つの古墳の石室だったも
のが、盛土が無くなったうえ、二つに分かれてしまったものである。元々は繰り抜かれた横口
式石槨の石室(鬼の雪隠)とその底石(鬼の俎)であった。
鬼の雪隠
IMG_2210.JPG

  風の森公園~
IMG_2212.JPGIMG_2213.JPG

鬼の俎
IMG_2214.JPG

亀石へ向かう
IMG_2218.JPGIMG_2219.JPGIMG_2221.JPG
亀石
亀石(かめいし)とは、奈良県明日香村川原にある亀の形をした遺構。長さ3.6メートル、幅
2.1メートル、高さ1.8メートルの巨大な花崗岩に亀に似た彫刻が彫られていることからこの
名前で呼ばれている。ユーモラスな顔つきから明日香村観光のシンボルともなっている。
伝説
言い伝えによれば、奈良盆地一帯が湖であった頃、対岸の当麻(たいま)のヘビと川原のナ
マズの争いの結果、当麻に水を吸い取られ、川原あたりは干上がってしまい、湖の亀はみん
な死んでしまった。亀を哀れに思った村人たちは、「亀石」を造って亀の供養をしたという。
亀石は、以前は北を向き、次に東を向いたと言う。そして、今は南西を向いているが、西に向
き、当麻のほうを睨みつけると、奈良盆地は一円泥の海と化す、と伝えられている。
IMG_2222.JPG
※天武・持統天皇陵
野口王墓(のぐちのおうのはか)は、奈良県高市郡明日香村にある古墳。形状は八角墳。古
墳時代終末期の古墳である。宮内庁により「檜隈大内陵(ひのくまのおおうちのみささぎ)」と
して第40代天武天皇・第41代持統天皇の陵に治定されている。『日本書紀』には「大内陵」と
記される。天武天皇の死後、687年(持統元年)10月壬子条に「始めて大内陵を築く」との記
事がある。688年(持統2年)11月には誅が終わり、天武天皇が埋葬されている。702年(大宝
2年)に崩御した持統が703年(大宝3年)12月癸酉に飛鳥岡にて火葬され、同月壬午に「大
内山陵に合葬」された。延喜式諸陵寮には「檜隈大内陵(飛鳥浄御原宮にあめのしたしろしめ
しし天武天皇。大和国高市郡に在り。兆域東西五町、南北四町、陵戸五姻)・同大内陵(藤原
宮にあめのしたしろしめしし持統天皇。檜隈大内陵に合葬す。

国営飛鳥歴史公園館へ向かう
IMG_2226.JPG
国営飛鳥歴史公園館
国営飛鳥歴史公園4地区の施設や催し物の案内をはじめ、飛鳥地方の史跡や歴史を立体
模型や映像を用いて紹介しています。 誰にでも分かりやすい「飛鳥歴史アニメ」、タッチパネ
ルコンピュータで見る「飛鳥百景」など、飛鳥探訪の出発点となる施設です。
IMG_2227.JPG

高松塚壁画館へ向かう
IMG_2229.JPGIMG_2230.JPG
高松塚壁画館
館内には、壁画の検出当時の現状模写、一部復元模写、再現模造模写、墳丘の築造状態、
棺を納めていた石槨の原寸模型、副葬されていた太刀飾金具、木棺金具、海獣葡萄鏡など
のレプリカを展示し、高松塚古墳の全貌をわかりやすく再現。
此処までは
9月25日「いにしえの古代ロマン・キトラの4神を訪ねて」-1 として
            下記のセカンドブログへ詳細を投稿済です。
         http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2016-09-26
此処では、其の続きを
9月25日「いにしえの古代ロマン・キトラの4神を訪ねて」-2 として、詳細を掲載します。
続きは、高松塚古墳~
IMG_2231.JPG
高松塚古墳
高松塚古墳(たかまつづかこふん)は、奈良県高市郡明日香村(国営飛鳥歴史公園内)に
存在する古墳。藤原京期(694年~710年)に築造された終末期古墳で、直径23m(下段)
及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳である。1972年に極彩色の壁画が発見された
ことで一躍注目されるようになった。2009年に本来の形状に復元され、一般に公開されて
いる。壁画は石室の東壁・西壁・北壁(奥壁)・天井の4面に存在し、切石の上に厚さ数ミリ
の漆喰を塗った上に描かれている。壁画の題材は人物像、日月、四方四神および星辰
(星座)である。東壁には手前から男子群像、四神のうちの青龍とその上の日(太陽)、女
子群像が描かれ、西壁にはこれと対称的に、手前から男子群像、四神のうちの白虎とそ
の上の月、女子群像が描かれている。男子・女子の群像はいずれも4人一組で、計16人
の人物が描かれている。中でも西壁の女子群像は(壁画発見当初は)色彩鮮やかで、歴
史の教科書をはじめさまざまな場所でカラー写真が紹介され、「飛鳥美人」のニックネー
ムで親しまれている。人物群像の持ち物が『貞観儀式』にみられる元日朝賀の儀式に列
する舎人ら官人の持ち物と一致する。この元日朝賀の儀式には日月・四神の幡も立てら
れる。奥の北壁には四神のうちの玄武が描かれ、天井には星辰が描かれている。南壁に
は四神のうち南方に位置する朱雀が描かれていた可能性が高いが、鎌倉時代の盗掘時
に失われたものと思われる。天井画は、円形の金箔で星を表し、星と星の間を朱の線で
つないで星座を表したものである。中央には北極五星と四鋪四星(しほしせい)からなる紫
微垣、その周囲には二十八宿を表す。これらは古代中国の思想に基づくもので、中央の
紫微垣は天帝の居所を意味している。
IMG_2232.JPGIMG_2233.JPGIMG_2234.JPG

文武天皇陵へ向かう
IMG_2236.JPGIMG_2237.JPGIMG_2238.JPG
文武天皇陵
文武天皇(もんむてんのう、天武天皇12年(683年) - 慶雲4年6月15日(707年7月18日))
は、日本の第42代天皇(在位:文武天皇元年8月1日(697年8月22日) - 慶雲4年6月15日
(707年7月18日))。草壁皇子(天武天皇第二皇子、母は持統天皇)の長男。母は阿陪皇
女(天智天皇皇女、持統天皇の異母妹、のちの元明天皇)。父草壁は皇太子のまま亡くな
り即位していないため、本来であれば「皇子」ではなく「王」の呼称が用いられるはずだが、
祖母である持統天皇の後見もあってか、立太子以前から皇子の扱いを受けていたと考え
られる。父・草壁が持統天皇3年4月13日(689年5月7日)に亡くなり、同10年7月10日(69
6年8月13日)には伯父にあたる高市皇子も薨じたため、同11年2月16日(697年3月13日)
立太子。文武天皇元年8月1日(697年8月22日)、祖母・持統から譲位されて天皇の位に即
き、同月17日(9月7日)即位の詔を宣した。当時15歳という先例のない若さだったため、持
統が初めて太上天皇を称し後見役についた。
IMG_2239.JPGIMG_2240.JPG
キトラ古墳周地区へ向かう
2016年9月24日開園・国営飛鳥公園の5番目の地区
IMG_2241.JPGIMG_2242.JPGIMG_2243.JPGIMG_2244.JPG

キトラ古墳周辺地区
IMG_2245.JPGIMG_2246.JPGIMG_2247.JPGIMG_2248.JPGIMG_2249.JPGIMG_2250.JPGIMG_2251.JPG

  古代米(緑米)
古代米には主に3つの種類があり「赤米」「黒米」「緑米」に分かれています。
3つの古代米にはそれぞれ特徴や栄養素に違いがあります。
「赤米」とはお米が玄米の時にお米の玄米色が”赤色”のものをいいます。
ネパールでは薬用食として大切にされています。赤米は邪馬台国や大和朝廷への献上
米として栽培されてきたと文献にも残っています。 明治時代までは全国で栽培されてき
ましたが、明治時代に「赤米は雑草だ!」と政府が言ったらしく栽培量は激減しました。
栄養素は、タンニン(カテキン)やポリフェノール。 タンニンとはお茶などに含まれる渋み
成分。ポリフェノールはワインやぶどうなどに含まれる目に優しい栄養素。 赤米も精米
してしまうと普通の白いお米になってしまいますので、これらの栄養素もなくなります。
「黒米」とは稲の原種で白米と比べて優れた栄養素が沢山入っています。
たんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ナイアシン、リジン、トリプトファンなどが
豊富に含まれ、鉄分や亜鉛、リン、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル類も豊富に
含まれます。黒米は米の色が黒色で果皮・種皮の部分に青紫色の天然色素、ポリフェ
ノールの一種であるアントシアニンを含んでおり、古くからお祝いの米として珍重されて
きたといわれています。黒米には豊富な栄養だけでなく、目に良い働きが多いのが特徴
でもあります。黒米は白米と一緒に炊くことで綺麗な紫色になります。
栄養価がとても高い古代米「黒米」「赤米」でしたが、「緑米」にはどのような栄養が含ま
れているのでしょうか?幻の米「緑米」の栄養素とは!?
「緑米」とはアジア系の国で食べられているお米で、現代にも存在します。ただ、日本で
は生産が少ない事から幻の米と呼ばれています。緑米は育てることがとても難しい種類
になります。どれくらい難しいかというと緑米と精白米を同じ量を植えたとします。すると
実際収穫できるのは、緑米は精白米の半分しか取れないと言われています。それくらい
特に育てるのが難しいことや収穫量から味はいいのですが幻とも言われています。緑米
のクロロフィルは中性脂肪に関係してくるコレステロール値を抑制してくれます。それ以
外にもマグネシウムや亜鉛が栄養素として含まれています。そこから考えられるのは2つ
を総合して血液を綺麗にしてくれるのにとても効果的なお米と言えます。
IMG_2254.JPGIMG_2255.JPGIMG_2256.JPG

キトラ古墳壁画体験館 四神の館
IMG_2261.JPGIMG_2265.JPGIMG_2266.JPGIMG_2269.JPGIMG_2270.JPG

外へ出て階段を上がるとキトラ古墳へ
IMG_2271.JPGIMG_2272.JPG
キトラ古墳
キトラ古墳は、高松塚古墳に続き日本で2番目に発見された大陸風の壁画古墳です。石室
の天井には本格的天文図が、壁には四つの方位を守る神とされる四神や十二支の美しい
絵が描かれています。飛鳥歴史公園内キトラ古墳周辺地区の南に位置しています。 名前
の由来は、中を覗くと亀と虎の壁画が見えたため「亀虎古墳」と呼ばれたという説、古墳の
南側の地名「小字北浦」がなまって「キトラ」になったという説、またキトラ古墳が明日香村阿
部山集落の北西方向にあるため四神のうち北をつかさどる亀(玄武)と西をつかさどる虎(白
虎)から「亀虎」と呼ばれていたという説など、いろいろな説があります。キトラ古墳は7世紀末
〜8世紀初め頃に造られたと推測されています。古墳時代と呼ばれる時代の終わり頃です。
壁画は、石室内部に塗った漆喰の上に繊細な筆づかいで描かれたものです。本格的な天文
図や、四神像の全て、動物の頭と人間の体をもった十二支像などが確認されている、学術上、
価値の高い文化財です。天井に描かれた天文図は、現存する世界最古の科学的な天文図
です。天の赤道や太陽の通り道である黄道が描かれ、大きな呪術的力を持つとされた北斗
七星をはじめとする中国式の星座が配置されています。太陽と月も描かれています。
高松塚古墳壁画発見の直後、付近の住民から「近くに似たような古墳がある」と知らされ、
これがキトラ古墳の発掘調査に繋がる糸口となりました。1983(昭和58)年にファイバース
コープによる探査が行われ、石槨の奥壁に玄武と思われる壁画を発見。15年後の1998(
平成10)年、上下左右に向きを変えるCCDカメラで探査し、青龍、白虎、天文図を発見しま
した。そして2001(平成13)年の調査ではデジタルカメラを用いて、南壁の朱雀を確認し、獣
頭人身十二支像の存在も確認しました。
IMG_2275.JPG

反対側の展望台
IMG_2276.JPGIMG_2277.JPGIMG_2278.JPGIMG_2279.JPG
此の続きは
9月25日「いにしえの古代ロマン・キトラの4神を訪ねて」-3 として
             下記のセカンドブログへ詳細を投稿しました。
         http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2016-09-29
続きは、高取地区~
キトラ古墳を振り返って高取地区へ向かう
IMG_2283.JPGIMG_2284.JPG
子嶋寺~案山子祭り(10月1日~)
子嶋寺
子嶋寺の歴史は天平宝字4年(760)に孝謙天皇の勅願により、報恩法師が建立したこと
に始まります。あるいは桓武天皇が子嶋山寺を建立したという記録も残されており、諸説
紛々としています。さらに永観元年(983)に、興福寺から来寺した真興が観覚寺を建て、
真言宗小嶋流を起こして隆盛を極めたと伝えられます。そこから時代は下り、戦国時代の
兵火に見舞われ、子嶋寺は衰退の一途を辿ることになります。天正年間(1573~1592
)に入り、高取城主の本多氏が寺を再興し千寿院と名付けます。さらに明治以降には表門
の再建が行われ、寺の名前も子嶋寺と改められて今日に至ります。高取城主の本多氏や
植村氏の厚い庇護を受けたことが、今の子嶋寺へと繋がる布石になったようです。子嶋寺
には弘法大師を通じて嵯峨天皇に献上された国宝が伝わります。胎蔵界と金剛界の二つ
の世界が、金泥・銀泥を使って荘厳に描かれた紺綾地金銀泥絵両界曼荼羅図(こんあやじ
きんぎんでいえりょうかいまんだらず)。その由来は2,800年前のインドにまで遡り、中国
を経て弘法大師の手に渡ります。嵯峨天皇に献上された後は、200年近くも宮中の本尊と
されていました。一条天皇の御代になり、天皇の病気平癒を祈願した真興(しんごう)に褒
美として与えられ、子嶋寺の宝物として伝わります。
現在の子嶋寺の山門は、高取城の二の門が移築されたものです。日本三大山城の一つに
数えられる高取城。美濃岩村城、備中松山城と共に我が国の三大山城に名を連ねる大和
高取城の遺構を、ここ子嶋寺の山門に見ることができます。現存する高取城の唯一の遺構
と言われる。
IMG_2285.JPGIMG_2286.JPG

各所に案山子が・・・
IMG_2288.JPGIMG_2289.JPGIMG_2290.JPGIMG_2292.JPG

壺阪山駅
IMG_2291.JPG

五位堂駅
IMG_2296.JPGIMG_2295.JPG
おまけ
急いで家へ帰り相撲を・・・
IMG_2298.JPGIMG_2300.JPGIMG_2301.JPGIMG_2304.JPGIMG_2307.JPGIMG_2314.JPG

9月21日の「桜井旧魚市場跡~飛鳥資料館」を行く-2

9月23日        9月21日の「桜井旧魚市場跡~飛鳥資料館」を行く-2  
                9月度歴史探訪の会例会  歩程約7km  
コース   近鉄大阪線 桜井駅南口  10時集合  参加費1000円
桜井駅(集合)~磐余道~桜井旧魚市場跡~若桜神社~土舞台~安倍山城跡~
安倍文殊院(昼食休憩)~史跡安倍寺跡~山田寺跡~飛鳥資料館(解散15時頃)
~バスで橿原神宮駅へ ・・・ 参加者は19人でした
9月20日の台風の影響で志都美駅からの電車が1時間遅れ、止む無く国道へ出て
タクシーを探しながら歩いて近鉄下田駅迄25分間歩き続けて、何とか9時30の榛原
行区間準急に乗れ、桜井駅の集合時間にぎりぎり間に合った・・・
此の日の私は、22595歩で約15.5km歩いた事に、下田駅迄の早歩きがこたえた?
志都美駅
和歌山線の電車が1時間遅れ、高田駅~奈良行は時間通り
タクシーで高田駅へ行こう?と国道へ出るがタクシーは無く
近鉄下田駅迄歩いて近鉄で行くことに・・・
IMG_2077.JPG

桜井駅集合&スタート
IMG_2080.JPGIMG_2082.JPG
磐余の道
桜井町道路元標
IMG_2085.JPGIMG_2087.JPG
桜井旧魚市場跡
市場跡に碑が建立されている。有名な「日本橋の魚河岸」開設に当たり、桜井の人、
大和屋助五郎が大いに貢献したということです。(東京史稿から)
旧桜井町の本町通りと立小路町とのT字路あたりは魚市場のあったところで、かつ
ては藤堂藩の宿場として栄え、市場としては古いものの一つである。吉野から多武
峰をへてかついできた熊野鯖は名物のひとつであった。
IMG_2092.JPG
※日本橋の魚河岸
「魚河岸」は日本橋と江戸橋の間、日本橋川の北岸に沿って、本船町から本小田原
町一帯(現在の日本橋本町1丁目、日本橋室町1丁目)にあった魚市場。17世紀の
初めに開設され、1935年に築地市場への移転が完了するまで300年以上にわたっ
て、江戸と東京の人びとの食生活を支えつづけた。
市場への集荷は江戸の近海をはじめ、房州・上総・下総(千葉県)、相州(神奈川県)、
遠州・豆州(静岡県)などの海の魚や淡水の魚が集められ、江戸の住人-武士と町
人たちの腹中におさまった。
最初に魚市場を開いたのは、江戸幕府を開いた徳川家康に従って大坂から江戸に
移住した森孫右衛門一族とその配下の漁民たちだった。彼らは幕府や大名に鯛など
の御用魚を優先的に納めるかわりに、残余の魚介類の市中商いの許可を得たと言
われている。また森一族の後から魚河岸で開業した大和屋助五郎は、駿州(静岡県)
の漁民に仕入金を貸し付け、海中に簀囲いをした活鯛場を設置させて、幕府や大名
家の活鯛御用を大量受注し、有力魚商となった。
「江戸の食の四天王」と
いわれている食べ物をご存知ですか? 「うなぎ、すし、てんぷら、そば」です。
若桜神社へ向かう
若桜神社には桜井の地名の由来の井戸がある
IMG_2093.JPG
若桜神社
式内社 大和國城上郡 若櫻神社、旧村社。 御祭神は伊波我加利命。境内 式内社
大和國城上郡 高屋安倍神社三座 並名神大 月次新嘗境内摂社高屋安倍神社屋主
彦太思心命 大彦命 産屋主思命、あるいは、安倍氏祖神 『神祇志料』あるいは、建
沼別命 高橋丸兄姫 大和国陳迹名鑑図』あるいは、孝元天皇皇子大彦命後裔 倉橋
麻呂 一名内麻呂号高屋明神 『土御門家譜』
桜井駅の南、谷の丘の上にある。拝殿の瓦には菊水の紋があるが、本殿には櫻紋。
瑞垣内に2つの祠。西(手前)は摂社高屋安倍神社だと思う。白山権現とも称された
神社で、式内社・若櫻神社に比定されている古社。履中天皇が皇妃と磐余市磯池で
遊ばれていた時、時ならぬ櫻の花が杯に散り、物部長眞膽連に花を探させた。物部
長眞膽連は、ひとり掖上の室山で、櫻を見つけ、献上した。これにより、宮号を磐余
稚櫻宮とあらため、稚櫻部造と稚櫻部臣が置かれた。祭神・伊波我加利命は、伊波
我牟都加利命の後裔で、若櫻部朝臣阿部朝臣等の祖であるされている。本殿内には、
大正まで当社東の小祠に祀られていた。神武天皇を祀る多神社が合祀されている。
本殿の隣にある摂社・高屋安倍神社は式内社・高屋安倍神社に比定されている。元
は、南方400mの松本山東方の字狐山にあったが流出し、当社境内に祀られるよう
になったという。
IMG_2096.JPGIMG_2099.JPG

   桜井の地名の由来の井戸
IMG_2104.JPGIMG_2102.JPG
安倍山城跡
暦応4年(1341)に、南朝方の西阿が篭る戒重城を攻めるため、北朝方の細川顕氏
が陣を構えたという。のち、永禄8年(1565)に、松永久秀が布陣したという小規模な
曲輪跡が残る。この南側は、小字名土舞台から、聖徳太子が少年を集め、伎楽を伝
習させた舞台跡とみなし、顕彰碑を建て、桜井公園として整備されている。
IMG_2106.JPG
土舞台
推古天皇の御代摂生をされていた聖徳太子がはじめて国立の演劇研究所と国立の
劇場を設けられたところで、我が国の芸能発祥の地である。推古天皇20年(612)
に帰化人百済の味摩之(みまし)により伝えられた呉の伎楽儛を桜井村で、児童に
伝習したと日本書紀にしるされている。伎楽(ぎがく)とは呉のうたまいともいわれ、
中国の呉から伝わったものとされているが、滑稽な仕草で舞う無言の仮面劇は、奈
良時代にかけて寺院の法会などで盛んに行われたとされている。
IMG_2109.JPGIMG_2112.JPGIMG_2114.JPG

安倍文殊院へ向かう
IMG_2117.JPG
安倍文殊院(昼食休憩)
大化の改新(645年)に創建された日本最古に属する寺院。華厳宗東大寺の別格本山
としてその格式も高く、御本尊は「三人寄れば文殊の智恵」の格言で有名な文殊菩薩
で、日本最大(7m)・快慶作の国宝である。
孝徳天皇の勅願によって大化改新の時に、左大臣となった安倍倉梯麻呂(あべのくら
はしまろ)が安倍一族の氏寺として建立したのが「安倍山崇敬寺文殊院」(安倍寺)で
ある。しかし一般的には古来より、日本三文殊の第一霊場(京都府・天橋立切戸の文
殊、山形県・奥州亀岡の文殊)「大和安倍の文殊さん」として名高い。
大化元年(西紀645)倉梯麻呂が創建した安倍寺(崇敬寺)は、現在の寺の南西300m
の地に法隆寺式伽藍配置による大寺院として栄えていた。(東大寺要録末寺章)(現在
「安倍寺」跡は国指定の史跡公園として保存されている。)鎌倉時代現地に移転後も、
大和十五大寺の一つとして栄え嘉吉元年(1441)この興福寺官務牒疏には当時なお二
十八坊の存在が記されており、寺運はなかなか隆盛であったが、永禄六年(1563)二
月松永弾正の為に兵火に会い一山ほとんど鳥有に帰する災を受け、その後寛文五年
(1665)四月に到って本堂(文殊堂)と礼堂を再建されたのである。現在の本堂は即ち
これで、人母屋造本瓦茸七間四面の建物で前に礼堂(能楽舞台)を従えている。 本堂
の右に釈迦堂、左に大師堂、本坊、庫裡が並ぴ庭園を隔てて方丈客殿につらなってい
る。創建以来すでに千三百余年の星霜を経ているが常に一般道俗の信仰をあつめ、由
緒も深く寺勢も盛んであった事ば寺伝の由来記に載せるところであり、日本最大の文殊
菩薩(国宝)を本尊とする安倍文殊こそ俚謡そのままのある五台山として、仏徒の巡拝す
べき道場である。
IMG_2119.JPGIMG_2120.JPG

    晴明神社
IMG_2124.JPGIMG_2125.JPG
此処までは
9月21日の「桜井旧魚市場跡~飛鳥資料館」を行く-1 として
               下記のセカンドブログへ詳細を投稿済です。
            http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2016-09-23
此処では、其の続きの・晴明神社~の詳細を掲載します。
安倍文殊院・晴明神社~
IMG_2127.JPGIMG_2128.JPGIMG_2130.JPGIMG_2131.JPGIMG_2132.JPGIMG_2133.JPGIMG_2134.JPGIMG_2135.JPGIMG_2136.JPGIMG_2138.JPGIMG_2139.JPGIMG_2140.JPGIMG_2141.JPGIMG_2142.JPG
安倍文殊院をあとに
安倍寺跡へ向かう
IMG_2148.JPGIMG_2149.JPGIMG_2150.JPG
史跡安倍寺跡
大化元年(西紀645)倉梯麻呂が創建した安倍寺(崇敬寺)は、阿倍文殊院の南西300m
の地に法隆寺式伽藍配置による大寺院として栄えていた。(東大寺要録末寺章)(現在
「安倍寺」跡は国指定の史跡公園として保存されている。)
IMG_2151.JPGIMG_2153.JPGIMG_2154.JPG

    安倍寺の瓦を焼いた窯跡
IMG_2155.JPG
    
山田寺跡へ向かう
IMG_2156.JPGIMG_2157.JPGIMG_2159.JPGIMG_2160.JPG
山田寺跡
山田寺(やまだでら)は、奈良県桜井市山田にあった古代寺院。法号を浄土寺または華
厳寺と称する。蘇我倉山田石川麻呂の発願により7世紀半ばに建て始められ、石川麻
呂の自害(649年)の後に完成した。中世以降は衰微して、明治時代初期の廃仏毀釈の
際に廃寺となった。その後、明治25年(1892年)に小寺院として再興されている。
1921年(大正10年)3月3日史跡に指定され、1952年(昭和27年)3月29日「山田寺跡」
として国の特別史跡に指定され、1982年(昭和57年)12月4日に追加指定されている。
IMG_2163.JPGIMG_2165.JPGIMG_2166.JPGIMG_2167.JPGIMG_2169.JPGIMG_2170.JPGIMG_2172.JPG

    真面目に説明を聞いてる?
IMG_2175.JPG
※開基・蘇我倉山田石川麻呂
山田寺の開基である蘇我倉山田石川麻呂(? - 649年)は蘇我氏の一族に属し、蘇我
馬子は祖父、蘇我蝦夷は伯父、蘇我入鹿は従兄弟にあたる。石川麻呂は蘇我氏の一
族でありながら蝦夷、入鹿らの蘇我氏本宗家とは敵対しており、中大兄皇子(葛城皇
子、後の天智天皇)、中臣鎌足らの反蘇我勢力と共謀して、皇極天皇4年(645年)に起
きた乙巳の変(蘇我入鹿暗殺事件)に加担した。乙巳の変後に発足した新政権では、
石川麻呂は右大臣に任ぜられた。
『日本書紀』によれば、乙巳の変の4年後の大化5年(649年)、石川麻呂の異母弟・蘇
我日向は、石川麻呂に謀反の志があると中大兄皇子に密告した。そして、石川麻呂の
もとへは孝徳天皇の軍勢が差し向けられた。石川麻呂は抗戦せず、一族とともに山田
寺仏殿前で自害した。石川麻呂は無実であり冤罪であったとされるが、事件の真相に
ついては諸説ある。
飛鳥資料館へ向かう
IMG_2176.JPGIMG_2177.JPGIMG_2178.JPG
飛鳥資料館(解散 15時頃)
飛鳥資料館は、日本人の心のふるさと「飛鳥」の歴史と文化を紹介する資料館です。飛鳥
の文化財を調査・研究する奈良文化財研究所の展示施設で、昭和50(1975)年に開設さ
れました。飛鳥は古代国家誕生の地として広く知られています。592年に推古天皇が豊浦
宮に即位してから、694年に藤原京に遷都するまでの約100年間、飛鳥に天皇の宮殿が継
続的に営まれ、政治文化の中心地として栄えました。壮麗な宮殿や異国情緒豊かな寺院、
時を告げる水時計(漏刻)、猿石や亀石などの不思議な石造物、石組みの苑池と噴水施設、
壁画古墳など...これらは東アジアの緊迫した国際情勢下で、人々や文物の交流によって飛
鳥にもたらされました。飛鳥を訪れると、なぜか懐かしい記憶がよみがえるのは、1400年
近く前に、納税などで初めて飛鳥を訪れた祖先たちの驚きや感動が、私たちのDNAに深く
刻み込まれているからかもしれません。飛鳥の田園風景の地下には、「日本書紀」に記され
た世界が、時を止めたまま埋もれています。発掘された遺構や遺物は、埋もれていた時の
長さを訴えるかのように、雄弁に歴史を語り始めます。
IMG_2180.JPG

    庭に亀石のレプリカが・・・
IMG_2182.JPG
飛鳥資料館から雨になり
雨の中、バスで橿原神宮前駅へむかう

9月18日の今は懐かしい「大阪の渡船巡り」-2

9月20日         9月18日の今は懐かしい「大阪の渡船巡り」-2
                 JRふれあいハイキング桜島駅~大正駅
此の日は、台風16号と前線の影響でとても不安定な天気予報?気象警報は出て
無かったので、取りあえず準備して受付・集合場所の桜島駅へ向かいました・・・・
事前に予約して有るハイキングだったので雨にも負けず?? 参加費500円
コース  JRふれあいハイキング 大坂府レクレーション協会主催 歩程約9km
桜島駅(スタート)~天保山渡し~天保山~甚兵衛渡し~千島公園(昼食)~落合
下渡し~落合上渡し~三軒家公園(近代紡績工業発祥の地)(解散)~大正駅
JR桜島駅に着いて、未だ雨は降っていない?受付を済ませてスタート直前から雨
になり、天保山の渡しから天保山公園、天保山公園から甚兵衛渡船へ歩く途中迄、
雨笠を離せず、千島公園での昼食タイムには雨はすっかり上がり晴れ間も・・・
大坂府レクレーション協会の皆さん、懇切丁寧なガイド、有難う御座いました。
志都美駅
葛城山~二上山が雨雲で何も見えない
IMG_1972.JPG

天王寺j駅で桜島行の電車に乗る
IMG_1973.JPG

桜島駅で受付を済ませて出発、此処から雨になる
IMG_1974.JPG
天保山渡船場、何度か乗船した事が有る
雨が少し小降りに?傘を閉じた人も、大型の渡し船で全員乗船・・・
※大阪市の公営渡船
大阪市南西部は河川や運河などの水路が縦横に走っており、また河川舟運が盛ん
で架橋が困難だったため、古くから市による公営渡船が多数運航されてきた。各河
川・港湾への架橋進展に伴いその多くが廃止されたが、現在でも8航路が、主に大
阪市建設局西部方面管理事務所により運航されている(木津川渡のみ市港湾局)。
港区~此花区の天保山渡しが1つ、残り7つは全て大正区関連の渡しである。
今回の渡船巡りは・天保山・甚兵衛・落合下・落合上の4ヶ所を巡る。他の野コリの
4ケ所は、大正内港の・千歳、木津川の・千本松・木津川、木津川運河の・船町。
安治川 の天保山渡し
港区築港3丁目25〜此花区桜島3丁目10−34。日中30分毎。上空に阪神高速湾岸
線の天保山大橋がかかるものの、自動車専用橋のため役目が異なる。船は桜、海
桜が就航している。大阪の有名観光スポット天保山と、USJのある対岸を結んでい
るため、観光客や、USJの外国人スタッフの乗船も目立つ。
IMG_1976.JPGIMG_1982.JPGIMG_1983.JPG
天保山について
又雨が降り出した中で、大阪一低山・天保山等・・・
天保山
標高4.53mの築山。国土地理院発行の地形図に山名と共に掲載されており、山頂に
二等三角点がある。大阪市ホームページ内では日本一低い山と記載があり、天保山
山岳会でも日本一低い山としている。しかし、2014年4月9日の国土地理院の調査で、
日和山(宮城県仙台市)が標高3mの山に認定されたことにより、日本で2番目に低い
山となった。
IMG_1985.JPGIMG_1987.JPGIMG_1992.JPGIMG_1994.JPG
ポケモンGOで賑わう天保山公園、入口でも展望所でも子供から大人、
年配の方々も含め大勢が、此の人達の格好を見てキョンシーを思い出した・・・
IMG_1995.JPG
江戸時代の天保山?
天保山を出発、甚兵衛渡船場へむかう、途中で雨もあがる
IMG_1996.JPGIMG_1997.JPGIMG_2001.JPGIMG_2002.JPGIMG_2003.JPG
尻無し川の甚兵衛渡船場、此処も何度か
乗船した事が有る、又少し雨が降ったり止んだり・・・
尻無川 甚兵衛渡し
大正区泉尾7丁目〜港区福崎1丁目。
周辺に高等学校があるため、通学での利用が多い。以前は尻無川上流側に中渡船
があったが国道43号線に沿って自転車も通れる歩道橋があるため廃止された。
日中15分毎。船はすずかぜ、きよかぜが就航している。甚兵衛渡船場では船の係留
が行われており、天保山渡船場など2隻在籍するうちの1隻が係留されている。甚兵
衛渡船場は小型船で運航されており、天保山所属の桜・海桜では運航されない。
IMG_2004.JPGIMG_2007.JPGIMG_2014.JPG

甚兵衛渡船場で渡り終えて・・・
IMG_2018.JPG
此処までは
9月18日の今は懐かしい「大阪の渡船巡り」-1 として
          下記のセカンドブログへ詳細を投稿済です。
       http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2016-09-20
続きは
千島公園へ向かう
IMG_2021.JPG
千島公園、晴れ間が出て昭和山山頂で昼食タイム
此処には大阪万博の地下鉄工事で出た土を盛った?昭和山がある・・・
昭和山(しょうわざん)
大阪市大正区千島にある人工の山。標高33メートル。山の周囲は千島公園(ちしま
こうえん)として整備されている。大阪万博を控えて大阪市営地下鉄の路線整備が
急速に進んでいたという建設当時の背景から、地下鉄建設工事で出た残土約170
万立方メートルを使用して山が建設された。1970年11月30日に記念植樹式がおこ
なわれ、式典会場でこの山を「昭和山」と命名することが発表された。昭和山の名称
は、昭和年間に建設された山ということに由来している。
昭和山は建設当時、大阪市では最も標高が高い場所となっていた。その後鶴見緑
地内に鶴見新山が建設されたことで、大阪市内最高峰は鶴見新山に譲り、昭和山
は大阪市で2番目に標高が高い場所となっている。
IMG_2023.JPGIMG_2024.JPGIMG_2025.JPGIMG_2026.JPGIMG_2027.JPGIMG_2028.JPG
昼食後は下の公園で・・・
彼岸花が咲いていた
IMG_2029.JPGIMG_2035.JPGIMG_2037.JPGIMG_2038.JPGIMG_2039.JPG
千島公園をスタート
木津川の落合下渡船場へ、私にとって初めて訪れる渡船場?・・・
IMG_2040.JPGIMG_2041.JPG
木津川 の落合下渡し
大正区平尾1丁目1〜西成区津守2丁目8。日中15分毎。船はさざなみ、みどり丸
が就航している。
IMG_2043.JPGIMG_2045.JPGIMG_2046.JPGIMG_2048.JPGIMG_2049.JPGIMG_2050.JPGIMG_2051.JPGIMG_2052.JPG
次は、落合下渡船場から約500m上流?
落合上渡船場、此処は何度か乗船した事が有る
木津川 の落合上渡し
大正区千島1丁目29〜西成区北津守3丁目12。日中15分毎。船は北斗、福崎丸が
就航している。
IMG_2053.JPGIMG_2054.JPGIMG_2055.JPGIMG_2056.JPGIMG_2057.JPGIMG_2058.JPGIMG_2060.JPGIMG_2061.JPG
三軒家公園、此処で解散
近代紡績工業発祥の地碑が有る
近代紡績工業発祥の地 (大阪紡績会社・現 東洋紡)
明治16年7月に, 東京-大阪の実業財界人渋沢栄一や藤田伝三郎らが出資した大阪
紡績会社(通称三軒家紡績)が, 当地「三軒家村」で創業を始めました。この大阪紡績
会社は大正区の近代工業を飛躍的に発展させ, 大阪の紡績業を日本一に押し上げる
原動力となりました。三軒家村は古くから船着場としてにぎわい, 石炭や原料の綿花の
搬入や製品の運搬に便利なため選ばれたといわれています。創業間もなく夜業を始め
ましたが, 明治19年に発電機を購入し, 初めてあかあかと電灯がともり工場全体が不
夜城のように浮かびあがり, 各地から電灯の見学者が殺到しました。工場はまたたく間
に拡大発展し, 業界に傑出した地歩を確立しました。明治20年代には, 当地を中心に数
多くの紡績, 繊維会社ができ, 日清戦争から日露戦争時代にかけて大阪は「東洋のマン
チェスター」と呼ばれるにふさわしい発展をとげました。その後, 大正3年, 昭和6年に他
社と合併して世界最大の紡績会社に発展しましたが,戦争激化とともに軍需工場に転換
させられ, 昭和20年3月の大空襲で焼失しました。
IMG_2065.JPGIMG_2066.JPGIMG_2064.JPGIMG_2063.JPGIMG_2062.JPG
大正駅~王寺駅へ戻り、バスで自宅近く迄・・・
バス停から自宅へ、高速道路の裏道に彼岸花やノビルの花が・・・
IMG_2069.JPGIMG_2070.JPGIMG_2073.JPG

9月15日の馬見丘陵公園&竹取公園-2

9月19日           9月15日の馬見丘陵公園&竹取公園-2
                    彼岸花&百日紅を・・・
彼岸花を見かける様になり、馬見丘陵公園に咲く彼岸花を探しに行って来ました。
7時半頃に開いている駐車場を目指し?竹取公園の駐車場が開いていたので・・・
曇り空に竹取公園のランドマーク?
P9154594.JPGP9154595.JPG
竹取公園から馬見丘陵公園へ陸橋を渡り
いにしえの丘の前のダダオシ池と古墳を・・・
P9154597.JPG
三吉2号墳(帆立貝型古墳)
彼岸花が咲いていた
P9154599.JPGP9154606.JPG

隣接する巣山古墳と環濠
P9154611.JPG

巣山古墳前丘から巣山古墳を・・・
P9154615.JPGP9154616.JPG
墳観橋(陸橋)を渡りカリヨンの丘へ
倉塚古墳
P9154620.JPGP9154625.JPG

一本松古墳
P9154623.JPGP9154629.JPG
上池の堰堤と下池の堰堤に彼岸花が咲いていた
上池の堰堤の彼岸花
P9154635.JPGP9154637.JPGP9154639.JPG

下池の堰堤の彼岸花
P9154640.JPGP9154648.JPGP9154651.JPG

下池
P9154649.JPG
此処までは、
9月15日の馬見丘陵公園&竹取公園-1 として
           下記のセカンドブログへ詳細を投稿済です。
        http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19-2
此処では、此の続きを
9月15日の馬見丘陵公園&竹取公園-2 として詳細を掲載します。
続きは、
下池周辺の百日紅&ムクゲから
P9154653.JPGP9154657.JPGP9154658.JPGP9154660.JPGP9154661.JPGP9154663.JPGP9154664.JPGP9154665.JPGP9154667.JPGP9154668.JPG

上池周辺
P9154670.JPGP9154672.JPGP9154674.JPGP9154676.JPG

結びの広場の女郎花&彼岸花、紫式部、萩
P9154678.JPGP9154680.JPGP9154682.JPGP9154684.JPGP9154686.JPGP9154687.JPGP9154689.JPGP9154691.JPGP9154692.JPGP9154694.JPGP9154697.JPGP9154698.JPG
此の続きは
9月15日の馬見丘陵公園&竹取公園-3 として
           下記のセカンドブログへ詳細を投稿します。
          http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/
続きは、結びの広場の途中から
彼岸花&女郎花、萩
P9154696.JPGP9154700.JPGP9154702.JPG
ナガレヤマ古墳横の
池の主?大きな食用ガエル・・・
P9154707.JPG

結びの広場
P9154706.JPGP9154709.JPG

ナガレヤマ古墳前&ナガレヤマ古墳に上がる
P9154710.JPGP9154714.JPGP9154719.JPGP9154724.JPGP9154723.JPG

竹取公園の駐車場へ向かう
P9154726.JPGP9154730.JPG
馬見丘陵公園~竹取公園への陸橋
馬見丘陵公園の入口には大きなユリノキが・・・
P9154732.JPG

竹取り公園への陸橋からランドマーク?が
P9154736.JPG

公園入口の奥の方に葛城山~二上山が・・・
P9154740.JPGP9154743.JPG

9月14日の武庫川河川敷緑地から尼崎寺町へ-2

9月16日      9月14日の武庫川河川敷緑地から尼崎寺町へ-2
                JRふれあいハイキング 歩程約12km
今にも雨が降りそうな曇り空?だったが何とか持ち応えた、でも暑い一日だった。
コース  JRふれあいハイキング  大坂・関西歩け歩け協会 参加費500円
甲子園口駅(受付)~甲子園口公園~武庫川河川敷緑地~武庫川橋~元浜緑地
~北堀運河~蓬川公園~尼崎寺町~尼崎城址公園~西大物公園~緑陰小道~
尼崎駅(解散)・・・大坂・関西歩け歩け協会の方々、有難う御座いました。
参加者229人、此の日の私は、25333歩で約17.1km歩いた事に、奈良の王寺駅
に戻ると小雨が降り、ハイキング中は使わなかった折畳み傘を開く事になった・・・
志都美駅へ向かう
IMG_1854.JPG

志都美駅
IMG_1855.JPG
甲子園口駅で降りて公園へ
甲子園口公園で受付・集合・準備運動を・・
IMG_1857.JPGIMG_1858.JPG

武庫川河川敷緑地へ向けてスタート
IMG_1861.JPG
※甲子園球場の最寄駅は阪神・甲子園駅
阪神甲子園球場・・・甲子園球場HPより球場竣工の歴史を引用
阪神電鉄の甲子園開発は、大正11年10月30日兵庫県から武庫川の支流であった枝
川・申川(さるがわ)の廃川敷地を買収し、本線の上手を住宅経営地・下手をスポーツ
センターと遊園地にする構想から始まった。すでに当時、鳴尾にグラウンドがあり、全
国中等学校野球大会を大正6年8月の第3回大会から開催していたが、野球熱が高ま
るにつれ、観客を収容しきれない状態となった。そこで、大きな野球場を希望する声が
高まり、 甲子園開発構想の一環として球場建設の英断を下した。
西宮市の?
武庫川河川敷緑地・・・西宮市HPより引用
武庫川河川敷緑地は、延長9km、開設面積31.3haです。瀬戸内海から山なみを越
えて日本海までつなぐ桜みち『兵庫県ふるさと桜づつみ回廊事業』の瀬戸内海側の起
点と位置付けられてる。また、春にはナノハナ、秋にはコスモスのお花畑。全長8.4km
のジョギングコース・サイクリングロード。スポーツや散策など市民に親しまれている。
IMG_1863.JPG
武庫大橋(むこおおはし)
国道2号上にある武庫川に架かる橋である。日本百名橋に選ばれ、土木学会選奨土木
遺産にも認定された。増田淳の指導のもと、1925年8月から1年4か月をかけて完成し、
かつては路面電車の阪神国道線も併設されていた。橋の中央部にバルコニーがあり、
高欄は北木石でつくられている。1993年には改修が施された。
今日の武庫大橋の下流には中国街道の武庫川渡し、上流には西国街道の髭の渡しが
あったとされる。1885年から1909年の間に、武庫川橋(現・国道43号)が架けられた後、
増大する交通量に対処するため、大阪府と兵庫県が新しい道路建設に着手(1920年)。
その一環として武庫大橋が計画された。武庫大橋が完成した翌年に、道路が竣工(19
27年)した。
IMG_1865.JPGIMG_1866.JPGIMG_1867.JPG

更に河口へ・・・
IMG_1872.JPGIMG_1873.JPG

仙人草?&向日葵&月見草?
IMG_1877.JPGIMG_1882.JPGIMG_1885.JPGIMG_1886.JPG
武庫川橋を渡る
武庫川橋を渡ると尼崎市?
IMG_1888.JPGIMG_1890.JPG
此処までは
9月14日の武庫川河川敷緑地から尼崎寺町へ-1 として
            下記のセカンドブログへ詳細を投稿済です。
         http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2016-09-16
此処では、其の続きの詳細を掲載します。
武庫川橋を渡り
IMG_1892.JPG
尼崎市側の武庫川河川敷き緑地~
尼崎市の武庫川河川敷緑地・・・尼崎市観光協会HPより引用
春は堤防沿いに咲く桜並木が見どころです! 武庫川沿いに約7km続く、市内で一番長い
公園です。ランニングコース、テニスコート(要予約)などがあり気軽に汗を流せます。
IMG_1894.JPG

武庫川駅の下でトイレ休憩
IMG_1896.JPG
武庫川駅(むこがわえき)
阪神電気鉄道の駅。武庫川にかかる橋梁上に有る駅。兵庫県尼崎市と西宮市に跨って
いる。急行・区間急行停車駅で、平日の朝晩を除き快速急行も停車する。
本線
本線は武庫川にかかる橋梁上に相対式ホーム2面2線を有する。分岐器や絶対信号機
を持たないため、停留所に分類される。武庫川線の接続駅であるが、武庫川線への連
絡線は当駅ではなく当駅 - 鳴尾駅間にある武庫川信号場で分岐している。
ホーム有効長は阪神車両6両編成分の長さだったが、2008年にホームが延長され近畿
日本鉄道車両6両編成分の長さになった。同時にLED式の案内表示装置が設置されて
いる。さらに自動放送についても詳細タイプとなった。
武庫川線
武庫川線ホームは西宮市側の地上部にあり、島式ホーム1面2線を有する。西側の線路
は行き止まり、東側の線路は引き上げ線および本線への連絡線に続いている。ただし、
旅客列車は東側の線路しか使用されず、西側の線路には場内・出発信号機とも設置され
ていない。実質的には単式ホーム1面1線である。
駅舎
橋の両端、つまり西宮市側・尼崎市側の双方にある。尼崎市側は武庫川堤防上に本線の
上下線それぞれのホームに接する形で駅舎(改札口)がある。西宮市側は武庫川線ホー
ムに接する形で堤内の地上部分に駅舎がある。武庫川橋梁上の本線ホームと堤内にある
武庫川線ホームの間は連絡通路が設けられている。西宮市側の駅舎内、武庫川線ホー
ム入り口には中間改札があり、本線からの乗り換え客・当駅で改札口から入場した客はも
う一度改札を通過する必要がある。
IMG_1898.JPGIMG_1899.JPGIMG_1900.JPG

河川敷緑地にお別れして
IMG_1901.JPG
元浜緑地公園(昼食休憩)・・・尼崎市HPより引用
東西二つのエリアが連絡橋で結ばれており、東側にはロングスライダーを始め、大型木製
遊具や芝生広場、西側には夏場にちびっこたちの水遊び場として人気の「わんぱく池」など
があります。小さいお子さんのいる家族にとても人気があり、一日中楽しく遊べます。 なお、
駐車場台数に限りがあり、春・秋の行楽シーズンや特に夏場のわんぱく池開園期間など、
混雑時には、長時間お待ちいただくことになりますので、ご来園にあたっては公共交通機
関をご利用下さい。
IMG_1903.JPGIMG_1904.JPG
北堀運河・・・尼崎市HPより引用
北堀運河と中堀運河の合流点に架かる「であい橋」を中心に、約150本のサクラが植えられ、
国道43号以南の隠れたお花見スポットとなっています。阪神尼崎センタープール前駅から南
へ徒歩約15分。 駐車場なし。 トイレ有り。
IMG_1906.JPGIMG_1907.JPGIMG_1908.JPGIMG_1909.JPGIMG_1910.JPGIMG_1911.JPGIMG_1912.JPGIMG_1914.JPGIMG_1915.JPGIMG_1917.JPGIMG_1919.JPGIMG_1921.JPG

蓬川公園へ向かう
IMG_1922.JPG
IMG_1923.JPG
蓮川公園・蓮川緑地・・・尼崎市HPより引用
国道43号線から北へ約1キロの間、蓬川の両岸を約1,000本のサクラのトンネルが続きます。
緑地内には流れや梅林、バラ園もあり、四季を通じて散策を楽しめます。阪神出屋敷駅から
徒歩約5分。駐車場無し。トイレ無し。
IMG_1924.JPGIMG_1925.JPGIMG_1926.JPGIMG_1927.JPG
尼崎寺町
寺町・・・尼崎市HPより引用
寺町は元和3年(1617)に戸田氏鉄が現在の北城内・南城内に尼崎城築城を命ぜられ、それ
にともない城下町形成の一環として寺院ばかりを集めて作った町で、城地に当たるために移
転した本興寺には同年12月付の棟札がのこされています。寺町には城地に当たる寺院のほ
か、中世以来町場にあった寺院、周辺にあった寺院や藩主ゆかりの寺院などが集められ形
成されました。寺町は城下町の北西隅、武家屋敷の北側に当たり、町場から分離して寺院の
力を弱めるとともに、巨大な建物群である寺院を配置して城に対する防備の役割をもたす目
的があったとも考えられています。江戸時代初期(1635年)の城下絵図には20か寺の寺院が
確認できますが、今日に至るまでには藩主の交替に伴う移転や廃寺などがあり、現在は11か
寺が軒を連ねています。街中にありながらも周囲の賑やかさをよそに、江戸時代城下町の雰
囲気を唯一伝える町です。
IMG_1928.JPGIMG_1929.JPGIMG_1930.JPG
此の続きは
9月14日の武庫川河川敷緑地から尼崎寺町へ-3 として
           下記のセカンドブログへ詳細を投稿します。
          http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/
続きは
寺町の途中~
IMG_1931.JPGIMG_1934.JPG
秀吉が逃げ込んだ寺?広徳寺
当寺と隣接の栖賢寺(現在京都市)とを永禄年間(1558~70)再興したのが4代目住職笑嶺
宗訴です。当寺は豊臣秀吉から寺領をもらったといわれています。徳川二代将軍秀忠の朱印
状には寺領30石と記されている由緒ある寺院です。昭和20年6月の空襲により全焼しました
が本堂を再建し、紫衣を許された寺院としての格式を保っています。天正10年(1582)秀吉が、
明智光秀を追討するため、京都山崎へ向う途中、尼崎に着き、付近に禅寺を求めて休憩した
話と、伏兵を避けるため逃げこんだ話とが伝わっています。秀吉と尼崎の関係は絵本大功記
十段目の「尼崎の役」として知られています。本尊は桧材の坐像で、かまくら時代の作とも、当
寺創建ごろの明徳年間(1390~1394)の作ともいわれています。他に秀吉画像、朱印状、寺
領目録などが残されています。(尼崎市教育委員会)
伝説◎太閤の味噌すり鉢
1582年、本能寺の変の時、豊臣秀吉は中国地方から大急ぎで軍勢を引き返します。急ぎすぎ
た秀吉は1人になってしまい、明智勢に襲われます。そのとき秀吉が逃げ込んだのが当時大物
にあった広徳寺。敵に囲まれた秀吉は、急いで髪をそり落とし、僧に化けます。そして寺の僧と
一緒に台所で味噌をすり、負っ手の目を欺いたとされるすり鉢とすりこ木が今も広徳寺に残って
います。(資料:尼崎市)
IMG_1935.JPGIMG_1936.JPG

尼崎城址公園へ向かう
IMG_1942.JPG
尼崎城址公園
尼崎城址・・・尼崎市HPより引用
尼崎城は、元和3年(1617)に5万石の大名として赴任してきた戸田氏鉄によって、現在の北
城内・南城内の約300メートル四方、三重の堀をもち、甲子園球場の約3.4倍に相当する敷
地に築かれました。このように、5万石の大名の城としては大きすぎる城を幕府が作らせたの
は、尼崎城に大坂城をの西を守る役割を期待したためでした。現在の庄下川も西側の外堀
として利用され、沖からみると城全体が海に浮かんでいるように見え、美しく水に写る姿は
「琴浦城」の名称で親しまれていました。城は本丸・二の丸・松の丸・南浜・西三の丸・東三の
丸と渦巻き状に外へと広がり、中心の本丸には本丸御殿や4層の天守閣が建てられていまし
た。明治6(1873)年に廃城が決まった後、城の建物は売却されたり取り壊され、堀も次第に
埋められていったために、今では全くその姿を見ることはできなくなりましたが、発掘調査に
より遺構や遺物が発見されています。
IMG_1943.JPGIMG_1946.JPGIMG_1947.JPG
10kmコースは、此処でお別れ、阪神尼崎駅へ・・・
12kmコースは
西大物公園(トイレ休憩)&スタート
IMG_1949.JPGIMG_1952.JPGIMG_1955.JPG

庄下川沿い
IMG_1958.JPGIMG_1959.JPG

天満神社
IMG_1960.JPG

緑陰小道
IMG_1962.JPGIMG_1965.JPG

尼崎駅(解散)
IMG_1966.JPG
おまけ
王寺駅に戻ると小雨、バスで家の近く迄行き
高速道路の裏道を歩くと紅白の彼岸花が咲いていた・・・
IMG_1967.JPGIMG_1969.JPGIMG_1970.JPG

9月8日の来年1月の初詣&歴史ウオークの下見・生駒谷-2

9月11日      9月8日の来年1月の初詣&歴史ウオークの下見・生駒谷-2
              歴史探訪の会の来年1月に予定のコースを又歩く
歴史探訪の会の来年1月度のハイキングは、お正月と言う事で神社に参拝出来て?
お神酒が頂けて?歴史の匂いが嗅げるところ?とのコンセプトでコースを選んだ・・・
由緒ある神社・・・火の神往馬大社が有る、お神酒が頂ける・・・2つの酒蔵で試飲が
出来る、歴史の匂いが嗅げる・・・行基菩薩&忍性菩薩のお墓が有る竹林寺と行基
の円福寺が有り、行基を火葬した往生院が有る、他にも遣唐使の美努岡萬(みのの
おかまろ)の墓もある、生駒市の観光協会のおすすめ、生駒谷コースを少しアレンジ
して、生駒市観光ボランティアガイドの会にガイドをお願いして8月26日に一度歩いて、
此のコースに決めた、しかし本番は25,6人の参加が予定され、受付や集合場所にも
気を使う必要が有り、受付け集合場所を想定して再度歩いてみる事にした・・・
前回は、生駒観光ボランティアガイドのY邉さんにお世話になり歩いたコースだが、今
回はスタート場所を変え、順番を変えて、菜畑駅で受付・集合・スタートする事を想定し
て、1人で歩いてみた。菜畑駅に受付・集合出来る場所はあるのか?有る確認できた。
今回のコース順は、下記の通り・・・
近鉄生駒線 菜畑駅(受付・集合)~往馬大社~上田酒造~竹林寺古墳・竹林寺・行基
菩薩墓~忍性菩薩墓~ 円福寺~往生院・輿山墓地~公民館(昼食場所を想定)~美
努岡萬墓~菊司酒造~南生駒駅 歩程約7km ・・・・此処から実況中継?なみに書くと
菜畑駅前から国道へ出て、大社橋北詰で横断、たいしゃ橋を渡って川沿いの小道を往馬
大社へ、往馬大社をトイレの方から抜けて公園の前から国道へ出てそのまま国道横断
して踏切を横断、真っ直ぐ上って右へ出ると上田酒造、上田酒造から公民館前を通り、踏
切を渡って国道を横断して往馬大社前の道路へ出て左へ行き第二阪奈道路の壱分出口
の地下道を有里地区へ潜り右へ曲ると竹林寺古墳へ、竹林寺古墳の前を竹林寺へ、竹
林寺前を右へ曲ると行基菩薩のお墓、戻って左へ曲ると忍性菩薩のお墓、忍性菩薩のお
墓から戻り、竹林寺の駐車場入り口へ下りる、下りて右へ曲ると円福寺へ真っ直ぐ、里山
の風景?田圃の中の道を少し上ると右手に溜池、溜池を廻って行くと左手突き当りに公
園が見える、公園を左に回り右へ出ると輿山墓地・墓地を左手に入ると往生院、輿山墓地
の入口へ戻り真っ直ぐ進み公園の手前で左に曲ると公民館、此処が昼食休憩にお借りす
る予定の集会所、集会所の前を真っ直ぐ下ると突き当りに小高い丘、此処が美努岡萬墓、
階段を上り下りしなければならない、此処からは国道迄緩やかな下り坂、生駒南中学校の
横を通り、国道へ出て信号を横断して川沿いに右へ進むと国道から斜め左へ別れ道、南
生駒駅の横を通り駅ホームを過ぎた所の踏切を渡ると菊司酒造が目の前に見える、帰り
は踏切の前迄戻り右へ曲ると南生駒駅前のロータリー、改札口は線路の下、地下道に・・・
菜畑駅~
7棟の春日造檜皮葺きの社殿が立ち並ぶ「往馬大社」から、奈良時代の僧・行基の開基
と伝えられている「竹林寺」および「行基の墓」、行基を慕って近くに墓を建立して貰った
「忍性の墓」を見学し、平安後期の作とされる木造の十一面観音立像が安置されている
「円福寺」を、更に行基を火葬したとされ、五輪塔が残されている輿山墓地・往生院を訪れ
るコースで、コースに酒蔵が2軒、お酒の好きな方には?たまらない魅力のある??・・・・
IMG_1725.JPGIMG_1730.JPGIMG_1732.JPG
往馬大社へ向かう
大社橋北詰迄にスーパーが2軒・・・
IMG_1733.JPGIMG_1736.JPGIMG_1738.JPG

大社橋北詰
IMG_1744.JPG
たいしゃ橋を渡って直ぐ川沿いの小道を突き当りへ出ると
往馬神社の右手前へ出る、左へ20m進むと大鳥居が・・・
IMG_1745.JPGIMG_1748.JPG
大鳥居を入って階段を上がると本殿、左手へ抜けるとトイレ・・・
往馬大社(いこまたいしゃ)
生駒山をご神体とした古社です。広さ3ヘクタールにおよぶ鎮守の森は、奈良県の天
然記念物として指定されているほか、伝統行事の火祭りは県の無形民俗文化財とし
て指定されています。奈良県生駒市にある神社である。式内社で、旧社格は県社。生
駒神社(いこまじんじゃ)と通称される。生駒山の神である伊古麻都比古神・伊古麻都
比賣神、および氣長足比賣命(神功皇后)・足仲津比古命(仲哀天皇)・譽田別命(応
神天皇)・ 葛城高額姫命(神功皇后の母)・息長宿禰王(神功皇后の父)を祀る。伊古
麻都比古神・伊古麻都比賣神は古代より火を司る神として信仰されている。大嘗祭で
用いられる浄火を起こす道具である火燧木は代々当社が献上することとなってお り、
今上天皇の大嘗祭においても当社の火燧木が使用された。『北山抄』『元要記』『亀相
記』などには当社の神が「火燧木神(ひきりぎのかみ)」と書かれている。10月第2日曜
日(元は10月10日)の例祭は「火神祭」と呼ばれ、龍田大社の風神祭、廣瀬大社の水
神祭とともに古来より朝廷の崇敬を受けてきた。
創建の年代は不詳であるが、古代、当地に住みついた人々が生駒山を神体山として
祀ったのを起源とするものとみられる。文献での最も古い記述は、『総国風土記』の雄
略天皇3年(458年)条に「伊古麻都比古神社」とあるものである。
IMG_1751.JPG
公園の前へ出て
国道を横断、踏切を横断して上がると上田酒造へ
IMG_1756.JPGIMG_1757.JPGIMG_1759.JPG
上田酒造
水・技・米にこだわり、生駒市で本物の酒を造り続ける蔵元です。名水とうたわれる生駒
の地下水を使って造られる酒。「酒に心あり」を胸に、酒造りにむかう蔵人たち。折り紙つ
きの酒造米を使用し、最高の精米歩合による仕込み。丹精こめて造った名酒の数々を
造り続けています。
IMG_1764.JPG

踏切を渡り、国道を横断して
IMG_1767.JPGIMG_1768.JPG
第二阪奈道路の壱分出口の地下道を
有里地区へ潜り右へ曲ると竹林寺古墳へ
IMG_1771.JPGIMG_1773.JPGIMG_1774.JPGIMG_1775.JPGIMG_1779.JPGIMG_1780.JPG
竹林寺古墳・竹林寺・行基墓・忍性墓
竹林寺は、奈良時代の僧・行基(668年~749年)の基礎を築いたと伝えられています。
行基は 749年に奈良市菅原寺(すがはらでら)において82歳で生涯を終え生駒山で火
葬され竹林寺に埋葬されています。本堂に向かって右手に行基の墓が、左手の墓地に
忍性(にんしょう)の墓(五輪塔)が建っています。忍性は文殊菩薩と行基を強く尊敬して
おり行基と同じように自らも慈善事業に努めました。遺言により遺骨は竹林寺・極楽寺
(鎌倉市)・額安寺(大和郡山市)に分骨されています。
竹林寺
IMG_1783.JPGIMG_1785.JPGIMG_1786.JPG
行基墓
行基(ぎょうき/ぎょうぎ、天智天皇7年(668年) - 天平21年2月2日(749年2月23日)は、
奈良時代の日本の僧。生年については、677年4月する説もある。僧侶を国家機関と朝
廷が定め仏教の民衆への布教活動を禁じた時代に、禁を破り畿内(近畿)を中心に民衆
や豪族など階層を問わず広く仏法の教えを説き人々より篤く崇敬された。また、道場や
寺院を多く建立しただけでなく、溜池15窪、溝と堀9筋、架橋6所、困窮者のための布施
屋9所等の設立など数々の社会事業を各地で成し遂げた。朝廷からは度々弾圧や禁圧
されたが、民衆の圧倒的な支持を得てその力を結集して逆境を跳ね返した。その後、大
僧正(最高位である大僧正の位は行基が日本で最初)として聖武天皇により奈良の大仏
(東大寺)造立の実質上の責任者として招聘された。この功績により東大寺の「四聖」の
一人に数えられている。
河内国大鳥郡(757年に和泉国へ分立、現在の大阪府堺市西区家原寺町)に生まれる。
682年(天武天皇11年)に15歳で出家し、飛鳥寺(官大寺)で法相宗などの教学を学び、
集団を形成して近畿地方を中心に貧民救済・治水・架橋などの社会事業に活動した。
704年(大宝4年)に生家を家原寺としてそこに居住した。その師とされる道昭は、入唐し
て玄奘の教えを受けたことで有名である。
民衆を煽動する人物であると朝廷から疑われたこと、また寺の外での活動が僧尼令に
違反するとされたことから、養老元年4月23日詔をもって糾弾されて弾圧を受けた。だ
が、行基の指導により墾田開発や社会事業が進展したこと、豪族や民衆らを中心とし
た教団の拡大を抑えきれなかったこと、行基の活動を朝廷が恐れていた「反政府」的な
意図を有したものではないと判断したことから、731年(天平3年)弾圧を緩め、翌年河内
国の狭山池の築造に行基の技術力や農民動員の力量を利用した。736年(天平8年)に、
インド出身の僧・菩提僊那がチャンパ王国出身の僧・仏哲、唐の僧・道璿とともに来日し
た。彼らは九州の大宰府に赴き、行基に迎えられて平城京に入京し大安寺に住し、時
服を与えられている。738年(天平10年)に朝廷より「行基大徳」の諡号が授けられた。
(日本で最初の律令法典「大宝律令」の注釈書などに記されている。)
IMG_1787.JPG
此処までは
来年1月の初詣&歴史ウオークの下見・生駒谷-1 として
             下記のセカンドブログへ詳細を投稿済です。 
        http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2016-09-11-1
此処では、此の続きを
来年1月の初詣&歴史ウオークの下見・生駒谷-2 として詳細を掲載します。
続きは
忍性(にんしょう)墓~
建保5年7月16日(1217年8月19日) - 乾元2年7月12日(1303年8月25日))は、鎌倉時
代の律宗(真言律宗)の僧である。房名(通称)は良観。貧民やハンセン病患者など社会
的弱者の救済に尽力したことで知られる。
大和国城下郡屏風里(現奈良県磯城郡三宅町)に生まれる
忍性は早くから文殊菩薩信仰に目覚め、師叡尊からは真言密教・戒律受持・聖徳太子
信仰を受け継いでいる。聖徳太子が四天王寺を創建に際し「四箇院の制」を採った事に、
深く感銘しその復興を図っている。四箇院とは、仏法修行の道場である敬田院、病者に
薬を施す施薬院、病者を収容し病気を治療する療病院、身寄りのない者や年老いた者
を収容する悲田院のことで、極楽寺伽藍図には療病院・悲田院・福田院・癩宿が設けら
れており、四天王寺では悲田院・敬田院が再興されている。また、鎌倉初期以来、四天
王寺の西門付近は「極楽土東門」すなわち極楽への東側の入り口と認識されており病
者・貧者・乞食・非人などが救済を求めて集まる所となっていた。忍性はここに石の鳥居
を築造しこれらの人々を真言の利益にあずからせようとしたと言われる。
IMG_1792.JPG
忍性菩薩墓から戻り、竹林寺の駐車場入り口へ
下りる、下りて突き当りを右へ曲ると円福寺へ真っ直ぐ
IMG_1795.JPGIMG_1796.JPGIMG_1798.JPGIMG_1799.JPGIMG_1800.JPGIMG_1801.JPGIMG_1802.JPGIMG_1804.JPG
円福寺
真言律宗の古刹です。寺伝では749年~757年に、行基によって創建されたと伝えられ
ています。生駒谷を見下ろす山腹に位置する。山号は龍華山(りゅうげさん)。本堂は室
町時代初期の建築といわれ、重要文化財に指定されています。宝篋印塔2基-本堂前
に並んで建つ。北側の塔(写真左)は初重に四仏の種子を刻み、永仁元年(1293年)の
銘がある。南側の塔は初重に四仏の像を刻み、北側の塔と同じ頃の造立と推定される。
IMG_1806.JPGIMG_1807.JPGIMG_1808.JPGIMG_1809.JPG

円福寺から下りて、田圃の中の道を少し上ると右手に溜池
IMG_1812.JPGIMG_1814.JPGIMG_1815.JPGIMG_1816.JPGIMG_1818.JPG

溜池を廻って行くと左手突き当りに公園が見える、公園を左に回り
IMG_1819.JPGIMG_1820.JPGIMG_1823.JPGIMG_1824.JPGIMG_1826.JPGIMG_1827.JPG
往生院・輿山墓地
往生院は、行基の遺体を火葬した地として伝えられている。宝篋印塔は、本格的なもので
は最古の紀年銘を持つ。奈良時代の僧・行基が天平21年(749)に没した時、遺言により
火葬し、遺骨の一部を葬ったのが此の地であったと伝えられる。華厳宗(けごんしゅう)の
寺院で、本尊は行基菩薩。本堂の裏側には行基の墓塔と伝わる五輪塔が安置されている。
また、本堂の北にある宝篋印塔(ほうきょういんとう・重要文化財)は、正元元年(1259)の
銘が有り、県内最古として知られる。
IMG_1828.JPGIMG_1829.JPGIMG_1830.JPGIMG_1831.JPGIMG_1832.JPG
輿山墓地を出て、公園の手前で左に曲ると公民館、
此処が昼食休憩にお借りする予定の集会所
IMG_1835.JPG
集会所の前を真っ直ぐ下ると突き当りに小高い丘、
此処が美努岡萬墓、階段を上り下りしなければならない、
IMG_1837.JPGIMG_1838.JPG
美努岡萬墓(みののおかまろのはか)
奈良県指定史跡
奈良時代の官人であった美努岡萬の墳墓です。1872(明治5)年に土取り中に偶然、墓誌
が発見されました。墓誌は長方形の銅板で銘文を陰刻してあります。銘文から美努岡萬の
ものであることが明らかとなりました。現在は住宅地の中ですが、かつては山林の中にあり
ました。古代の人物の墓所が明らかとなる例は県内でも少なく貴重なものです。
美努岡萬連墓誌 (みののおかまろむらじのぼし)重要文化財。東京国立博物館所蔵。
墓誌は、1872(明治5)年に土取り中に偶然、発見しました。縦29.4cm、横20.6cm、厚さ0.3
cmの銅板に銘文を陰刻してあります。銅板の一面に、縦横に罫線を刻み、11行にわたって
176字が記されており、其れに因ると、岡萬は天武天皇13年(684)に連の姓を賜っています。
大宝元年(701)に遣唐使の一員として渡唐し、帰国しています。従五位下を授かり、主殿寮の
頭を任じられ、神亀5年(728)に67歳で没しています。岡萬は『続日本紀』にもその名がみえ、
奈良時代に活躍した官人のようです。墓誌は重要文化財に指定されています。
IMG_1839.JPG
岡萬墓から下りると、此処からは国道迄緩やかな下り坂、生駒南中学校の
横を通り、国道へ出て信号を横断して川沿いに右へ進むと国道から斜め左へ別れ道、
南生駒駅の横を通り駅ホームを過ぎた所の踏切を渡ると菊司酒造が目の前に見える
IMG_1841.JPGIMG_1842.JPGIMG_1844.JPGIMG_1845.JPG
菊司酒造
大阪と奈良を結ぶ奈良街道の宿場町であった小瀬の地で、江戸時代の1705年(宝永2年)
~伝統の酒造りを続けている蔵元。総業300有余年。自然と伝統が織りなす名酒の数々を
造り続けている。生駒山系の天然水である井戸水を、無濾過で仕込水に使用しています。
やや硬水で水自体に味わいがあり、そこから醸し出される味がお酒にも表れています。ま
た、造り酒屋ならではの純正酒粕をふんだんに使った奈良漬けの製造・販売もしています。
IMG_1848.JPG

南生駒駅
IMG_1849.JPG

9月7日の初秋の大河越えで浜屋敷へ(ダイジェスト編)

9月10日     9月7日の初秋の大河越えで浜屋敷へ(ダイジェスト編)
             JRふれあいハイキング・扇町公園~吹田駅
知人と2人で参加、淀川を渡り2番目の孫が生まれた病院の前も通り、S40年代に
寮やアパート暮らしをしていた直ぐ近くまで行き、何かと懐かしさを憶える1日でした。
コース  JRふれあいハイキング  大坂・関西歩け歩け協会主催 歩程約10km
天満駅~徒歩5分~扇町公園(受付・スタート)~天神橋商店街~~長柄湖畔地区
~長柄橋~柴島浄水場~淡路第3公園~中の島公園~神崎川・吹田渡し跡~浜
屋敷~高浜神社~吹田駅前・さんくす夢広場(ゴール)  参加費300円
此の日の参加者は、92人で何時もの半分以下との事、私は22330歩で約15km・・・
大阪・関西歩け歩け協会の皆さん、有難う御座いました。次の機会も宜しく!!
尚、 9月7日の初秋の大河越えで浜屋敷へ(詳細編)については
         下記のセカンドブログへ詳細を投稿済です。
http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2016-09-10-1
此処では、ダイジェスト編を・・・
志都美駅へ向かう
百日紅の花が綺麗・・・
IMG_1677.JPG
志都美駅から
葛城山~二上山&西名阪の香芝SA付近
IMG_1678.JPG
扇町公園
関西テレビ・・・
扇町公園・・・大阪市北区のHPより引用
マウンテンスライダーなどの大型遊具があり、広々とした公園。キッズプラザ大阪に隣接
していることもあり、遠足の子どもたちの元気な声がひびいています。噴水やせせらぎ、
季節の花で彩られた花壇なども整備されており、休日には親子連れや散歩をする人たち
で賑わう市民の憩いの場所です。公園内には扇町プール・北部方面公園事務所がありま
す。扇町プールには卓球場と多目的室(オーパス・スポーツ施設情報システムで予約可)
も備えています。  
IMG_1680.JPG

天神橋筋商店街へ向かう
IMG_1682.JPG
天神橋筋商店街を歩く
天神橋一丁目から天神橋六丁目まで南北2.6km、600店の日本一長いアーケード商店街
である。衣料品店をはじめ、飲食店、娯楽施設が軒を連ねる各商店街は、地名にならって
「○丁目商店街」のように分類され、例えば1丁目商店街は「天1(てんいち)」、3丁目商店街
ならば「天3(てんさん)」というように略称が用いられる。1丁目から6丁目までの連合組合は
ない。「3丁目商店街」は2006年(平成18年)5月に「がんばる商店街77選」に選ばれた。商
店街は、南から北へ、1丁目から7丁目となっており、すぐ西を平行して走る大阪市営地下鉄
堺筋線で例えれば、2丁目が南森町駅、4丁目が扇町駅、6丁目が天神橋筋六丁目駅と1丁
目から6丁目まで地下鉄3区間分ほどの長さになる。
天神橋筋は、大阪天満宮の門前町として発展してきた商店街で、天下の台所とよばれる大
阪の天満市場も近くにあったことから、庶民の盛り場として大阪きっての賑わいを見せてい
た。昭和初期に天満市場が移転し、大型店の出店攻勢、地下鉄と阪急電鉄の相互乗り入れ
でターミナル性を失ってからは苦境に立たされたが、各商店会では魅力ある商店街を目指し
て巻き返しを図っている。
IMG_1685.JPG

長柄橋湖畔地区
IMG_1687.JPGIMG_1689.JPG
淀川・長柄橋を渡る
長柄橋・・・大阪市のHPより引用
古くから広くその名が知られる長柄橋ではあるが、橋の所在地については定かでない。
信頼度の高い書物にこの橋が登場するのは『日本後記』の嵯峨天皇条で、弘仁3年(812)、
律令の制度にのっとって、中央政府から造橋使が派遣されて工事が行われたとされる。
しかし、40年後の仁寿3年(853)には橋は既に廃絶しており、渡船が設けられていた。
短命に終わった長柄橋は、人々の心の中で生き続け、歌枕として様々な歌に詠まれた。ま
た、この橋には人柱の悲話が伝わり、”物いわじ父は長柄の橋柱鳴かずば雉も射られざら
まし”の歌を耳にされた方も多いであろう。
長柄の地に再び橋が架けられたのは明治6年のことで、現在の橋とほぼ同じ位置に豊崎橋
という名の橋が造られているが、長柄橋の名が千年の時を経て復活するのは、明治42年、
新淀川の開削にともなって架けられた鉄製のポニートラス橋である。この橋は明治7年に開
通した東海道本線のトラスが転用されたものである。その後、昭和11年に架け替えられた
橋は、第二次大戦末期に爆撃を受けて橋桁が損傷し、橋の下に避難していた人々に多くの
犠牲者がでた。橋の南詰の観音像が犠牲者を供養している。
現在の長柄橋は、昭和58年に完成したもので、中央部の橋はニールセンローゼ桁というアー
チ形の橋が採用されている。近代的なアーチに千年の時の流れを映している。
IMG_1690.JPG
柴島浄水場・淀川キリスト教病院
柴島浄水場・・・東淀川区のHPより引用
大阪市では、明治28年11月に「桜の宮水源地」が創設され、水道事業がはじまりましたが、
その後の拡張事業により、吹田、枚方など数カ所の案のなかから幾多の曲折を経た後、柴
島に水源地の建設が計画されました。そして、当時東洋一といわれた「柴島水源地」が大正
3年3月に完成しました。その規模は、給水能力(一日に最大送り出すことのできる水量)15
万1800立方メートルでした。
市勢の伸展と市域の拡大、人口の増加に伴う水道需要に対応するため9回におよぶ水道拡
張事業が行われ、緩速ろ過法から急速ろ過法への転換や水質悪化に伴う浄水処理の変更
など、量的拡張から質的向上まで対応する取水・浄水・配水設備などの改良増設事業が繰り
返し行われてきました。
現在は、給水能力118万立方メートルにまで発展し、敷地面積51万平方メートルのなかには
配水池やポンプ場、高度浄水処理棟などの設備が配置されています。配水池上部の有効利
用として、市民の方に利用いただけるテニスコートなども建設されました。また現在は、従来の
凝集沈でん・急速ろ過処理にオゾン処理および粒状活性炭処理を追加した、より安全で良質
な水をお届けするために「高度浄水処理」を実施しています。
隣接する水道記念館の美しい建物や目に鮮やかな広い芝生地帯に、休むことなく安全で良質
な水を送り続けてきた水道の歴史が刻まれています。  ・・・是非一度は行って見たい場所!
IMG_1695.JPG
阪急千里線・崇禅寺地下道を潜る
淡路第3公園(昼食休憩)
IMG_1696.JPG
神崎川・緑風橋を渡る
緑風橋・・・大阪市のHPより引用
東淀川区下新庄地区は、木造住宅の密集地であり、広域避難場所に指定された淀川
右岸河川敷まで2km以上離れている、いわゆる避難困難地区になっていた。しかし、
神崎川を挟んだ対岸には吹田市の広域避難場所である中の島公園があり、両地区を
連絡する橋があれば、下新庄地区の住民が短時間に同公園に避難できる。一方、吹
田市側の住民にとっても、阪急千里線下新庄駅利用の便が図れるようになる。このよ
うに、本橋架設は両市住民にとって大きなメリットがあり、国土庁の防災緑地網整備促
進事業の補助(1億円)も受けて、両市協力のかたちで実施された。当時、幅員の3mは、
人道橋として贅沢といわれた。両サイドとも8%勾配のスロープつきで、車イス・自転車
対応の設計になっている。
本橋は、居住区域と広域避難場所や地区防災広場を結んでネットワーク化する、防災
緑地整備の一環にもなっており、快適な環境形成にかかわる側面も考慮に入れて設計
した。なお、周辺の開けたロケーションのなかに、デザイン化された照明柱や高欄が設
けられ、夜間は阪急千里線の電車からライトアップされた橋の風景が楽しめる。
IMG_1699.JPGIMG_1700.JPG
中の島公園(水分補給・トイレ休憩)
神崎川・吹田渡し跡
吹田市のHPより引用
神崎川の水運、亀岡街道との連絡など、かつては交通の拠点としてにぎわったところ
です。その様子が絵に残されており、渡し跡の記念碑のほか、阪急吹田駅の地下通
路にも、描かれています。
IMG_1701.JPGIMG_1702.JPG
浜屋敷
吹田歴史文化まちづくり協会のHPより引用
古民家の良さを活かし、歴史と文化のまちづくり拠点として、郷土史の資料収集、展示
をはじめ、貸館事業、吹田まち案内人事業、そして様々な文化的イベントを数多く行って
います。小さなお子様からご年配の方まで、自分の知らなかった世界を、この浜屋敷を
訪れるたびに新しく発見できるでしょう。浜屋敷はそんな不思議な魅力を持っている空
間なのです。
IMG_1704.JPGIMG_1705.JPG
高浜神社
高浜神社では、素戔嗚尊(スサノオノミコト)、天照大神(アマテラスオオカミ)、春日大神、
住吉大神、菊理姫大神、大国主命(オオクニヌシノミコト・大黒さん)、事代主命(恵比寿
さん)、宇賀御魂大神(お稲荷さん)、菅原道真公(天神さん)、布留御魂大神、豊受姫大
神、奥津彦大神と奥津姫大神(三宝荒神さん)、吹田連の祖神火明命・天香山命(ホアカ
リノミコト、アメノカゴヤマノミコト)よろずの神々をお祀りしています。
高浜神社の創立は不詳ですが、古文書によれば、天平7年(735年)既に吹田の大宮とし
て存在していました。又 貞観11年(869年)には、「素戔嗚大神を祀って疫病の流行を止
めてもらった」とも伝えられています。神社のすぐ前に太政大臣の藤原氏が吹田山荘「吹
田殿」を営まれており、慶長3年(1251年)後嵯峨上皇が吹田殿に御遊幸の時、御参拝さ
れ「来て見れば千代も経ぬべし高浜の松に群れている鶴の毛ころも」と詠まれています。
太政大臣藤原氏代々、足利将軍家代々、領主竹中氏代々、郷土橋本氏代々、及び遠近
衆諸の崇敬厚く、当社は病気災難除けの神、福の神、和合の神、学問智慧の脳の神とし
て古来有名な大社です。
吹田(スイタ)は昔次田(スキタ)といって、次田連の一族が住んでいたところから「次田」が
「吹田」と言われるようになりました。市の中央にある高浜神社は、昔から「吹田神社」「名
就神社」ともいい、吹田連がその祖先を祀ったのが始まりで次田連の氏神と言われていま
す。大日本地名辞書に「吹田一に高浜という。鎮守を高浜神社と称す」とあり、吹田と高浜
神社は密接な関係があります。
IMG_1711.JPGIMG_1712.JPGIMG_1714.JPG

吹田駅へ向かう&吹田駅・さんくす夢広場(ゴール)
IMG_1718.JPGIMG_1720.JPG
おまけ
大阪駅環状線1番ホームから・・・
IMG_1721.JPGIMG_1722.JPG

9月4日の佐保・佐紀路-万葉歌碑と御陵を訪ねて-2

9月8日        9月4日の佐保・佐紀路-万葉歌碑と御陵を訪ねて-2
                      JRふれあいハイキング
コース 奈良駅(9時15分スタート)~西方寺~佐保川(万葉歌碑)~大仏鉄道記念
公園~興福院(こんぶいん)~不退寺~ウワナベ・コナベ古墳~磐之媛命陵~水上
池~平城宮跡(解散)~第一次大極殿~朱雀門~バスで~奈良駅へ
秋のハイキング日和?集まったのは5人、ガイドは、Y田さんと勉強中の新人1名、
有難う御座いました、又、次回参加時も宜しくお願い致します。
曇り空の予報だったがかんかん照りの夏空、なら・観光ボランティアガイドの会の
Y田さんの案内で(参加者5人でスタート、途中リタイア2人)楽しい1日を過させて頂
きました。解散後に岐阜から来られてたご婦人と平城京跡へ行き大極殿と朱雀門を
見学し、奈良公園行のバスへのり、ご婦人は県庁屋上からの景色を見てから興福
寺三重塔の御開帳を見に行くと言うので私はJR奈良駅で別れて家路へ、3日~始
まった古都祝奈良(ことほぐなら)を見物に来られたそうで羨ましいかぎり・・・
此の日の私の万歩計は、21075歩で約14.3kmだった。
志都美駅
葛城山~二上山
IMG_1589.JPG
奈良駅前に集合
JR奈良2代目駅舎を利用した奈良市総合観光案内所
JR奈良駅前には1934年から2003年まで使われていた2代目駅舎が保存され
2009年7月より奈良市総合観光案内所として利用されている。経済産業省から
「近代化産業遺構」に指定されている、奈良らしい寺院を連想する方形屋根に相
輪(そうりん)を持つ和洋折衷様式の建物だ。吹き抜けの中央に巨大な朱塗りの4
本の柱が建っている。これは平城宮跡の平城遷都1300年祭で人気を集めた第
1次大極殿正殿の復元の際に作られた、高さ5.3m、直径0.7mのものと同じ柱
との事。
IMG_1590.JPGIMG_1592.JPGIMG_1593.JPGIMG_1594.JPG
大極殿跡への道標・・・棚田嘉十郎
棚田 嘉十郎(たなだ かじゅうろう、1860年5月21日(万延元年4月5日) - 1921年
(大正10年)8月16日)は日本の植木職人。文化財保護運動家。明治時代から大
正時代にかけて奈良県・平城宮の保存活動を行った。
植木職人として奈良公園などの植栽を手がけていた。しばしば観光客に平城宮跡
の場所を尋ねられたが、棚田は場所を知らず答えることができなかった。これを奈
良の人間として恥ずかしいと思った棚田は、平城宮跡の保存と顕彰に一生をかけ
ることを決意した。1896年、知人に連れられて大極殿跡を訪れた棚田は、放牧地と
なり堆肥が山積みになっている有様を見て、次のように言って涙を流したという。
” 実に見る影もなき有様。之れを皇居の址と云はれ様か”
1912年3月には当時の国鉄奈良駅前に大極殿跡への道標を建立した。
IMG_1598.JPG
西方寺
南都総墓所と言われ、広大な墓地に石塔が林立しています。正親天皇御綸旨霊
場・南都総墓所 (浄土宗) 草鞋山「西方寺」です。奈良時代に行基菩薩によって
多聞山に創建されました。永禄2年(1559)に松永久秀が多聞城を築くために移転
を余儀なくされ、慶長8年(1603)に、東大寺の住職・祐全上人によって再興されま
した。本尊:木造阿弥陀如来坐像(平安時代の作・国重文)中興開山の祐全上人
坐像は、弘治2年(1556)の作で市の文化財です。まだ無名だった頃の宮本武蔵が
修行の為に滞在したと伝わっています。墓地を挟んだ西側の船橋通り商店街の入
口にある「荼羅坊」の屋上に『みてござる観音』があります。
IMG_1600.JPGIMG_1601.JPG
万葉歌碑
瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲しぬはゆ いずくより 来たりしものそ 
まなかひに もとまかかりて 安眠やすいしなさぬ

瓜を食べると子どものことが思われる。栗を食べるとまして偲ばれる。 いったい何処
からやってきたのか、その面影が目の前にむやみにちらついて、安らかに眠らせてく
れない。

銀(しろがね)も 金(くがね)も玉も 何せむに 優(まされ)る宝 子にしかめやも

銀も、金も、殊玉も、どうしてすばらしい宝の、子どもに及ぶだろうか。
IMG_1602.JPGIMG_1603.JPG

佐保川・北向地蔵尊
IMG_1604.JPGIMG_1605.JPG
佐保川(万葉歌碑)
佐保路
平城京の一条南大路であった現在の一条通りを東に突き当たったところに東大寺
の手貝門(転害門、佐保路門ともいわれる)があります。この門を起点として、一条
通りを西に歩くと道に沿うように、聖武天皇陵ー興福院ー不退寺ー法華寺と続きま
す。このあたりまでを「佐保路」といいます。古来、春の女神を佐保姫と呼んでいま
すが、このやさしさに満ちた名を持つ、標高100メートルほどの佐保山と呼ばれる丘
陵は春のようにのどかで、佐保山の裾野の南を流れる佐保川のせせらぎは往来す
る人の心を癒してくれます。奈良時代の佐保山の裾野は、その風光と立地の良さか
ら高級貴族の邸宅地で、万葉歌人大伴家持、旅人、坂上郎女を輩出した大伴氏の
邸宅、長屋王の別荘「作宝楼」、藤原氏の邸宅「佐保殿」、日本最初の公開図書館
「芸亭」を設置した石上氏の邸宅があったと いわれています。そこに風雅を愛でる
風流士が集い、芸術・文芸の華を開かせました。『万葉集』には佐保で詠まれた歌も
佐保を詠んだ歌も多く、佐保路には多くの万葉歌碑がおかれています。
万葉歌碑
ふりさけて三日月見れば 一目見し人の眉引き思ほゆるかも
IMG_1610.JPG

月立ちてただ三日月の眉根掻き 日長く恋ひし君に逢えるかも
IMG_1612.JPGIMG_1613.JPG

うちのぼる佐保の川原の青柳は  今は春べとなりにけるかも
IMG_1617.JPG

千鳥鳴く佐保の河門の清き瀬を  馬うち渡し何時か通はむ
IMG_1618.JPG
大仏鉄道記念公園
大仏鉄道(正式名:関西鉄道大仏線)は、名古屋と大阪をつなぐ路線の一つとして、
明治31年4月に開業し、明治40年8月まで奈良駅・加茂駅 間約10kmを運行して
いました。大仏鉄道が廃止されてから100年が過ぎましたが、平成4年4月には大
仏駅跡地付近に大仏鉄道記念公園が設置され、大仏鉄道の面影を残しています。
大仏鉄道記念公園は、奈良事務所の南方約100mの佐保川沿いにあり、春4月に
は、しだれ桜の大木が見事に咲き、たくさんの人々が訪れます。
IMG_1620.JPG
春日野荘
万葉歌碑
我が背子が見らむ佐保道の青柳を  手折りてだにも見むよしもがも
IMG_1622.JPG
興福院(こんぶいん)
興福院は、奈良県奈良市法蓮町にある浄土宗の尼寺。山号を法蓮山と称する。本尊
は阿弥陀如来、開基(創立者)は和気清麻呂とも いい、藤原百川ともいう。興福院の
創建については複数の説があり、中世以前の沿革はあまり明ら かでない。 寺はもと
添上郡興福院村(平城京の右京四条二坊、現在の近鉄尼ヶ辻駅 近く)にあり、現在
地に移ったのは近世のことである。創建について、寺伝では天平勝宝年間(749 - 75
7年)、和気清麻呂が聖武天皇の学問所を移して創建し、弘文院と称したという。
『七大寺日記』(嘉承元年(1106年))に は藤原百川が創建した興福尼院が前身とされ
ている。また、護国寺本『諸寺縁起集』には、宝亀元年(770年)、藤原広嗣の妻・輪立
氏の発願で創建されたとある。古くは興福院、弘文院の2つの寺号が用いられ、本尊は
薬師如来であった。前述の和気清麻呂を開基とする説は、和気氏が設立した学問所を
弘文院と称したことから出たものと推測されている。寺はその後衰退していたが、安土
桃山時代に大和大納言豊臣秀長から寺領200石の寄進を受け、復興した。寛永13年
(1636年)には徳川家光から再び寺領200石を寄進されている。現在残る本堂、客殿、
大門はこの頃の建立である。徳川家綱代の(寛文5年(1665年))に現在地の法蓮町に
移転した。上記の建物も移築されている。第2世の尼僧は、元大和郡山城主豊臣秀長
の未亡人である。3代徳川家光から14代徳川家茂までの将軍の位牌をまつっている。
※王寺の達磨寺には、徳川家康~徳川15代将軍迄の位牌が祀られている。
IMG_1624.JPGIMG_1625.JPGIMG_1627.JPGIMG_1630.JPGIMG_1631.JPG
此処までは
9月4日の佐保・佐紀路-万葉歌碑と御陵を訪ねて-1 として
           下記のセカンドブログへ詳細を投稿済です。
       http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2016-09-08-2
続きは長慶寺から
9月4日の佐保・佐紀路-万葉歌碑と御陵を訪ねて-2 として詳細を掲載します。
長慶寺
(融通念仏宗) 佐保山普門院「長慶寺」。吉村長慶さん(1863~1942)が私費を
投じて建立開基したお寺です。吉村長慶さんは質商・金融業、北浜の相場師とし
て活躍したそうです。稼いだ資金を生涯にわたって、お抱えの石工を雇い、200
を超える石造物を作ったそうです。
IMG_1638.JPGIMG_1635.JPGIMG_1636.JPG
長慶寺
万葉歌碑
我がやどのいささ群竹  吹く風の音のかそけき  この夕へかも  
IMG_1637.JPG

狭岡神社(さおかじんじゃ)~佐保姫伝承の地へ向かう
IMG_1639.JPGIMG_1640.JPG
狭岡神社~佐保姫伝承の地
佐保姫(さほひめ)は春の女神である。元は佐保山の神霊であり、948年の『陽成院一
宮姫君歌合』では秋の歌に登場している。『記紀』における狭穂 姫(沙本毘売)とは同名
であることから混同される事があるが無関係。五行説では春は東の方角にあたり、平城
京の東に佐保山(現在の奈良県法華寺町法華町)があるためにそこに宿る神霊佐保姫
を春の女神と呼ぶようになった。白く柔らかな春霞の衣をまとう若々しい女性と考えられ。
この名は春の季語であり和菓子の名前にも用いられている。 竜田山の神霊で秋の女神
竜田姫と対を成す女神。竜田姫が裁縫や染めものを得意とする神であるため、対となる
佐保姫も染めものや機織を司る女神と位置づけられ古くから信仰を集めている。古来そ
の絶景で名高い竜田山の紅葉は竜田姫が染め、佐保山を取り巻く薄衣のような春霞は
佐保姫が織り出すものと和歌に歌われる。
IMG_1641.JPGIMG_1642.JPGIMG_1643.JPGIMG_1645.JPGIMG_1646.JPG

万葉歌碑
IMG_1644.JPG

不退寺へ向かう、奈良のビューポイント景色が良い
IMG_1648.JPGIMG_1649.JPGIMG_1650.JPGIMG_1651.JPG
不退寺
不退寺(ふたいじ)は、奈良市法蓮町にある真言律宗の寺院。本尊は聖観世音菩薩(業
平観音とも呼ばれる)。山号は金龍山。寺号は詳しくは不退転法輪寺と称する。仁明天
皇の勅願を受け、平城天皇萱御所跡に在原業平が開基したと伝わる。その由緒から「業
平寺」とも呼ばれる。平城天皇の第一皇子阿保親王の菩提所である。近世の地誌類が
伝える縁起によれば、大同4年(809年)、平城天皇が譲位してのち隠棲し「萱の御所」と
称したのが始まりとされ、その後平城天皇の皇子である阿保親王、更に阿保親王の5男
である在原業平が暮らしたという。 伊勢神宮参詣時に受けた神勅を機に、業平が自ら聖
観音像を刻み、「不退転法輪寺」と号して阿保親王の菩提を弔ったのが、寺院としての始
まりと伝えられている。確実な史料における不退寺の初見は『三代実録』に、貞観2年(8
60年)10月15日、真如親王が平城京内の田地を不退寺に施入したとみえるものである。
真如親王(法親王)は出家前の名を高岳親王といい、平城天皇の皇子、阿保 親王の弟に
あたる。このことから、不退寺は伝承どおり平城天皇所縁の寺で あると推定される。
IMG_1653.JPGIMG_1654.JPG
ウワナベ・コナベ古墳
平城京の北に築かれた巨大前方後円墳
不退寺の西、国道24号をはさみ、大きな古墳が3基ある。東からウワナベ古墳コナベ古墳、
磐之媛命陵(いわのひめのみことりょう)だ。いずれも周濠を残す前方後円墳で、平城京の
北に築かれた佐紀盾列(さきたたなみ)古墳群のうち、東のグループを構成する代表的な
古墳である。3基とも墳丘には松をはじめとする樹木が生い茂り、こんもりとした山のように
なっている。ウワナベ古墳は全長約260m、西側には造り出し部がある。隣接する、コナベ
古墳は全長約210mとやや小さい。古墳時代中期の古墳とみられるが、墳丘で発見された
埴輪からはコナベ古墳の方が少し早く築かれたと推察されている。ウワナベ古墳の造り出
し部からは、土師器や魚形土製品などが出土して いる。陵墓参考地のため、内部の状況
はわかっていない。しかし墳丘の規模などから、仁徳天皇の皇后あるいはその皇子ではな
いかとの見方もある。
IMG_1655.JPG

ウワナベ古墳
IMG_1656.JPGIMG_1657.JPGIMG_1658.JPGIMG_1659.JPG

自衛隊前
IMG_1660.JPG

コナベ古墳
IMG_1661.JPG
磐之媛命陵
ウワナベ・コナベ古墳のやや西北に位置するのが磐之媛命陵で、全長は約219m、後円部
の直径は約130m。古墳時代中期の築造とされる。東側のくびれ部分に造り出し部がある。
天皇の皇后に比定される古墳が多い佐紀盾列古墳群にあって、本古墳も仁徳天皇の皇后
の墓とされているが、真偽のほどはわからない。『日本書紀』では、仁徳天皇陵が現在の大
阪府堺市にあるにもかかわらず、皇后の墓が奈良にあるのは、仁徳天皇が別の女性を寵
愛したことに怒った磐之媛命が、難波京にも戻らずにここに留まったためと伝えている。
IMG_1662.JPGIMG_1663.JPGIMG_1664.JPGIMG_1665.JPG
水上池北
万葉歌碑
をみなへし佐紀沢に生ふる花かつみ   かっても知らぬ恋もするかも
IMG_1666.JPG

水上池をぐるっと回って平城宮跡へ向かう
IMG_1667.JPGIMG_1668.JPGIMG_1669.JPGIMG_1670.JPG
此処まででJRふれあいハイキングは終了、ガイドのY田さんとは此処でお別れ、アンケート
用紙を記入・提出して、私は岐阜から来られたご婦人と大極殿~朱雀門~バス停留所へ
IMG_1671.JPG
平城宮跡へ向かう~
第一次大極殿
朱雀門の真北約800mに堂々とそびえる「大極殿」。正面約44m、側面約20m、地面より
高さ約27m。直径70cmの朱色の柱44本、屋根瓦約9万7000枚を使った平城宮最大の
宮殿であり、その建物は奈良時代の中頃に、一時都とした恭仁(くに)宮に移築され、山
城国の国分寺金堂になりました。当時、天皇の即位式や外国使節との面会など、国の
もっとも重要な儀式のために使われていました。
IMG_1672.JPGIMG_1673.JPG
朱雀門
平城宮の正門・朱雀門。その前では外国使節の送迎を行ったり、大勢の人達が集まっ
て歌垣などを行ったりし、正月には天皇がこの門まで出向き、新年のお祝いをすること
もありました。朱雀門の左右には高さ5.5mの築地がめぐり、130haの広さの宮城を取り
囲んでいました。朱雀門(すざくもん)は、古代、平城京や平安京といった条坊都市の宮
城 (大内裏)において南面する正門。宮城の12の門のうち最も重要な門であった。
「しゅじゃくもん」ともいう。中国の条坊制を模範に造営された古代都城では、中央北辺に
宮殿、官衙からなる宮城が置かれた。平城京では平城宮、平安京では平安宮などといい、
大内裏とも呼ばれた。大内裏には四方に12の門が備えられ、各々有力氏族の姓が付与
されていた。南門は「天子南面す」というように、皇宮より京師を睥睨(へいげい)する最も
重要な門であり、朝廷の有力氏族、大伴氏の姓が付けられ「大伴門」と呼ばれていた。
714年、これを漢風に改め、四神において南方を守護するとされる朱雀の名を冠したもの
とした。朱雀門から都城正門の羅城門に続く大路を朱雀大路といい、現在の千本通に相
当する。
IMG_1674.JPGIMG_1675.JPG

朱雀門を背にバス停へ向かう
IMG_1676.JPG

9月2日の「シャープ創業者早川徳次氏ゆかりの地」巡り-2

9月8日     9月2日の「シャープ創業者早川徳次氏ゆかりの地」巡り-2
                 10月度の歩こう会の下見に・・・
歩こう会の世話人3人で10月度の歩こう会の下見に南海天下茶屋駅~JR南田辺駅
迄の、あらゆる「シャープ創業者早川徳次氏ゆかりの地」を巡って探索して来ました・・・
此の日歩いたのは22300歩で約15kmに・・・
志都美駅
葛城山~二上山&西名阪香芝SA 付近
P9024435.JPGP9024437.JPG
南海新今宮駅でラピートを撮る
ラピートを撮る為に予定より早めに新今宮駅へ入り上下線のラピートを・・・
P9024442.JPGP9024451.JPGP9024455.JPGP9024464.JPGP9024467.JPG
南海天下茶屋駅で待ち合わせて探索スタート
関東大震災で焼け出され、借金返済の為に従業員10人と大阪へ来て約6ケ月間
のサラリーマン生活、阪堺線天神ノ森近くでの借家暮らしの場所付近を目指し・・・
P9024474.JPG
シャープ創業者早川徳次氏
1970年4月初版発行の早川徳次“「私の考え方」”から抜粋して作成しました。
生い立ち~奉公
明治26年(1893年)11月3日東京日本橋生まれ。生後間もなく母親が病に倒れ、
1歳11ヶ月の時から養父母に育てられる、養家の義父は人は良いが酒呑みで経
済的には貧困だった。2年後に義母が急病で他界、その翌年に19歳の後添えが
来て、幼い徳次に辛くあたった。やがてこの母親に子供が出来、イジメがひどくな
ってきた。養子縁組の契約に従って小学校には入れて貰ったが、夜遅くまでマッ
チ箱貼りの内職を手伝い、睡眠不足でしかも空腹を満たされない日々であった。
此のままでは危ないと感じた隣人(目の不自由なおばあちゃん)のお世話で、金
属加工の町工場へ住み込みの奉公にでる事になった。
小学校は2年で中退、満8才の時である、以来約10年間に亘り奉公生活を体験し
た。(早川翁曰く“自分には学歴は無いが、その代わりに実歴を得た”と)奉公の仕
事は朝早くから夜遅く迄厳しいものであったが、辛抱できたのは逃げて帰る家も
ないし、何よりも三度の食事をさせて貰え、僅かながら給料が貰えたからであった。
独立~関東大震災
満18歳(大正元年、1912年)の時、バンドのバックル(“徳尾錠”と命名)を発明し、
大量の注文が来たのが契機で独立した。独立して3年後(21歳の時)に結婚。
其の翌年の大正4年にシャープペンシル(金属繰出鉛筆)を発明した。シャープ
ペンシルの売上を徐々に伸ばし、数年後の30歳の頃には工場も拡張して従業
員200人に達した。そして大正12年(1923年)9月1日午前11時58分、かの関東
大震災に遭遇。工場は焼失し、奥さんと子供(7歳と5歳の男の子)を失った。自ら
も火の海の中を川へ逃れて約7時間、橋の台石につかまっていて九死に一生を
得た。 ・・・川に飛び込んだ800人あまりの中で助かったのはわずかに3人だった
と言う。其の1ヶ月後、大阪のシャープペンシルの特約店から保証金(2万円)の
返済要求が来た。事業一切を無くし、返済するお金は無い。仕方なく焼残った機
械とシャープペンシルの48種の特許を譲渡し、大阪へ来てシャープペンシルの製
造を指導することで保証金を返済する事とした。指導期間は6ヶ月で此の間は、
月給150円のサラリーマンであった。
大阪で初めての住まいは、阪堺線天神ノ森近くに有る2階建ての一軒家、此処で
半年を経ずして西田辺の工場の中に引っ越し、長年馴染んだ家を会社の拡張で
追い出される?会社の敷地に住んでた所から住吉区万代に引越した。重さ12トン
の庭石“ライオン石”(関東の北浦和からはるばる運ばれて来た庭石)は現在何処
にあるの?
住吉区万代の御実家&ライオン石?を目指す
帝塚山病院前を通り、阪堺線を横切り・・・
P9024481.JPGP9024486.JPG

熊野かいどう石碑&万代池公園
P9024489.JPGP9024493.JPGP9024494.JPGP9024496.JPGP9024497.JPGP9024500.JPGP9024502.JPG

住吉区万代の御実家&ライオン石?を目指す
P9024505.JPG

御実家壁にはプレートが其のままに・・・
P9024515.JPGP9024511.JPG
シャープテクノコーポラス 西田辺
シャープ社員の中には此処にお世話になった方々も多数・・・
P9024518.JPGP9024519.JPG
此処までは
9月2日の「シャープ創業者早川徳次氏ゆかりの地」巡り-1 として
             下記のセカンドブログへ詳細を投稿済です。
        http://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2016-09-08  
此処では、此の続きを
「シャープ創業者早川徳次氏ゆかりの地」巡り-2 として詳細を掲載します。
シャープ特選工場~
早川特選金属工場  目の不自由な人への恩返し。特選金属工場を設立
1950年 「合資会社 特選金属工場」を設立。1963年 「合資会社 早川特選金属工場」となる。
1977年 シャープ株式会社の特例子会社として、特例子会社日本第一号に認定される。
1982年 シャープ特選工業株式会社」を設立し、「合資会社 早川特選金属工場」と合併する。
現在は、シャープ特選工業株式会社  大阪市阿倍野区阪南町7丁目9番12号
現在ではさらに発展し、多くの障害者が、高度な技術を駆使して、シャープのモノづくりの
一翼を担って活躍しています。
P9024523.JPGP9024526.JPG

シャープ知財権センター?ビル&早春寮他
P9024527.JPGP9024529.JPGP9024531.JPGP9024533.JPG
再起~ラジオ
翌大正13年(1924年)9月1日、「早川金属工業所」を設立。東京で事業にかかわっ
てくれた従業員と地元採用者合わせて10名ほどで大阪で再起を図った。1924年9月
1日、大阪府東成郡田辺町大字猿山25番(現・大阪市阿倍野区長池町)に「早川金
属工業研究所」を設立。仕事は万年筆の付属金具や歯科治療の材料の製造であっ
た。大正14年(1925年)の春、国産第一号の鉱石ラジオの組立に成功。その6月に
JOBK仮放送所が最初の電波を流し、見事試作のラジオが受信した。嘘も方便をう
まく利用、手造り式流作業を導入して、1台2時間かかっていたラジオの組立を50分
で出来た。商売の駆け引き、昭和5~6年頃、上海での商談に中国の慣習を見抜き、
売約済の赤札を貼る作戦で商談成立。昭和5年(1930年)、昭和2年(1928年)6月に
浜松高等工業学校が我国初のテレビ実験一般公開してた事を知り、浜松高工へテレ
ビ研究の為に研究生を求めたいと葉書で申し入れた。電気科の中島主任教授との
出会いと信頼。昭和10年株式会社組織、昭和17年早川電機工業株式会社に社名を
変更。
戦後不況~テレビ
昭和20年(1945年・満51歳)終戦。殆どの企業、国民は厳しい状況下におかれ、同様
に会社経営も容易ではなかった。特に昭和24年~25年の金融引締め政策や他の要
因もあって80社あったラジオメーカーが殆ど倒産して18社に減った。早川社長も苦渋
の決断を迫られ、人員整理と銀行融資で何とか乗切った。其の後、朝鮮動乱と民間放
送の開始で景気が回復、ラジオの売上が伸びて会社は持ち直した。ラジオの次の事
業として、テレビに注目していたが、昭和26年(1951年)にテレビ受信機の試作に成功。
翌27年に渡米してRCAと技術提携し、28年に国産第一号の白黒テレビを製造販売。
いち早く量産体制を築いた。27年に社用で渡米した際、米国の社会福祉が我国のそれ
と比較して高度な事を感じ、帰国後直ぐに本社の近くに保育所の建設に取り掛かり、昭
和29年の春(育徳園保育所を開所、理事長に就任、満60歳)。昭和30年以降も不景気
や困難期は有ったが、国産第一電子レンジや世界初のIC電卓開発販売等で会社は概
ね順調に推移していった。昭和45年(1970年)社名をシャープ株式会社に変更。その年
の9月に社長を辞し会長に就いた。昭和51年、育徳園保育所を移転・新築。昭和55年1
月入院、6月24日永眠、86歳だった。
早川徳次翁の福祉の原点
早川翁の幼少期は前述の生涯で触れたように義母から想像に絶するイジメを受けていた。
見るにみかねた同じ貧乏長屋に住む井上という目の不自由なおばあさんが、8歳の氏の手
をひいて奉公につれて行ってくれた。氏は晩年になってからも「その時の温かかった手のぬ
くもりが忘れられない。自分の生涯の門出は盲目の井上さんによって開かれた。」と語って
いた。井上さんに対する感謝の気持ちが早川徳次翁の奉仕の動機、福祉の原点である。
育徳園保育所
昭和29年の春(育徳園保育所を開所、理事長に就任、満60歳)。現在は、社会福祉法人
育徳園・・・早川徳次翁の銅像有り? 大阪市阿倍野区阪南町5-12-5
早川福祉会館
当館は、故早川徳次氏の寄付金7000万円をもとに、昭和37年9月に開設しましたが、施設
の老朽化などにより、平成5年度に建て替えを行い、従来の貸室事業や点字・録音図書室
事業のさらなる充実を図るとともに、幅広く障害者の方々の福祉の向上を図る事業を行って
います。なお、平成22年4月より、当法人が指定管理者として、貸室事業及び会館の維持管
理を行っています。
P9024535.JPGP9024537.JPGP9024539.JPGP9024541.JPGP9024543.JPGP9024545.JPGP9024547.JPG
つい最近までのシャープ本社ビル
創業者の銅像は堺の新本社へ先に引っ越し・・・
P9024549.JPGP9024551.JPG
いくとくⅡ&
阿倍野青年センター(現在は、桃が池公園市民活動センター)へ向かう
P9024554.JPG

いくとくⅡ
P9024555.JPGP9024557.JPG
阿倍野青年センター(現在は、桃が池公園市民活動センター)
昭和44年(1969年)私財3000万円を大阪市に寄贈し、阿倍野青年センター完成。
阿倍野青年センターは、青少年の心身の鍛錬と研修のための施設にと、故早川徳次氏
(西田辺に本社があるシャープ株式会社創業者)からの建設資金(当時3000万円)や、
ライオンズクラブからの庭園資金の寄贈により1969年11月27日に設立されたものです
(その後、早川氏は空調設備資金として500万円追加寄贈されたと聞いています)。早川
氏は、周辺地域に、地域貢献、福祉貢献として、早川福祉会館や育徳園等の建設にも
多大の資金を寄贈されています。
桃が池公園市民活動センター受付カウンター横には、
「感謝 早川徳次殿には 大阪市立阿倍野青年センター新設に際し、建設資金として、
金三千万円を寄贈せられました。ここに深く感謝し、長くご芳志を記念いたします。 
昭和44年12月2日大阪市長 中馬馨」のプレートが掲げられています。
P9024559.JPGP9024563.JPG
早川徳次翁が眠る「法楽寺」
墓石はユニークな?当時のテレビの形に・・・
P9024565.JPGP9024567.JPGP9024569.JPG
おまけ
法楽寺の近くにある模擬原爆投下跡地の碑・・・広島&長崎への予行演習
田辺に模擬原爆が投下された11日後に広島に、14日後に長崎に本物の原子爆弾が
投下された。「模擬原爆」とわかったのは1991年
「模擬原爆」投下の事実は、愛知県春日井市の「春日井の戦争を記録する会」の人々
が国立国会図書館で戦時中のアメリカ軍文書を調べて「発見」した。関西大学の小山
仁示教授が「大阪市市街地」と記されていたその地点は東住吉区田辺であったことを
つきとめ、そのことが報道されると被災者から情報が寄せられ爆心地や被災の状況が
具体的に明らかになった。1993年大阪大空襲の体験を語る会が「原爆模擬爆弾の証
言集」を出版、2001年には地域の人達が追悼式等を行い「田辺の模擬原爆証言集」を
作成、お父さんを亡くされた村田さんが跡地近くに碑を建立された。
P9024571.JPGP9024573.JPGP9024575.JPGP9024577.JPG

山坂神社
P9024579.JPGP9024581.JPGP9024583.JPGP9024584.JPGP9024586.JPGP9024587.JPGP9024589.JPG