So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

7月30日の明日香稲渕の棚田&案山子ロード・他

8月3日         7月30日の明日香稲渕の棚田&案山子ロード・他
                    歩こう会9月コース下見
9月度歩こう会のコース下見に・M越さん・K場さん・M吉さんと田原の4名で行って来た、
涼しくなって来たとはいえまだまだ暑い、此の日の私の万歩計は、21666歩で約16km
コースは
飛鳥駅~高松塚古墳~文武天皇陵~八坂神社~朝風峠~稲渕の棚田~稲渕の案山
子ロード~男綱~稲渕勧請橋~マラ石~石舞台古墳前広場(昼食)~玉藻橋~橘寺~
川原寺跡~明日香村中央公民館~亀石~天武・持統天皇陵~国営飛鳥歴史公園館~
飛鳥駅

自宅近くの服部台バス停
バス停前のレジャービル・ボーリング場
IMG_2061.JPG
飛鳥駅~高松塚古墳を通り~休憩所
文武天皇陵の後ろを通り、直ぐの栗の木
IMG_2062.JPGIMG_2063.JPG

八坂神社の前を通り、朝風峠へ向かう
IMG_2064.JPG
IMG_2065.JPG
IMG_2066.JPGIMG_2068.JPGIMG_2069.JPG

朝風峠を抜けて、朝風峠石碑&稲渕の棚田
IMG_2070.JPGIMG_2071.JPGIMG_2072.JPG
IMG_2073.JPG
※朝風峠の地蔵さん
以前、朝風峠でガイドさんに下記の伝説を聞いた事が有ります。
明日香・栗原集落の朝風峠のお地蔵さん、右の肩の上が大きく欠けているのは、
「朝風地蔵」と平田集落にある「みみなほし地蔵」が争って、片方の「朝風地蔵」は
肩を取られ、片方の「耳なほし地蔵」は耳を取られた。というおもしろい言い伝え
があるそうです。

稲渕の案山子ロード
巨大案山子はイノシシを連れた「西郷どん」
IMG_2074.JPG
IMG_2075.JPG

男綱
IMG_2076.JPGIMG_2077.JPGIMG_2078.JPG
※綱掛神事
綱掛神事は明日香村稲渕と栢森(かやのもり)に伝わる神事です。 稲渕は「男綱」、
栢森は「女綱」がかけられます。
子孫繁栄と五穀豊穣を祈り、飛鳥川と道路をまたいで綱を渡し、悪疫が川や道路を
とおって進入することを押しとどめ、住民を守護するための神事と言われています。

稲渕勧請橋
IMG_2080.JPGIMG_2081.JPGIMG_2082.JPG
IMG_2083.JPG
マラ石
国営飛鳥歴史公園祝戸地区への入口付近にあり、男性の陰茎を思わせる石が斜めに
突き立っている。宮域を示すための標石、橋脚として利用されたなどの説が出されてい
るが確かな用途は不明である。
IMG_2084.JPG

石舞台古墳前広場へ向かう
IMG_2085.JPGIMG_2086.JPG

石舞台古墳前広場(昼食)~
玉藻橋を渡って橘寺へ向かう
IMG_2087.JPG
IMG_2088.JPG
IMG_2089.JPG
橘寺&川原寺跡
称徳太子御誕生の橘寺
IMG_2090.JPGIMG_2091.JPG
IMG_2092.JPG

川原寺跡
IMG_2093.JPG

明日香村中央公民館~亀石
IMG_2094.JPG
亀石
微笑んだような表情が愛らしい明日香を代表する謎の石造物のひとつ。巨大な花崗
岩に亀のような動物が彫られています。亀石は当麻の蛇の仕業で湖が干上がって死
んでしまった亀を弔ったもので、元は北向きだったものが現在の南西へと向きを変え
ており、亀が当麻の方向である西を向いた時、大和国一帯が泥の海に沈むという怖
い伝説も残されています。
IMG_2095.JPGIMG_2096.JPG

天武・持統天皇陵の横を通り、国営飛鳥歴史公園館へ
IMG_2097.JPG

国営飛鳥歴史公園館で休憩
IMG_2098.JPGIMG_2099.JPG

飛鳥駅
IMG_2100.JPG
帰りの西田原本駅ホームで
近鉄田原本線100周年、100年前の電車の色に
IMG_2102.JPG

他、7月28日
予定してた近鉄ハイキングが中止になり、スタンプだけ貰って
王寺駅近くの舟戸公園のSL D51を撮る、念願のD51撮影タイム・・・
王寺駅の線路沿い、近鉄田原本線とJR関西本線の細長い土地を利用した公園。目を引
くのは公園の中央に置かれたSL(蒸気機関車)。このD51.895号は、昭和19年(1944)に
製造、国鉄関西本線・草津線を走っていた車両で、昭和47年(1972)に廃車となってより、
展示保管されている。中に入ることもでき、子どもたちの格好の遊び場にも。王寺町は鉄
道とともに発展してきた交通の要衝で、公園のSLはいまもその歴史を語り続けている。
IMG_2046.JPGIMG_2047.JPGIMG_2049.JPGIMG_2051.JPGIMG_2054.JPG
IMG_2055.JPG
IMG_2056.JPG

近鉄田原本線100周年、100年前の電車の色に・・・
IMG_2057.JPG
IMG_2058.JPGIMG_2059.JPG

nice!(46)  コメント(9) 

7月24日の「わろてんか(吉本せい)縁りの地を歩く-2

7月29日       7月24日の「わろてんか(吉本せい)縁りの地を歩く-2
                歩こう会 NHK朝ドラ わろてんか
暑い暑い街中ウオーキングに参加者62名、地下街で2回涼をとりながら無事に歩ききり
天神祭りの宵宮にも触れる事が出来、祭り気分も楽しめ盛夏ウオーク楽しめました・・・
解散後は天神橋筋商店街で串カツとビールで陵をとり、久し振りに祭り気分迄も楽しみ、
此の日の私の万歩計は、19031歩で約14km歩いたことに・・・・
コース
通天閣(10時集合・スタート)~新世界~でんでんタウン~道具屋筋~なんばグランド花
月~法善寺~南地花月「花月の落語亭」跡碑~道頓堀川沿い~クリスタ長堀(地下街)
~ガス燈が連なる三休橋筋~中之島公園・バラ園(昼食休憩)~大阪天満宮~天満天神
繁盛亭~第二文芸館跡(解散)・・・天神橋筋商店街~地下鉄天六駅
※吉本せい
「事実は小説より奇なり」という言葉がありますが、今日の漫才師が束になってかかっても、
吉本興業の創業者である吉本せいの痛快でおもろい人生にはかなわない。吉本せいは、
明治の終わりから大正、昭和、そして終戦まで、興行界を席巻した女興行師。1889年生ま
れで、1950年に戦後まもなく肺結核で亡くなっています。このとき、吉本せいは、まだ60歳
の若さでした。
吉本せいは、荒物問屋の息子であった吉本吉兵衛と、20歳で結婚。1912年、吉本夫妻は、
当時8軒もの寄席が競った繁華街の天満八軒で、不人気だった1軒の寄席の経営権を獲
得しました。その後、吉本せいの手腕で、またたく間にいくつもの寄席を買い上げた吉本夫
妻は、1932年に吉本興業合名会社を設立。戦後1948年には、吉本興業株式会社として、
いち早く株式会社化を実現しています。
吉本せいの偉大な業績は、従来は落語が中心だった寄席に、物真似、音曲、曲芸といった
諸芸を取り入れ、全く新しい笑芸、漫才を寄席にもたらしたことでしょう。
夫の吉本吉兵衛が、1924年に、37歳の若さで亡くなってしまっただけでなく、子供たちがみ
んな早世したことから、細腕一本で働かざるを得ませんでした。以後、吉本せいの片腕とし
て働いたのは、吉本せいの10歳年下の弟、林正之助です。そのまた8歳年下の林弘高が、
戦前の東京吉本を担うことになります。
吉本せいは、戦後になると会長職に退き、1950年に亡くなりました。そして林正之助が、社
長を継いで以来、1973年に一旦社長を退いたものの、1986年に社長に復帰し、1991年に
亡くなるまで社長を務めます。吉本せいが戦前の吉本興業の立役者ならば、林正之助は、
戦後の近代的な吉本興業を形作った人物です。
自宅近くのバス停(服部)
レジャービルにボーリング場と和食「さと」
IMG_1960.JPGIMG_1961.JPG

新今宮駅でおりて通天閣迄歩く
IMG_1962.JPGIMG_1964.JPGIMG_1965.JPGIMG_1966.JPGIMG_1968.JPG

通天閣の下で受付
IMG_1969.JPGIMG_1971.JPG

新世界
IMG_1972.JPGIMG_1973.JPG

でんでんタウン
IMG_1975.JPG

道具屋筋
IMG_1977.JPGIMG_1978.JPGIMG_1981.JPGIMG_1983.JPG

なんばグランド花月
IMG_1984.JPGIMG_1986.JPG

千日前
IMG_1987.JPG

難波地下街
IMG_1990.JPG

法善寺
IMG_1994.JPGIMG_1995.JPG
IMG_1999.JPG

水掛不動明王
IMG_2000.JPG

お初大神横の路地を行く
IMG_2001.JPG
此処までは、
7月24日の「わろてんか(吉本せい)縁りの地を歩く-1 として
           下記のセカンドブログへ詳細を投稿すみです。
        https://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2018-07-28-1
此処では、続きの南地花月「花月の落語亭」跡碑の路地~
南地花月「花月の落語亭」跡碑地
IMG_2002.JPG

道頓堀川沿い
IMG_2003.JPGIMG_2004.JPGIMG_2005.JPGIMG_2006.JPGIMG_2007.JPG
IMG_2008.JPGIMG_2009.JPG
IMG_2010.JPGIMG_2011.JPG
ガス燈が連なる三休橋筋を
通り、中の島公園へ向かう
IMG_2012.JPGIMG_2015.JPGIMG_2016.JPG
中之島公園・バラ園(昼食休憩)
今日は天神祭の宵宮・・・
IMG_2017.JPG
IMG_2018.JPG
IMG_2019.JPG
IMG_2020.JPG
IMG_2021.JPG
IMG_2023.JPGIMG_2024.JPGIMG_2025.JPG

バラ園を後に天満宮へ向かう
IMG_2027.JPGIMG_2028.JPGIMG_2029.JPG

天神橋を渡る
IMG_2030.JPG

天満宮へ向かう
IMG_2031.JPGIMG_2032.JPGIMG_2033.JPGIMG_2034.JPGIMG_2035.JPG

大阪天満宮
IMG_2036.JPGIMG_2037.JPGIMG_2038.JPG

天満天神繁盛亭
IMG_2041.JPGIMG_2042.JPG
天満天神繁盛亭前の
第二文芸館跡(解散)

天神橋筋商店街
串カツ屋で涼をとる・・・
IMG_2043.JPGIMG_2044.JPG
おまけ
はぜの木の紅葉
IMG_2045.JPG

nice!(29)  コメント(2) 

7月22日の明日香稲渕の棚田&案山子ロード-2

7月28日         7月22日の明日香稲渕の棚田&案山子ロード-2
                  9月コースの下見① 飛鳥駅~
二人で9月度の歩こう会のコース下見の下見へてくてくマップ飛鳥駅のスタンプを貰って
行って来ました、此の日の私の万歩計は、19948歩で約14.7km歩いたことに・・・
飛鳥駅(9:40スタンプ貰ってスタート)~高松塚古墳~休憩所(10:00 10:05)~文武天
皇陵~八坂神社~朝風峠~稲渕の棚田・西郷どん大案山子~男綱~飛鳥川~マラ石
~石舞台古墳広場(11:30昼食12:10)~橘寺~川原寺跡~橘寺(12:30)~明日香村
役場~亀石~天武・持統天皇陵~国営飛鳥歴史館(13:05 13:15)~飛鳥駅(13:30)
我家の琉球朝顔
IMG_1889.JPG

志都美駅ホーム
IMG_1892.JPG
飛鳥駅(9:40スタンプ貰ってスタート)~高松塚古墳
~休憩所(10:00 10:05)
文武天皇陵
IMG_1893.JPGIMG_1894.JPG
八坂神社へ向う
八坂神社
IMG_1897.JPG

朝風峠へ向かう
IMG_1898.JPGIMG_1899.JPGIMG_1901.JPGIMG_1902.JPGIMG_1904.JPGIMG_1905.JPGIMG_1907.JPG
IMG_1908.JPG
朝風峠
稲渕の棚田、此処からは男綱迄下り道
IMG_1909.JPGIMG_1910.JPG
IMG_1911.JPG

西郷どん大案山子
IMG_1913.JPGIMG_1915.JPG
飛鳥川に
男綱
IMG_1919.JPG
IMG_1921.JPG

飛鳥川
IMG_1917.JPG
IMG_1920.JPG

稲渕バス停
IMG_1922.JPGIMG_1923.JPG
此処までは、
7月22日の明日香稲渕の棚田&案山子ロード-1 として
           下記のセカンドブログへ詳細を投稿すみです。
         https://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2018-07-28
此処では、続きの稲渕バス停途中~
稲渕バス停
IMG_1924.JPGIMG_1925.JPGIMG_1926.JPG

石舞台古墳広場へ向かう
IMG_1927.JPG

マラ石
IMG_1929.JPGIMG_1928.JPGIMG_1930.JPGIMG_1931.JPGIMG_1932.JPG

石舞台古墳広場(11:30昼食12:10)
IMG_1933.JPGIMG_1935.JPGIMG_1934.JPG

昼食後、橘寺へ向かう
IMG_1936.JPGIMG_1937.JPGIMG_1938.JPG

橘寺
IMG_1939.JPGIMG_1940.JPGIMG_1941.JPG

川原寺跡
IMG_1942.JPGIMG_1943.JPG

橘寺(12:30)
山門へ
IMG_1944.JPG

明日香村役場
IMG_1945.JPG

亀石
IMG_1946.JPG

天武・持統天皇陵へ向かう
IMG_1947.JPGIMG_1948.JPG

天武・持統天皇陵
IMG_1950.JPGIMG_1951.JPGIMG_1953.JPG

国営飛鳥歴史館(13:05 13:15)
IMG_1954.JPG

飛鳥駅(13:30)
IMG_1955.JPG

飛鳥駅→柏原神宮前駅→大和八木駅→
五位堂駅
IMG_1958.JPG
IMG_1959.JPG

nice!(21)  コメント(4) 

7月20日の昼飲み会&八尾市寺内町巡り-1

7月25日       7月20日の昼飲み会&八尾市寺内町巡り-1 
               昼飲みてくてくマップ大阪11 歩程約9㎞
此の日の昼飲み会ハイキングには、近鉄てくてくマップ大阪11をのコースを少し変更して
歩程約9㎞に短くして、16時からの昼飲み会に備えて、K場さんM吉さんと3名で歩いた。
コースは
河内山本駅~八幡神社~玉串川~御野縣主(みのあがたぬし)神社~玉串川~第二寝
屋川~山口重信墓~木村重成墓~八尾市埋蔵文化センター~西都神社~恵光寺~楠
根川緑地公園(昼食)~近鉄八尾駅へ
近鉄八尾駅→天王寺駅~湯処・あべの橋~天王寺駅~居酒屋 甘太郎会費@2600円
参加者5名 ・K場さん川さんM吉さんR得さんと私の5名、他に飛び入りN田さんご夫婦、
次回からはN田さんご夫婦にも皆さん同様、予約して参加して頂きたいと・・・
此の日の私の万歩計は、21996歩で約16.2km歩いたことに・・・
河内山本駅でスタンプ貰ってスタート
山本八幡宮・・・喪中中の私は神社の外から写真を撮るだけで・・・
誉田別尊(応神天皇)を祀る。近鉄河内山本駅のすぐ北側、玉串川の西岸、立石街道の
南沿いに所在する、小ぢんまりとした神社である。
享保元年(1716年)、山本新田の開発者である山中庄兵衛正永と、本山弥右衛門重英
(加賀屋)の両人らが石清水八幡宮より神霊を勧請し、山本新田の鎮守として分祀され
た。当初は「山本八幡神社」という名称だった。その後、享保13年 (1728) 正月に加賀
屋から泉屋住友吉左衛門へ所有が変わった後には、住友家の尊崇と保護を受け近代ま
で至る。昭和15年(1940年)に住友住宅による山本新田での宅地分譲が終了し、212年
に渡る住友家の地主管理が終了する。その際に住友住宅より東南部分の土地を寄贈さ
れている。同年に玉串川沿いにあった池を埋めたて、社務所が新築される。
昭和31年(1956年)に旧橿原神宮の古材を用いて社殿が改築され、恩智神社の社家で
ある新海(にいみ)氏より専任の宮司を迎え入れている。この頃に旧山本新田住友会所
の建物の移築もあり境内が整備され、「山本八幡宮」と改称し現在に至っている。
IMG_1847.JPGIMG_1848.JPG
※天台院(てんだいいん)・・・次回は是非見てみたい
大阪府八尾市西山本町(旧:河内国若江郡八尾中野村)にある天台宗の仏教寺院。
山号は紫雲山。作家の今東光が住職を務めたと有るので探して見たが不明?
天台宗総本山である比叡山延暦寺の末寺。室町時代初期、朝廷が南朝・北朝に分裂し
ていた頃の創建とされている。開基は文観上人と伝えられており、確証はないが河内長
野市の天野山金剛寺に伝わる「釈摩訶行論」の奥書きに、上人は 壮年四天王寺に遊び、
また河内国に錫をとどめていた と記され、このとき 河内に小庵を結んだ とあり、その小
庵が天台院であるとされている。
昭和26年(1951年)、今東光が本山から住職として派遣された。今東光が派遣された頃
の寺は木造の古びたボロ堂宇で、檀家が三十数件の貧乏寺であった。和尚は24年間ほ
ど住職として滞在した。その間作家・政治家として活躍し、寺も世間の注目を集めていた。
現在はコンクリート製の立派な堂宇となり、境内には八尾文化協会による「東光碑」が建
てられた。
境内に無畏智道上人の碑(文化4卯年7月8日)があり、さらに碑の前方に井戸があり、
「智道の水」として知られている。・・・・・調べた結果はこうだった、次回は是非見たい?

玉串川(たまくしがわ)
玉串川は、大阪府を流れる淀川水系の川(普通河川)。大阪府八尾市二俣で長瀬川から
分流。八尾市の中央部を北上し、東大阪市玉串元町で第二寝屋川に合流する。川幅は
おおむね5 mほどで、川岸は石積みまたはブロックで護岸が整備されている。
高度経済成長期には上流の大和川や長瀬川と同様に水質が悪化していたが、流域の各
所において遊歩道の整備、水生植物の植栽や簡易式の曝気施設が設けられ、環境改善
や水質浄化がなされている。また、これらの整備が行なわれた頃にコイやフナの稚魚が
放流された。流域付近は、八尾市柏村の南部に田畑が広がり、近鉄大阪線河内山本駅
付近が商業地となっている以外はおおむね閑静な住宅街となっている。また、二俣付近と
柏村橋付近 - 五月橋交差点、山本橋 - 山本町北七丁目付近までの両岸に桜の木が植え
られている。この桜は、1960年代前半、工場排水などで汚染が進んでいた玉串川の再生
を図り、当時の住民や自治会の寄付によって、1965年1月から徐々に植樹されていった
ものである。例年、年3月下旬~4月初旬にかけて桜が満開となる。この桜並木は、「大阪
みどりの百選」にも選ばれている。
IMG_1849.JPG
ミーヤキャット石造
此処で玉串川を渡り、御野縣主神社へ向う
IMG_1850.JPG
御野縣主神社(みのあがたぬしじんじゃ)・・・喪中中の私は外で待機
御野縣主神社は、大阪府八尾市にある神社。式内小社で、旧社格は村社。
旧河内国河内郡上之島村(八尾市上之島地区)の氏神。かつてこの地一帯を支配して
いた豪族・美努連(みぬのむらじ)、三野縣主一族の祖神である。創建の年代は不詳で
あるが、延喜式神名帳に河内国若江郡の御野縣主神社二座と記載されていることから
平安時代以前にはあったとされる。明治5年(1872年)に村社に列せられた。
境内西側は小高い丘になっており、かつて西側に流れていた玉櫛川(旧大和川)の堤
防跡であり、現在ではここだけにしか残っていないとされる。八尾市の保全樹林に指定
され、貴重な史跡となっている。境内の南に御野縣池がある。
IMG_1851.JPGIMG_1852.JPGIMG_1853.JPGIMG_1854.JPG

玉串川に戻り、山本交番前へ渡り、左折して第二寝屋川へ向かう
IMG_1855.JPG
途中の公園でトイレ休憩、
元々恩智川に架っていた石橋(福栄橋)がトイレ横に移築されている
※福栄橋
この石橋は福栄橋とよばれ、大坂の玉造から若江、福万寺をへて大和の竜田を結ぶ
十三街道の恩智川を渡るために架かっていました。かって、この橋があった西側には
寛政12年(1800)に福万寺の人々が建てた橋の供養碑が残されています。 碑には、
大雨による洪水で橋が流失したので、新しく再建したことが記されています。 橋に感
謝して建てられた供養碑としては市内で唯一のものです。 ここに保存されている石
橋は、明治9年4月(1876)に造られたものですが、昭和48年(1973)の恩智川改修
工事の際に橋が付け替えられ、橋脚部分を除いた板石と高欄部分が残されています。

第二寝屋川沿い
山口重信碑(八尾市幸町)
元和元年(1615)の大坂夏の陣にこの場所で、木村重成の槍に突かれて戦死した
徳川方武将山口重信の碑。三十三回忌にあたり、弟弘隆が建碑したもので、珍し
い亀趺(きふ)の上に建てられ、碑は西面し表に林 羅山の撰文が刻まれているが、
残念ながら破損が激しい。
IMG_1857.JPGIMG_1858.JPG
木村重成墓(八尾市幸町)
元和元年(1615)6月5日早暁、大坂城から若江に進んだ木村重成は、大坂夏の陣
激戦の後この地で戦死し、遺骸はここに葬られて塚がつくられた。宝暦十四年(1764)
重成百五十回忌にその菩提を弔うために墓碑が建立された。墓石を削って飲むと、
勇気が出て勝負事に強くなるとの俗信仰があり、そのため角が丸くなっている。また
墓前の松の葉を蒲団の下に敷いて寝ると、子どもの寝小便や夫の浮気に効があると
伝えられる。
IMG_1859.JPGIMG_1860.JPGIMG_1861.JPG

八尾市立埋蔵文化財調査センター
展示品見学&小休止後西郡天神社へ向う

西郡天神社(にしこおりてんじんじゃ)・・・私は喪中中の外で待機
西郡天神社境内の手水鉢は、錦織廃寺の塔心礎である。この地は錦織連の居住地
でその寺院と伝え、八間堂の字名がある。鎌倉時代の石灯籠の台座が出土した。塔
心礎は高さ60センチ、縦120センチ、横160センチの自然石の中央に、直径67セン
チ、深さ37センチの柱穴があり、なおその中央に直径21センチ、深さ18センチの舎
利孔がある。白鳳時代に属する。
IMG_1862.JPGIMG_1863.JPG
※錦織廃寺
かっての寺領は広大で 北は恩智川まで(300m)有ったとゆうまた本堂、金堂、三重の
塔などを持つ大寺院であった。 錦織連は百済より渡来した織物技術者である。

高塚地蔵 萱振一号墳石碑
IMG_1864.JPG
※高塚地蔵
市内では第二に古い石仏である。大阪夏の陣のとき、若江合戦で大阪方の吉田内匠が、
この地蔵堂の陰から槍をもってとび出し、東軍の藤堂式部をおそったが、かえって討死し
たという。またこの地からは、古墳時代前期の方形墳が発見されている
※萱振一号墳
河内で発掘された方墳では最大級で大阪府立八尾北高校敷地内にある。物部氏
一族の古墳でないかと考えられている。

恵光寺(えこうじ)
恵光寺は、大阪府八尾市にある浄土真宗本願寺派の仏教寺院。通称「萱振御坊」。
河内国布教途上の蓮如によって建立されたと言われ、蓮如の6男である蓮淳を開基とす
る。建立年ははっきりせず、1470年(文明2年)、1469年〜1489年(文明年間)、1496年
(明応5年)の3説がある(公には1470年を一応の建立年としている)。
戦国時代になると、若江郡萱振は恵光寺を中心とした寺内町の様相を呈するようになり、
環濠もめぐらされた。環濠の一部は現在も残っている。
1574年(天正2年)6月に石山合戦が起こると、萱振の一向衆徒(門徒)は石山本願寺方
に加勢。恵光寺に近接して萱振城とも呼ばれる城砦があった萱振は、河内国における本
願寺勢の拠点となった。1580年(天正8年)8月の石山本願寺陥落とほぼ同時期に恵光
寺は放火・破壊された。
本願寺東西分派に際して西派(本願寺派)に属した。しかし、1685年(貞享2年)に当時の
住職だった寂永は、前住職の准良と共に東派(大谷派)に転じ、摂津国住吉郡平野郷へ
移った(現在の大阪市平野区平野上町にある大徳山慧光寺)。以降、1880年(明治13年)
までの約200年間、恵光寺は無住寺院となる。明治時代末期ごろには別格寺として、また
100以上の末寺を擁していた。
IMG_1866.JPGIMG_1867.JPGIMG_1868.JPGIMG_1869.JPG
楠根川緑地公園で昼食
近鉄八尾駅へ向かう
IMG_1870.JPG
天王寺駅へ戻り
湯処・あべの橋で汗を流して居酒屋・甘太郎へ向かう
IMG_1871.JPGIMG_1872.JPG
IMG_1873.JPGIMG_1882.JPG

甘太郎でN田さんご夫婦と会う、次回以降の飲み会をたのしみに・・・

飲み会終了後、二次回は3名でカラオケへ
IMG_1884.JPGIMG_1887.JPG
おまけ?
7月19日の馬見丘陵公園
IMG_1834.JPGIMG_1835.JPGIMG_1836.JPGIMG_1837.JPGIMG_1838.JPGIMG_1839.JPGIMG_1840.JPGIMG_1841.JPG
IMG_1842.JPGIMG_1843.JPG

我家の琉球朝顔
IMG_1844.JPGIMG_1845.JPG

nice!(18)  コメント(2) 

7月18日の「聖武天皇の紫香楽之宮跡を訪ねて」-2

7月21日        7月18日の「聖武天皇の紫香楽之宮跡を訪ねて」-2
                    7月度 歴史探訪の会
此の日は、7月度の歴史探訪の会「聖武天皇の紫香楽之宮跡を訪ねて」に参加した。
参加者13名、大阪に比べると暑さが少し凌ぎ易かったのかな?と思えたが暑い暑い
中を私の万歩計は、10408歩で約7.7km歩いたことに・・・
コース
信楽高原鉄道 紫香楽宮跡駅(受付・スタート)~甲賀寺~鍛冶屋敷跡~新宮神社
跡~宮町遺跡・宮町会館(昼食)~宮町展示室~(タクシー)紫香楽宮跡駅(解散)
出かけの朝
我家の蘇鉄の新葉&琉球朝顔
IMG_1752.JPGIMG_1751.JPG
草津駅~貴生川駅へ
草津駅で電車に乗る
IMG_1754.JPGIMG_1755.JPG

草津駅 → 貴生川駅への車窓 
IMG_1757.JPGIMG_1758.JPG
貴生川駅 → 信楽高原鉄道へ乗り換え紫香楽宮跡駅へ向かう
貴生川駅の信楽高原鉄道?忍び電車
IMG_1759.JPGIMG_1760.JPGIMG_1761.JPGIMG_1762.JPG

今度は此の電車で
IMG_1764.JPGIMG_1767.JPGIMG_1768.JPG

紫香楽之宮跡駅(受付・スタート)
IMG_1770.JPGIMG_1771.JPG

紫香楽之宮跡駅~甲賀寺へ向かう
IMG_1773.JPG
紫香楽宮跡(甲賀寺跡) 
信楽高原鐵道の紫香楽宮跡駅から北西へ約lkm、松林に覆われた丘陵地に残る、
国指定の史跡です。 紫香楽宮跡は、奈良時代の天平14年(742)、現在の京都
府木津川市(きづがわし)に恭仁宮(くにのみや)を造営中であった聖武(しょうむ)
天皇が、恭仁宮から東北への道を開いてこの地に造営した離宮であり、たびたび
の行幸の後、3年後に改めて首都と定められました。
緑の松林に囲まれた緩い坂の参道をたどると、金堂跡があり、背後を囲むように
僧坊跡・経堂跡・鐘楼跡・塔院跡などの礎石(そせき)が並び、東大寺とよく似た
建物配置の寺院跡であることがわかります。この寺院は、聖武天皇が紫香楽宮
で大仏造立をはじめた甲賀寺跡だと考えられています。
東西90m・南北110mにわたる広い丘陵地には、建造当時の335個の礎石が残り、
はるか天平時代の雅やかな雰囲気が偲ばれます。
また、ここから北へ約1.5kmの宮町地区にある紫香楽宮跡関連遺跡群調査事務
所(宮町事務所 展示室併設)では、紫香楽宮跡から出土した遺物などを展示し
ています。
IMG_1774.JPG

階段を上がって
IMG_1784.JPGIMG_1785.JPG

僧坊跡
IMG_1790.JPG

搭跡へ
IMG_1791.JPG
此処までは、
7月18日の「聖武天皇の紫香楽之宮跡を訪ねて」-1 として
          下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
       https://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2018-07-21
此処では、続きの塔院からの詳細を掲載します。
塔院
IMG_1792.JPGIMG_1794.JPGIMG_1795.JPG

鍛冶屋敷跡へ向かう
IMG_1799.JPGIMG_1800.JPG
IMG_1801.JPGIMG_1802.JPG
IMG_1803.JPG
IMG_1804.JPG
鍛冶屋敷跡
紫香楽宮跡(鍛冶屋敷遺跡)・・紫香楽宮跡鍛冶屋敷地区
鍛冶屋敷遺跡(かじやしきいせき)または紫香楽宮跡 鍛冶屋敷地区(しがらきのみ
やあと かじやしきちく)は、滋賀県甲賀市信楽町黄瀬(きのせ)にある古代鋳造所
遺跡。国の史跡に指定されている(史跡「紫香楽宮跡」のうち)。
奈良時代に聖武天皇が営んだ紫香楽宮(信楽宮/甲賀宮)の関連遺跡で、内裏野
地区と宮町遺跡の間に位置する。
銅製品を鋳造した大規模な官営工房群が確認され、坩堝(るつぼ)などが多数出土
していることや、紫香楽宮跡のある場所から少し山を下った所にあることから、甲賀
寺の幻の紫香楽(信楽)大仏建立に使われる銅を供給していたと考えられている。
当遺跡は、新名神高速道路の信楽IC建設工事中に本線と料金所を結ぶランプ上に
発掘された。遺跡が位置する場所は、当初の計画では盛土構造で遺跡は完全に喪
失する工法であった。しかし、滋賀県教育委員会と当時の信楽町教育委員会が200
4年(平成16年)9月に「古代史を理解する上で欠くことができない」として、遺跡の現
地保存を旧日本道路公団(JH)に要請、2005年(平成17年)4月20日に両教育委員
会とJHが、当初の計画からあった隼人川と市道を跨ぐ140mの橋梁を遺跡側に50
m延長し、橋梁で遺跡を跨ぐ橋梁構造に工法変更することで合意した。これにより
遺跡の喪失は免れることになったが、インターチェンジの工費が約1億円増加して
いる。遺跡域は、2010年(平成22年)に新宮神社遺跡・北黄瀬遺跡とともに国の史
跡「紫香楽宮跡」に追加指定されている。
IMG_1805.JPGIMG_1807.JPG
IMG_1809.JPG
新宮神社跡
新宮神社遺跡(しんぐうじんじゃいせき)または紫香楽宮跡 新宮神社地区(しがらき
のみやあと しんぐうじんじゃちく)は、滋賀県甲賀市信楽町黄瀬(きのせ)にある古代
道路遺跡。国の史跡に指定されている(史跡「紫香楽宮跡」のうち)。
奈良時代に聖武天皇が営んだ紫香楽宮(信楽宮/甲賀宮)の関連遺跡で、鍛冶屋敷
遺跡と宮町遺跡の間に位置する。
新名神高速道路の本線工事中に発掘され、2001年2月に滋賀県教育委員会と信楽
町教育委員会が旧日本道路公団(JH)に保存を要請、2001年11月28日に両教育委
員会とJHが信楽ICのランプ橋脚計3本を東に20mずつ、遺跡西側の本線にある紫香
楽橋の橋脚2本を東に10mずつずらすことで合意した。これにより遺跡の喪失を免れ
ることができたが、工費が4000万円増加し、工事の着工も1年遅れている。
2002年(平成14年)の滋賀県甲賀市・鍛冶屋敷遺跡調査の結果では、掘立柱建物三
棟のほか、橋脚遺構と2本の道路遺構を発見。この道路遺構は朱雀路、掘立柱建物
は朱雀路を管理する役所の付随施設であったと推考されている。
遺跡域は、2010年(平成22年)に鍛冶屋敷遺跡・北黄瀬遺跡とともに国の史跡「紫香
楽宮跡」に追加指定され、2015年(平成27年)に一部が追加指定されている。なお、
現在も新宮神社は新名神高速道路の南側に鎮座する。
IMG_1810.JPG

宮町遺跡へ向かう
IMG_1808.JPGIMG_1812.JPG
IMG_1814.JPGIMG_1815.JPGIMG_1817.JPG
IMG_1819.JPGIMG_1820.JPG
IMG_1821.JPG
宮町遺跡・宮町会館(昼食)
宮町遺跡(みやまちいせき)または紫香楽宮跡 宮町地区(しがらきのみやあと みやま
ちちく)は、滋賀県甲賀市信楽町宮町にある古代宮殿遺跡。国の史跡に指定されてい
る(史跡「紫香楽宮跡」のうち)。
奈良時代に聖武天皇が営んだ紫香楽宮(信楽宮/甲賀宮)跡に比定する説が確実視さ
れる。1980年から1982年度にかけて実施された遺跡分布調査とその際の聞き取り調
査で昭和40年代前半に実施された圃場整備事業の時に柱根や遺物が出土していたこ
とが判明したため遺跡の存在が明らかになり、1984年(昭和59年)から発掘調査が進
められている。
その出土した柱根は地元住民の自宅に保管されていたが、1986年(昭和61年)に奈
良国立文化財研究所(現在の奈良文化財研究所)の光谷拓実が開発した年輪年代
測定法によって、伐採年が天平14年(742年)秋から15年(743年)冬の間であること
が判明し、宮町遺跡は聖武天皇の紫香楽宮(742 - 745)の候補地として一躍注目さ
れることになった。2000年(平成12年)の調査で中心部分の巨大な建物跡が検出され、
宮町遺跡が紫香楽宮の宮殿部分であることが判明した。それ以前は、内裏野地区
(1926年紫香楽宮跡として国の史跡に指定)が宮跡とされていたが、上記調査によっ
て宮町遺跡が実際の紫香楽宮跡であると考えられるようになった。現在では、内裏野
地区は聖武天皇の大仏造立に伴って建立された甲賀寺(甲可寺)跡とする説が主流
である。2005年(平成17年)3月には、宮町遺跡を含む19.3haが国の史跡「紫香楽宮
跡」に追加指定され保存が図られている。
当遺跡の確認とほぼ同時期に新宮神社遺跡・鍛冶屋敷遺跡が確認されたため、紫
香楽宮跡周辺の再調査が行われた。また、内裏野地区で発掘された遺物を展示す
る資料室も、宮町遺跡の関連として1998年(平成8年)から開設された。また、遺跡
周辺の施設(公衆トイレ、案内板等)の整備も行われた。ただし、一部の施設は東海
自然歩道の施設に属している。
なお、この遺跡の一部の朱雀大路にあった橋の遺構は、新名神高速道路建設時に
橋梁の場所と重なるため、失われた。
囚われの狸ではありません、ボール遊び等で壊されない様に保護
IMG_1825.JPGIMG_1829.JPG
IMG_1826.JPGIMG_1827.JPGIMG_1828.JPG
宮町展示室へ向かう
宮町展示室
紫香楽宮跡関連遺跡群調査事務所の出土遺物展示室では、 紫香楽宮跡関連遺跡
で出土した遺物等の一部を展示しています。
紫香楽宮跡の概要を解説するDVD(約20分)もご覧いただけます。

宮町展示室~(タクシーで)紫香楽之宮跡駅
IMG_1832.JPGIMG_1833.JPG

nice!(30)  コメント(2) 

7月14日の奈良の美味い酒 奈良豊澤酒造「豊祝」

7月16日         7月14日の奈良の美味い酒 奈良豊澤酒造「豊祝」
                  近鉄駅フリーハイキング 歩程約7㎞ 
今回の冷や冷や夏吞みハイキングには、3名で参加、ゴールでのハイキング参加者は693名。
暑かったが「豊祝」美味しかった!!此の日の私の万歩計は、17480歩で約12.9km・・・
知人達とはバスで別れて、私はJR奈良駅で先にバスを下りて、知人二人は近鉄奈良駅へ。
喪中なので神社参拝はせず、神社は鳥居を撮るのみにして、二人を待つ・・・
コース
天理駅(受付9:30~10:00)~祝田神社~浄土院~和邇下神社~和爾坐赤坂比古神社~善
福寺~八坂神社・窪之庄城跡~八坂神社~奈良豊澤酒造・「豊祝」試飲~公園に戻り昼食~
上三橋バス停~ビックリドンキーで涼んで~シャープ前バス停~JR奈良駅&近鉄奈良駅
志都美駅
IMG_1722.JPG

天理駅(受付・スタート)

祝田神社(はうりたじんじゃ)・・・なかなか読めない?
天理駅の北に840mの所にある田部町に鎮座の古い神社。御祭神は豊受大神。
式内社・祝田神社に比定されている古社だが、創祀年代、および由緒は不詳。
また「石上布留神宮抄」には、「祝田神殿一座在田村 神宮坤凡二十余町田村ノ後宮ニ坐ス」
とあり、石上神宮の西南2Kmほどの田村(現在の田町)の地が、祝田神殿の跡であるとも、
田村は田部の誤記で、田部鎮座の当社が式内社であるとも考えられているようだ。
さらに祝田神殿の今木大神が、延暦元年(782)十一月、従四位上に叙され、山城国平野神
社に遷され、第一殿に祀られたという説もあるらしい。現在の祭神は豊受大神だが、以前は
日本武尊であるとも考えられており、明治までは天満宮とも称されていたらしい。
IMG_1723.JPGIMG_1724.JPG
浄土院
「浄土宗鎮西派 福田山 往生寺おうじょうじ 浄土院じょうどいん」です。
本尊は「阿弥陀如来立像」ということで、創立等の詳細は不明だそうです。
この道は「上ツ道」だそうで、平城京へいじょうきょうと飛鳥京(藤原宮)を結ぶ官道であった
ということで、人々の往来もかなりあったことでしょう。歴史の積み上げがかなり存在してる。
IMG_1725.JPGIMG_1727.JPG

法念上人の幼年時代 勢至丸像
IMG_1726.JPG
※法念上人
法然(ほうねん、長承2年(1133年) - 建暦2年(1212年))は、平安時代末期から鎌倉時代
初期の日本の僧である。はじめ山門(比叡山)で天台宗の教学を学び、承安5年(1175年)、
専ら阿弥陀仏の誓いを信じ「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できる
という専修念仏の教えを説き、のちに浄土宗の開祖と仰がれた。法然は房号で、諱は源空
(げんくう)。幼名を勢至丸。通称は黒谷上人・吉水上人とも。
謚号は、慧光菩薩・華頂尊者・通明国師・天下上人無極道心者・光照大士である。
大師号は、500年遠忌の行なわれた正徳元年(1711年)以降、50年ごとに天皇より加謚さ
れ、平成23年(2011年)現在、円光大師・東漸大師・慧成大師・弘覚大師・慈教大師・明照
大師・和順大師・法爾大師である。
『選択本願念仏集』(『選択集』)を著すなど、念仏を体系化したことにより、日本における称
名念仏の元祖と称される。 浄土宗では、善導を高祖とし、法然を元祖と崇めている。

※浄土真宗では、法然を七高僧の第七祖とし、法然上人・源空上人と称し、元祖と位置付
ける。親鸞は、『正信念仏偈』や『高僧和讃』などにおいて、法然を「本師源空」や「源空聖
人」と称し、師事できたことを生涯の喜びとした。
街道筋の
和邇下神社の大鳥居、此処を通らないと先へ進めない
IMG_1728.JPG
和邇下神社
櫟本の町中を流れている高瀬川に沿った長い参道があって、東の治道山に鎮座、寿永2年
(1183)藤原清輔の弟顕昭(けんしょう)が著わした『柿本朝臣勘文』によると、「清輔が語って
いうに、大和国へ下向した時、古老から聞いたが、添上郡石上村の傍らに社があり、春道
社という。その中に寺があって柿本寺といい、人丸の堂である。その前の田の中に小塚が
あって人丸墓という」意味の記事があり、この記事により石上村の付近に治道の森があり、
治道社(春道社)と柿本寺があったことがわかる。『東大寺要録』には、「神護景雲3年(769)
東大寺領の櫟庄に水を引くために、高瀬川の水路を今の参道に沿った線に移し、道も新し
く、まっすぐに造られた。
この社は東大寺山丘陵の西に位置する古墳の上に祀られていて櫟本地方にいた豪族の
氏神であったが、今は櫟本の鎮守である。
御祭神は素盞鳴命(すさのおのみこと)を祀っているので牛頭天王社ともいわれ、ここに建て
られた柿本寺との関係で柿本上宮ともいわれた。明治初年に延喜式内の和爾下神社に当
ると考証されて社名を和爾下神社と定められた。

和爾坐赤坂比古神社(わににますあかさかひこじんじゃ )
「和尓坐赤坂比古神社」とは、和爾に鎮座する、和珥の坂の男神を祀る社ということ。
当社は横穴式古墳の上に鎮座しているとも伝えられている。また、当初は和爾氏の同族・
小野氏の氏寺である願興寺(廃寺、当社の東数百mに寺跡)近くに有ったとも伝えられる。
創祀年代は不詳。 和爾氏の氏神として成立し、式内社・和尓坐赤坂比古神社に比定され
ている古社。神亀元年(724)以前から神戸が与えられたという添上郡屈指の大社であり、
三代実録にも「従五位下和爾赤坂彦神」と記載され、延喜の制においても、大社に指定さ
れている神社。
『日本書紀』の神武天皇即位前年の箇所に「和珥の坂下に居勢の祝(はふり)という者が
いる」とあり、崇神天皇十年に武埴安彦の謀反を討つために大彦命が派遣され「和珥の坂
に到着した」とあり、さらに大彦命と和珥氏の祖・彦国葺が派遣され忌瓮(神祭りに用いる
酒などを入れる容器)を和珥の武鐰(すき)坂の上に据え、精兵を率いて奈良山に登って
戦ったとある、和珥の坂、和珥の武鐰坂は、当社の赤坂のことらしい。
IMG_1730.JPGIMG_1731.JPG
善福寺・・・浄土宗知恩院 舎利山 善福寺
浄土宗知恩院 舎利山 善福寺です。創建は1477年で、14世助阿上人を開基としています。
本尊の木造阿弥陀如来坐像は国の重要文化財に指定されています。仏像拝観は志納前
に申込みが必要です。無縁仏の墓石がたくさん集められていて、中には室町時代の石仏
などもあります。すぐ近くに和爾坐赤坂比古神社があり、門の側に「和邇坂下伝承の地」の
碑が建てられています。落ち着いた佇まいの静かなお寺なので、時間を忘れてゆっくり楽
しむことができます。
IMG_1732.JPG

「伝・山の辺の道」「サムライ街道」を歩いて、左折れして
IMG_1733.JPGIMG_1734.JPG
八坂神社・窪之庄城跡
窪之庄城跡・・・
JR桜井線の帯解駅エリアの城塞群のひとつ窪之庄城。駅東側にある八坂神社(駅から
歩くと一つ目に出てくる八坂神社は関係ありません)が城跡で、明瞭な遺構が残る中世・
戦国の城跡です。 日本城郭大系によると築城時期は室町時代とされ、窪城氏の城塞
だったと記されています。
窪城氏は大乗院方衆徒の豪族であったそうですが、周りを強者に囲まれていたようで、
筒井氏、成身院氏、十市氏、古市氏らそれぞれと縁戚を持ち、保身に務めていたと記さ
れています。
応仁の乱の後、古市氏との関係をより深めると、筒井氏との関係が悪化し、永正3(15
06)年に窪之庄城は焼かれ一時、窪城氏は没落したそうですが、元亀2(1571)年には
筒井氏の与力として新興勢力の松永久秀と争うまでに復活。再興した窪之庄城を守っ
たとされています。
現在は八坂神社となっており、社のある方が東殿と呼ばれる郭。その西側には西殿と
される、両方にそれぞれ西氏と、本家の窪城氏がいたとされるそうです。
この東西両郭の間には明瞭かつ、なかなかの幅と深さを持つ濠跡が現存しています。
さらに神社を取り囲むように巨大な土塁。さらにその外側、特に北側にはこれも明瞭な
濠後が残ります。この濠跡は町中の城としては十分な見どころです。
石碑や解説板(由緒書ふくめ)は存在していません。
IMG_1735.JPG
八坂神社(山町)・円満寺(算額で有名)
喪中で神社参拝出来ないので鳥居だけを・・・
上街道・帯解寺周辺の町並みからは少し離れた位置にある八坂神社の入り口。神社の
近くには、大和高原へと向かって進む「五ヶ谷道」方面と円照寺「山村御殿」方面へと向
かう道が分岐する地点があり、かなり古い道標が現在も残されています。
IMG_1736.JPG
※円満寺
神社の入り口から参道を進み、広い空間に出ると東側に本殿が見えます。なお、算額で
有名な「円満寺」のお堂は、この本殿と向かい合わせになるように広場の西側にひっそり
と佇んでいるそうです・・・・次回には是非立ち寄って見たいものです。
IMG_1737.JPGIMG_1738.JPG
もうすぐ
豊澤酒造
IMG_1739.JPG
奈良豊澤酒造・「豊祝」試飲
明治元年(1868年)豊澤儀助が大阪玉造にて酒卸業を創業。明治20年頃(1887年)酒造
業に進出し、灘(神戸市)、伏見(京都市)、奈良、泉南尾崎(大阪府)、里庄(岡山県)で清
酒酒造業を始める。昭和10年頃(1935年)二代目の儀三郎が本社を西城戸町に残し、酒
蔵を現在の酒造場のある今市町に移転。昭和16年頃(1941年)戦時統制経済体制の為
に、酒造業者の整理統合が進められ、泉南の酒蔵はこの時に廃業。
伏見と灘は奈良の豊澤酒造本店に集約される。昭和20年以降(1945年)伏見(本家)が豊
澤本店として独立。灘豊澤酒造と奈良豊澤酒造が個人企業として独立。 3代目の儀雄は、
戦後の極度の食糧不足のなか、配給されるわずかな米で酒造りを行い、酒蔵を守ってい
た。昭和30年(1955年)戦前に経営していた清酒の卸業を廃止。 10月、個人企業を改組
して、奈良豊澤酒造株式会社を設立。昭和54年(1979年)後に4代目となる安男(当時、
専務)が杜氏を求めて但馬へ。そこで、但馬杜氏の藤沢忠治と出会い、奈良豊澤酒造に
招く。昭和59年(1984年)4代目の安男が代表取締役社長に就任。平成 2年(1990年)平
成2年度全国新酒鑑評会で「大吟醸 豊祝」が金賞受賞。
この年より連続5年(平成3年度、4年度、5年度、6年度)、金賞を受賞。
IMG_1740.JPG
IMG_1741.JPG
公園に戻り昼食
上三橋バス停~ビックリドンキーで涼んで~シャープ前バス停からバスに乗り
バスで二人と別れて私は、JR奈良駅へ、彼らは近鉄奈良駅へ・・・

おまけ
7月15日の我が家の琉球朝顔
IMG_1743.JPG
IMG_1745.JPGIMG_1746.JPGIMG_1747.JPGIMG_1748.JPGIMG_1749.JPGIMG_1750.JPG

nice!(43)  コメント(2) 

7月11日の赤膚山から三条通り&平城宮跡へー2

7月13日         7月11日の赤膚山から三条通り&平城宮跡へー2
                   近鉄てくてくマップ伊本③をアレンジ
此の日は、7月び入って2回目、久し振りのハイキングに二人で参加、暑い暑い1日でした。
コース 近鉄てくてくマップ伊本③赤膚山から朱雀門広場(ショートカット 8㎞)
富雄駅~葛上(ふじかみ)神社~霊山寺~垂仁天皇陵~朱雀門広場~バス~JR奈良駅
暑い暑い日で水分補給に2L、此の日の私の万歩計は、25833歩で約19.1km歩いた・・・
近鉄生駒線王寺駅
IMG_1659.JPG
生駒駅~富雄駅(受付・スタート)
富雄駅で知人と合流して富雄川沿いを下流へ向かって霊山寺(りょうせんじ)へ向かう
IMG_1660.JPG
下流へ向かって長澤橋、四天王寺橋、水声橋、上鳥見橋(富雄駅~993m)、黒谷橋、近大橋、
親の木橋、藤宮橋(富雄駅~2400m)、霊山寺橋、下鳥見橋を渡り砂茶屋バス停(富雄駅~
3700m)

10時35分に葛上神社(くずがみじんじゃ)前で水分補給
富男駅~藤宮橋、此処まで約2400m・・・喪中の為、神社参拝は控えている
葛上神社
本神社は、建速須佐命を主神として奉斎し、相殿の神は大山咋神、天照大神、三筒男命
なり。当社の伝記は散逸、或いは火災に罹り知るに由なしとも、鎮座多くの歳月の経て奈
良朝の頃には存在したるものの如し。大和添上郡鳥見谷一円を代々領有せし、小野の国
麿の時桓武延暦十三年山城遷都となり、これに伴い丹州山国の庄に御料木切出職を帯
び、その地に移り代々居住するにおよび本殿、和州の領地より本社も亦移されたものなり。
その後、この旧跡に再び神社を造営したるものとして、境内の一隅にある「葛上郷社古跡」
と記せる石碑あり、その錆より見て正に数百年前なることは想像に難からず。亦相殿の杣
川神社は平城宮造営のため当地杣木谷に渡来した氏神として同地に大山咋神を祭ったも
のであるが後、本所に移し合祀(年代不詳)したものである。
IMG_1661.JPG
IMG_1662.JPG
10時40分に霊山寺門前に到着
バラの時期は終わったが入山券(500円)購入して・・・
霊山寺(りょうせんじ)へ入山
霊山寺は奈良市中町にある霊山寺真言宗大本山の寺院。山号は登美山(とみさん)又は
鼻高山(びこうさん)、開基(創立者)は行基と菩提僊那、本尊は薬師如来である。寺名の
読みは「りょうせんじ」が正式であるが、「りょうぜんじ」「れいざんじ」と呼ばれることもあり、
地元ではいずれの呼称でも通じる。
奈良市の西郊・富雄川沿いにあり、戦乱に巻き込まれずに古い面影を残す。バラ園があり、
世界のバラの花を集めていることで有名である。
奈良市の西郊、富雄地区にあり、富雄川の支流湯屋川をはさんで南北両側の丘陵上に鎌
倉時代建立の本堂(国宝)、三重塔(重文)などの建物が建つ。これら古建築とともに、全面
金箔貼りの黄金殿、バラ園、温泉、ゴルフ練習場、大霊園などの設備を有する異色の寺院
である。
伝承によれば、小野妹子の子である小野富人は、壬申の乱(672年)に加担したかどで右大
臣の地位を辞し、今の霊山寺境内にあたる登美山に閑居して登美仙人あるいは鼻高仙人
(びこうせんにん)と称したという。鼻高仙人となった小野富人は、登美山に薬師如来を祀り、
病人を癒すために薬草を栽培し薬湯を設けた。これは、彼が熊野本宮大社に参篭した際に
出現した薬師如来(熊野速玉大神の本地仏)のお告げにしたがったものであった。
神亀5年(728年)のこと、聖武天皇の皇女(のちの孝謙天皇)は、病に苦しんでいた。ある晩、
天皇の夢枕に鼻高仙人が現われ、登美山の薬師如来の霊験を説いたので、僧・行基を登
美山につかわして祈願させたところ、皇女の病が平癒した。天平6年(734年)、聖武天皇は
行基に命じて霊山寺を建立させた。2年後の天平8年(736年)に来日したインド僧・菩提僊那
(東大寺大仏の開眼供養の導師を務めた)は、登美山の地勢が故郷インドの霊鷲山(りょう
じゅせん)に似ていることから霊山寺と名付け、聖武天皇からは「鼻高霊山寺」の額を賜った
という。
IMG_1663.JPG
IMG_1664.JPGIMG_1665.JPG
10時44分
蓮の花がチラホラ咲いて綺麗だった
IMG_1666.JPGIMG_1667.JPGIMG_1669.JPG

バラ園
IMG_1670.JPG
IMG_1671.JPGIMG_1672.JPG
10時50分に八体仏霊場へ到着
八体仏霊場
十二支と星座を組み合せ、生まれ年・干支、生まれ日・星座のお守り本尊霊場として、原型
制作より5年をかけ1991年(平成3年)に完成した。
向って左より、阿弥陀如来、不動明王、大日如来、普賢菩薩、勢至菩薩、文殊菩薩、虚空
蔵菩薩、千手観音菩薩を安置する。
IMG_1674.JPG

私の守り本尊は、阿弥陀如来だ
IMG_1675.JPG
IMG_1676.JPGIMG_1678.JPG
IMG_1679.JPG

本堂へ向かう
IMG_1680.JPGIMG_1682.JPGIMG_1683.JPG
10時59分に本堂の前に到着
本堂へ入れて貰った、本堂の扇風機の風が涼しかった・・・
IMG_1684.JPGIMG_1686.JPG
本堂を出て奥之院へ続く鳥居の前迄行きUターン
奥之院
本堂より、約1Kmの山道を登ったところにある霊山寺奥之院。弘法大師が留錫の時大龍神
の霊験を感得し、大龍神を弁財天として奥之院へ勧請したと伝わる。
IMG_1687.JPG

三重搭のある丘へ登る
IMG_1689.JPG
此処までは、
7月11日の赤膚山から三条通り&平城宮跡へー1 として
          下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
        https://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2018-07-13
此処では、続きの11時14分に着いた 三重搭からの詳細を掲載します。
三重搭(国重文)
鎌倉期の純和様式で、1283~84年(弘安2~3年)頃に建立された。
IMG_1690.JPGIMG_1691.JPGIMG_1692.JPGIMG_1693.JPG

出口へ向かう
IMG_1694.JPGIMG_1695.JPG

11時26分に霊山寺を出発
IMG_1696.JPG
11時55分~12時10分 公園で昼食
12時25分に赤膚山窯元前に到着
かつて都から、平城京の西方に赤茶けた山が望めたという。色の正体は鉄分を含んだ
上質の赤土、つまりやきものに適した粘土である。朱は魔除けにつながる聖なる色。沈
む夕日のなか、赤い山肌はさらに燃えるように際立ち、神々しかったことだろう。
その山の名は五条山といった。しかし浮き出た色ゆえに、赤膚焼の名の由来ともされる
「赤膚山」と通称されることになる。
西ノ京丘陵に位置する五条山の土で産出されたやきものの原点は古く、神々に供え物
をする須恵器にはじまるとされる。『日本書紀』には、垂仁天皇の皇后・日葉酢媛(ひば
すひめ)命が亡くなった際に殉死を防ぐため、土師氏の祖先・野見宿禰が“人の形を模
した土物=埴輪”を作って陵墓に立てた話がみえ、こうした伝承が引き合いにだされる
ことも多い。
赤膚焼として確立するのは桃山時代。郡山藩(奈良県大和郡山市)の城主となった豊
臣秀吉の弟・秀長により、この五条山に窯が開かれてのことだ。
土の採取が容易いこと。同地が窯場に選ばれたのはそれ故だろうと思いがちだが、理
由は以外にも“赤松が豊富にあったから”だという。
松脂を含む赤松は火がつきやすく、火力が強い。そこで陶芸に最適な燃料として重宝さ
れるのだが、松脂を多量に蓄えた良い松は非常に重い。しかも大量に必要だ。つまり
運搬の手間を考慮すれば、「赤松の森の近くに窯を設けるのが一番効率がいい」という
ことになるそうだ。
五条山には土も赤松もそろっていた。今もこの周辺には赤膚焼の窯元が4軒ある。所縁
の大和郡山市内には2軒を数える。
IMG_1697.JPG

垂仁天皇陵へ向かう
IMG_1698.JPGIMG_1699.JPGIMG_1700.JPG
13時7分に垂仁天皇陵に到着
垂仁天皇陵
宝来山古墳(ほうらいさんこふん/ほうらいやまこふん、蓬莱山古墳)は、奈良県奈良市
尼ヶ辻町(尼辻町)にある古墳。形状は前方後円墳。
実際の被葬者は明らかでないが、宮内庁により「菅原伏見東陵(すがはらのふしみの
ひがしのみささぎ)」として第11代垂仁天皇の陵に治定されている。
全国では第20位の規模の古墳で、4世紀後半頃(古墳時代前期)の築造と推定される。
IMG_1701.JPG
IMG_1702.JPGIMG_1703.JPGIMG_1704.JPG
※垂仁天皇
垂仁天皇(すいにんてんのう、崇神天皇29年1月1日 - 垂仁天皇99年7月14日)は第11
代天皇(在位:垂仁天皇元年1月2日 - 垂仁天皇99年7月14日)。
伊勢神宮の建立や大規模な灌漑事業を行った。相撲、埴輪など著名な神事の起源もこ
の天皇の治世にあるとされる。活目入彦五十狭茅尊(いくめいりびこいさちのみこと)・
活目尊等と称され、『古事記』には「伊久米伊理毘古伊佐知命(いくめいりびこいさちの
みこと)」、『常陸国風土記』には「伊久米天皇」、『令集解』所引「古記」に「生目天皇」、
『上宮記』逸文に「伊久牟尼利比古(いくむにりひこ)大王」と見える。『日本書紀』、『古
事記』に見える事績は総じて起源譚の性格が強いとして、その史実性を疑問視する説
もあったが、近年においてはその実在を認めることが多い。
崇神天皇29年1月1日に誕生(垂仁天皇即位前紀による。崇神天皇元年の条では、御
間城姫はこれより前に垂仁天皇を生んだとあり、矛盾する記述となっている)。
同48年4月、崇神天皇の夢の前兆により皇太子に立てられる。
垂仁天皇元年1月即位。翌2年2月に狭穂姫を立后、10月、纒向に遷都した。
同3年3月、新羅王子の天日槍が神宝を奉じて来朝。
同5年10月、皇后の兄・狭穂彦が叛乱を起こし、皇后は兄に従って焼死。
同7年7月、野見宿禰が当麻蹴速と相撲をとり蹴殺す(相撲節会の起源説話)。
同15年2月、丹波道主王の女たちを後宮に入れ、8月にその中から日葉酢媛を皇后と
した。同25年3月、天照大神の祭祀を皇女の倭姫命に託す(元伊勢伝承)。
同27年8月、諸神社に武器を献納し、神地・神戸を定める。この年、来目(奈良県橿原
市久米町)に初めて屯倉を興す。
同28年、殉死の禁令。
同32年7月、日葉酢媛が薨去。野見宿禰の進言に従い、殉死の風に替えて埴輪を埋
納する(埴輪の起源説話)。『古事記』に「石祝(棺か)作りを定め、土師部(はにしべ)
を定めたまいき」とある。石棺を作る部民や赤土で種々の器を作る部民を定めたとい
うのである。
同35年、河内国の高石池や茅渟(ちぬ)池を始め、諸国に多くの池溝を開いて、農業
を盛んにしたと伝える。
同39年10月、五十瓊敷命が剣千振を作り、石上神宮に納める。この後、五十瓊敷命
に命じて、同神宮の神宝を掌らせる。
同90年2月、田道間守に命じて、常世国の非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)を求め
させる。同99年7月、崩御。140歳(『日本書紀』)、153歳(『古事記』)、139歳(『大日
本史』)。12月、菅原伏見陵に葬られた。

13時56分に平城宮跡・朱雀門前広場に到着 いざない館で水分補給休憩
IMG_1705.JPGIMG_1706.JPG

14時42分に 遣唐使船展示場へ到着
IMG_1707.JPGIMG_1708.JPGIMG_1709.JPG
IMG_1710.JPGIMG_1711.JPGIMG_1712.JPGIMG_1713.JPG

14時50分に平城宮跡を出発
IMG_1715.JPG
15時17分に三条通りへ出てバスに乗る
知人(近鉄奈良駅へ向かう)とバスで別れてJR奈良駅で下車
15時31分初の大和路線快速電車に乗り王寺駅へ、王寺駅~バス
16時13分迄バスが無い、16時のバスにのり、片岡台3丁目~徒歩で自宅へ向う
16時24分に自宅近くの高速道路裏道で・・・
IMG_1716.JPG

16時30分に自宅へ戻りシャワーを浴びる

おまけ
7月12日朝の我が家の琉球朝顔、
IMG_1717.JPGIMG_1718.JPGIMG_1719.JPGIMG_1720.JPGIMG_1721.JPG

nice!(39)  コメント(4) 

7月1日の城陽市の古墳と古代遺跡を巡る

7月7日          7月1日の古墳と古代遺跡を巡る  
                  近鉄駅フリーハイキング
此の日は、2名で大久保駅~スタートの近鉄駅フリーハイキング歩程約9㎞に参加した。
コース  大久保駅コンコース受付9時半~11時 
大久保駅~丸塚古墳~下大谷古墳群~此処は宇治市~上大谷古墳群~芝ヶ原古墳~
正道官衙遺跡~水度神社鳥居~寺田駅
暑い暑い夏日の此の日は、アップダウンの多い所?更には墳丘に上がっては降りの連
続で疲れました。此の日の私の万歩計は、17719歩で約13.1kmでした・・・・
志都美駅~新田駅
新田駅~徒歩5分~大久保駅(受付・スタート)
合流して丸塚古墳へ向かう

丸塚古墳(まるづかこふん、久津川丸塚古墳)
丸塚古墳(久津川丸塚古墳)は、京都府城陽市平川車塚にある古墳。形状は帆立貝形
古墳。久津川古墳群を構成する古墳の1つ。国の史跡に指定されている(史跡「久津川
古墳群」のうち)。
城陽市北部、木津川右岸の丘陵地に築造された古墳である。丘陵一帯では、本古墳や
久津川車塚古墳・芭蕉塚古墳の大型古墳3基を含む古墳100基以上からなる久津川古
墳群の分布が知られる。
墳形は、前方部が短小な帆立貝形の前方後円形[1]。墳丘は後円部が2段築成で、前方
部が1段築成[。墳丘長は80メートル墳丘表面では円筒埴輪・朝顔形埴輪・形象埴輪(家
形・蓋形・甲冑形埴輪)が検出されており、中でも家形埴輪(5棟以上)のうち1棟は、高さ
約1メートルに及ぶ大型のものである。墳丘周囲には墳丘と相似形の周濠が巡らされて
おり、周濠を含めた全長は104メートルに及ぶ。主体部の埋葬施設は未調査のため明ら
かでない。以上より、築造時期は久津川車塚古墳と同時期の5世紀前半頃と推定される。
IMG_1611.JPG
IMG_1610.JPGIMG_1612.JPG
IMG_1613.JPG
※久津川古墳群(くつかわこふんぐん)
久津川古墳群は、京都府城陽市にある古墳群。一部が国の史跡に指定されている。
京都府内では最大級の古墳群である。
近畿日本鉄道久津川駅東側を流れる大谷川(おおたにがわ)周辺の平地部、丘陵部に
位置する古墳群を指す。狭義には久津川車塚古墳周辺の10基前後の古墳を指す事も
あるが、周辺丘陵部に点在する比較的小規模な古墳や古墳群を含めると、総計150基
前後になるとされる。近年の宅地開発により、失われた物や、見えなくなっている物も少
なくない。
従来、久津川車塚古墳と丸塚古墳の2基が「久津川車塚・丸塚古墳」の呼称で国の史跡
に指定されていたが、2016年(平成28年)に芭蕉塚古墳と久世小学校古墳が追加指定
され、4基を総称する「久津川古墳群」の名称に変更された。またこれとは別に、芝ヶ原
12号墳が「芝ヶ原古墳」の名称で国の史跡に指定されている。

下大谷古墳群・・・久津川古墳群(くつかわこふんぐん)の中の古墳群
大小2基から成る古墳群。2号墳は住宅地となり失われ、1号墳は保存されている。
IMG_1615.JPG
IMG_1614.JPG
上大谷古墳群へ向かう
少し宇治市側を歩く・・・
IMG_1616.JPG
IMG_1617.JPG
上大谷古墳群・・・久津川古墳群(くつかわこふんぐん)の中の古墳群
大小20基から成る古墳群。11基が保存されている。
IMG_1618.JPG
IMG_1620.JPGIMG_1621.JPG
IMG_1622.JPGIMG_1623.JPG

芝ヶ原古墳へ向かう
IMG_1624.JPG
芝ヶ原古墳(しばがはらこふん)
芝ヶ原古墳(芝ケ原古墳/芝ヶ原12号墳)は、京都府城陽市寺田大谷にある古墳。形状
は前方後方墳。久津川古墳群(うち芝ヶ原古墳群)を構成する古墳の1つ。国の史跡に
指定され、出土品は国の重要文化財に指定されている。
IMG_1625.JPG
京都府南部、城陽市北部の丘陵上に築造された古墳で、一帯では久津川車塚古墳を
始めとする久津川古墳群が分布し、その支群の芝ヶ原古墳群を構成する古墳の1つ
(芝ヶ原12号墳)になる。1986年(昭和61年)に宅地開発に先立つ発掘調査が実施され、
現在は史跡公園として整備されている。
墳形は前方後方形であるが、前方部は現在までに削平されている(残存長は21m。墳
丘の段築・葺石は認められていないほか、墳丘周囲には周溝が巡らされている。主体
部の埋葬施設は組合式木棺の直葬で、木棺は長さ3m・幅0.8m、木棺を埋納した土壙
は長さ4.7m・幅2.5mを測る。この木棺の内部からは、銅鏡・銅釧・玉など多数の副葬品
が検出されており、特に銅釧の出土は類例のない珍しい例になる。
この芝ヶ原古墳は、出土した庄内式土器等から古墳時代初頭の3世紀中頃[3](または
3世紀前半頃[の築造と推定される。南山城地方では椿井大塚山古墳に先行し、当時と
しては一帯で最有力の首長墓の1つに位置づけられる。
IMG_1626.JPGIMG_1627.JPGIMG_1628.JPGIMG_1629.JPG

後方部墳丘
IMG_1630.JPGIMG_1631.JPG

史跡 芝ヶ原古墳をあとにして
IMG_1632.JPG
IMG_1633.JPG
史跡 正道官衙遺跡(しょうどうかんがいせき)
正道官衙遺跡は、京都府城陽市寺田正道にある大規模な複合遺跡。国の史跡に指定
されている。標高40メートルから50メートルの南向きの台地上にある。
この遺跡は、5世紀の小規模な古墳と、6世紀後半から7世紀にかけての集落遺構、そし
て7世紀以降の整然と配置された大型の掘立柱建物群からなる官衙遺構などが重なり
あう複合遺跡となっている。特に、官衙遺構は、歴史・地理的背景や出土遺物などから、
奈良時代の山城国久世郡の郡衙中心部であると推定される。
IMG_1634.JPG
史跡 正道官衙遺跡(昼食)
この遺跡は、発掘調査後、埋め戻されて長い間広場になっていた。その後、遺跡の保存
と活用を図りながら、積極的にまちづくりに生かしていこうという機運が高まり、1989年
(平成元年)2月に文化庁の指導を得てこの遺跡を含む城陽市内全5か所の史跡整備構
想が策定された。そして、翌年にはこの官衙遺跡の整備基本計画が作られ、1991年(平
成3年)10月から整備工事が着工され、1992年(平成4年)11月に工事が完成し、史跡公
園として遺構の一部が復元され芝生や万葉植物を配した広場として整備されている。
IMG_1635.JPGIMG_1636.JPG
史跡 正道官衙遺跡を後にして
此処からはずーっと下り坂?
IMG_1637.JPG

水度神社一の鳥居(みとじんじゃいちのとりい)
水度神社は、京都府城陽市寺田水度坂に鎮座する神社である。鴻ノ巣山のふもとにある。
式内小社で、旧社格は府社。旧寺田村の産土神である。
社伝によると、創祀は平安時代初期といわれるが、『山城国風土記』逸文に、「久世の郡
水渡の社祗社」とあることから、風土記が編纂された奈良時代には存在したと考えられる。
平安時代前期に成立した延喜式には、「水度神社三座」と記されている。1873年(明治6
年)に村社、1882年(明治15年)に郷社、1907年(明治40年)には府社に昇格した。現在
は社格は廃止され、神社本庁に属し、「宗教法人 水度神社」と称している。
IMG_1638.JPG

寺田駅

nice!(52)  コメント(10) 

6月28日の大阪 八尾市史跡巡り-2

7月7日          6月28日の大阪 八尾市史跡巡り-2
                てくてくマップ大阪⑫歩程(9.2㎞)
此の日は、3名で昼飲み会ハイキングに行って来ました。我々の昼飲み会ハイキングとは、
阿倍野の居酒屋で15:00~17:00の昼飲み会に、此の時期は銭湯で汗を流して、冬場は、
身体を温めて臨めるようにする事、身体をさっぱり綺麗にして飲み会に参加?・・・・
今回は、阿倍野で行きつけの銭湯が2軒とも定休日となった為、新規に銭湯を開発?
環状線の寺田町駅まえに天竜湯なる銭湯を見つけてチャレンジすることに・・・
コースは近鉄ハイキングのてくてマップ大阪12を少し距離を短く変更して対応
近鉄八尾駅(スタンプ)~常光寺~成法せせらぎの小径~長瀬川沿いの公園(省休止)~
安中新田会所跡~~渋川神社~植松観音堂~植松地蔵尊・常夜灯~物部守屋の墓~大
聖勝軍寺~鏑矢塚~楠本神社・守屋首洗い池~柏原船と使い場~防災公園(昼食)~楠
本神社~八尾空港~弓削神社(西)~JR志紀駅(約9.2㎞)
志紀駅13:22 久宝寺13:27 13:30 天王寺13:35 13:40 寺田町駅13:41 6分天竜湯
寺田町駅で K場さんと待ち合わせて4名で天竜湯へ、中々良い所又行きたい銭湯でした。 
天竜湯 14:35 →寺田町駅14:44 (14:39)  天王寺駅14:46 (14:41)
14:50分に天王寺駅の何時もの場所で待合せて 居酒屋 甘太郎へ GO!
6月28日(木) 昼飲み会15:00~17:00 6名参加 ・K場・S藤・M吉・A座・N西・T原
此の日の私の万歩計は、22402歩で約16.5km歩いたことになりました。
志都美駅~
近鉄下田駅
IMG_1550.JPG
近鉄八尾駅(スタンプ)
此処で3名合流してハイキングスタート
アーケード商店街
IMG_1551.JPG
常光寺(じょうこうじ)
常光寺は、大阪府八尾市本町にある 臨済宗南禅寺派の寺院。南禅寺塔頭金地院
の末寺で、山号は初日山。 通称は八尾地蔵尊。
本尊は地蔵菩薩で、弘仁年間(810年 - 824年ごろ)、小野篁の作と伝えられている。
山門脇に大坂城の残石と「河内最古之音頭発祥地」の碑がある。また、境内に大坂
の役で戦死した藤堂家の戦死者の墓がある。
奈良時代に僧行基が創建したと伝えられている。当初は「新堂寺」と称していた。南
北朝期に戦乱で寺は焼かれ、一旦は荒廃した。至徳2年(1385年)に土豪・藤原盛継
により復興、翌年に地蔵尊・阿弥陀堂などを再建した。室町時代に足利義満から、自
筆の 「初日山」「常光寺」 の額が納められた。(寺宝として現存。)
大坂の役において、付近は激戦地となったが、本寺は徳川方の保護を受けた。 徳川
方の武将・藤堂高虎は本堂の北にある住職の居間(方丈)の縁側に敵方の首級を並
べて「首実検」をしたという。その縁板は後に方丈の西廊下の天井として貼り替えられ
た。 おびただしい血痕がついていたため、「血天井」と称された。
IMG_1552.JPGIMG_1553.JPGIMG_1554.JPG

八尾市役所前の河内音頭踊り像?
IMG_1556.JPG
環山楼・・・八尾市指定文化財
環山楼は、江戸時代中期に八尾寺内町の豪商であった石田善右衛門利清が設けた
私塾です。当時は学芸教育が盛んで、大阪の懐徳堂をはじめとする学塾が数多く開
かれていました。
「環山楼」の名前は、当地に招かれて講義を行った京都堀川の儒学者伊藤東涯(いと
うとうがい)が、高安・二上・金剛の山々の景観に取り囲まれている様子から命名した
ものです。
市内には、麟角堂(りんかくどう)や簷葡舎(えんほしゃ)などの学塾がありましたが、
環山楼は現存する唯一のもので、現在の場所に移築保存して公開しています。
IMG_1558.JPG

成法せせらぎの小径へむかう
IMG_1559.JPG
成法せせらぎの小径
大阪府の竜華水みらいセンターの下水道高度処理水利活用によるもので、八尾市制
施行60周年記念事業として整備された「成法せせらぎの小径(せいほうせせらぎのこ
みち)」周辺のせせらぎ水路に利用されています。
IMG_1560.JPGIMG_1561.JPGIMG_1563.JPG

幼稚園児たちがザリガニ釣り
IMG_1564.JPG
IMG_1564.JPG

長瀬川を渡る
IMG_1566.JPG

長瀬川沿いの公園(少休止)
IMG_1567.JPG
安中新田会所跡(旧植田家住宅)
1704年の大和川付け替え後、旧川床を利用して多くの新田が開発されました。そのう
ちのひとつが安中新田です。柏原市の安福寺が開発の中心であったために「安中新
田」という名がついたと言われています。開発から50年ほどたった頃、安福寺住職の
類縁にあたる植田家が管理を任されることになり、その後150年の長きにわたって新
田の支配人を勤めました。
植田家が居住していた屋敷は、会所としても使用されていました。「会所」とは新田の
管理に使われた建物のことで、地域の寄り合いの場も兼ねていました。八尾市内の
ほかの新田会所(山本新田会所、柏村新田会所)が現存しない一方で、植田家の屋
敷は増改築を繰り返しながらも、昭和60年代まで実際に使用されていました。修復・
整備を経て、書画や工芸品、河内木綿などの所蔵品とともに旧植田家住宅は一般に
公開されています。
IMG_1568.JPG
渋川神社
天忍穂耳尊、饒速日命、國狹槌尊、日高大神、菅原大神を祭神としている。
創建の年月は不明。 かつて飛鳥時代に本地域を本拠地としていた物部守屋の渋河
の家の跡ともいわれている。もとは旧大和川の東側の字川向にあったが、天文3年
(1533年)の大洪水で境内全域を流失。 この時、浮島神社は数kmほど北の茨田郡
新田村に漂着した。
その後元亀2年(1572年)、お旅所のあった現在地に再建された。境内には、大阪府
天然記念物のクスノキを含め数本の大きな樹木がそびえている。
IMG_1569.JPG
※物部守屋
物部氏は有力な軍事氏族である。物部氏は日本に伝来した仏教に対しては強硬な廃
仏派で、崇仏派の蘇我氏と対立した。ただし、物部氏の本拠の渋川に寺の跡が残り、
物部氏そのものは廃仏派ではなかったという説もある。
敏達天皇元年(572年)、敏達天皇の即位に伴い、守屋は大連に任じられた。

植松観音堂
IMG_1570.JPG

植松地蔵尊・常夜灯
IMG_1571.JPG

物部守屋の墓
IMG_1572.JPG
IMG_1572.JPG
※物部守屋
物部氏は有力な軍事氏族である。物部氏は日本に伝来した仏教に対しては強硬な廃仏
派で、崇仏派の蘇我氏と対立した。ただし、物部氏の本拠の渋川に寺の跡が残り、物部
氏そのものは廃仏派ではなかったという説もある。
敏達天皇元年(572年)、敏達天皇の即位に伴い、守屋は大連に任じられた。
敏達天皇14年(585年)、病になった大臣・蘇我馬子は敏達天皇に奏上して仏法を信奉
する許可を求めた。天皇はこれを許可したが、この頃から疫病が流行しだした。守屋と
中臣勝海(中臣氏は神祇を祭る氏族)は蕃神(異国の神)を信奉したために疫病が起き
たと奏上し、これの禁止を求めた。天皇は仏法を止めるよう詔した。守屋は自ら寺に赴
き、胡床に座り、仏塔を破壊し、仏殿を焼き、仏像を海に投げ込ませ、馬子や司馬達等
ら仏法信者を面罵した上で、達等の娘善信尼、およびその弟子の恵善尼・禅蔵尼ら3人
の尼を捕らえ、衣をはぎとって全裸にして、海石榴市(つばいち、現在の奈良県桜井市)
の駅舎へ連行し、群衆の目前で鞭打った。
疫病は更に激しくなり、天皇も病に伏した。馬子は自らの病が癒えず、再び仏法の許可
を奏上した。天皇は馬子に限り許した。馬子は三尼を崇拝し、寺を営んだ。  ・・・・・・
馬子は群臣にはかり、守屋を滅ぼすことを決めた。馬子は泊瀬部皇子、竹田皇子、厩戸
皇子などの皇子や諸豪族の軍兵を率いて河内国渋川郡(現・大阪府東大阪市衣摺)の
守屋の館へ向かった。守屋は一族を集めて稲城を築き守りを固めた。その軍は強盛で、
守屋は朴の木の枝間によじ登り、雨のように矢を射かけた。皇子らの軍兵は恐怖し、退
却を余儀なくされた。これを見た厩戸皇子は仏法の加護を得ようと白膠の木を切り、四
天王の像をつくり、戦勝を祈願して、勝利すれば仏塔をつくり仏法の弘通に努めると誓
った。馬子は軍を立て直して進軍させた。迹見赤檮が大木に登っている守屋を射殺し
た。寄せ手は攻めかかり、引き続き守屋の子らを殺害し、守屋の軍は敗北して逃げ散
った。

此処までは、
6月28日の大阪 八尾市史跡巡り-1 として
       下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
      https://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2018-07-07
此処では、続きの聖徳太子古戦場~の詳細を掲載します。
聖徳太子古戦場
物部守屋は強かった。蘇我馬子、聖徳太子軍は物部守屋の軍勢に三度大敗。
このままでは勝てないと思った聖徳太子は願掛けをするんです。
部下四将軍に四天王の像を刻ませたと。そして「いまもし我をして敵に勝たしめば、
かならずまさに護世四天王の、おんために寺塔を建つべし」 と 日本書紀。
IMG_1573.JPG
聖徳太子古戦場・大聖勝軍寺
大聖勝軍寺(だいせいしょうぐんじ)
大聖勝軍寺は、大阪府八尾市の旧奈良街道に面して建つ高野山真言宗の仏教寺院。
山号は神妙椋樹山。
開基は聖徳太子、本尊は植髪太子(聖徳太子)である。 聖徳太子建立三太子の一つで、
叡福寺の「上の太子」、野中寺の「中の太子」に対して、「下の太子」と呼ばれている。
地元では単に「太子堂」と呼ばれている。
587年、崇仏派の聖徳太子が排仏派の物部守屋との戦いで「いまもし我をして敵に勝た
しめば、かならずまさに護世四天王の、おんために寺塔を建つべし」(日本書紀)と祈願
して戦勝したことから、戦後間もなく四天王を祭るための寺院として摂津国難波(大阪市
天王寺区)の四天王寺とともに、当寺の太子堂が建立された。594年、推古天皇より現
在の山号と寺号が贈られ、この年が創建年とされる。756年、聖武上皇から鎮護国家寺
の称号を贈られ、勅願寺に定められる。
IMG_1574.JPGIMG_1575.JPGIMG_1576.JPG
鏑矢塚
用明二年(587)に厩戸皇子(うまやどのおおじ)(聖徳太子)をはじめとする皇子達と蘇
我馬子(そがのうまこ)らは、渋河の地で物部守屋(もののべのもりや)の軍勢と戦います。
稲城(いなき)を築き、榎木の上から弓を放つ守屋に苦戦した皇子らは三度退却しますが、
四天王に祈願すると、迹見赤檮(とみのいらい)の放った矢が守屋を討ち、皇子と馬子ら
は勝利したと『日本書紀』に記されています。大聖勝軍寺(たいせいしょうぐんじ)の周辺
にはそうした史跡が残されており、鏑矢塚は、迹見赤檮が守屋を射た矢を埋めたと『大聖
勝軍寺略縁起』(1455)は伝えています。鏑矢とは、先端が植物の「かぶら」のような形
をしている矢のことです。『日本書紀』にはみられませんが、太子信仰や八尾の歴史を考
えるうえで重要です。
IMG_1577.JPGIMG_1578.JPG
楠本神社・守屋首洗い池
延喜式神名帳に、『河内国志紀郡 樟本神社三座 並大 月次新嘗」とある式内社。
延喜式当時は一社だったと思われるが、今、社名・祭神を同じくする神社が、八尾市木
の本・南木ノ本・北木ノ本の3ヶ所に鎮座する(以下、木の本社・南木の本社・北木の本
社と記す)。当社は延喜式に記載されている榎本三座の一にして、創建の年代は詳か
でないが、用明天皇の御代(585--87)、物部守屋公が本拠地である稲村城(現光連寺
敷地-当社の南約200mにあり)の守護神として、一族の祖神と崇めていた布都大神
を奉祀されたものと伝える」とある(他の2社の由緒も、ほとんど同意)。

物部守屋云々とは、日本書紀・崇峻天皇2年(588)秋七月条にある、「蘇我馬子大臣は、
聖徳太子以下の諸皇子と群臣に勧めて、物部守屋大連を滅ぼそうと謀った。・・・
(大臣らは)軍兵を率いて志紀郡から守屋の澁河の家に至った。大連は自ら子弟と奴の
兵士たちを率いて、稲を積んだ砦を造って戦った。大連は衣摺の地の榎の木股に登っ
て、上から眺め射かけること雨のようであった。 ・・・」(大意)
いずれにしろ、当地域一帯は物部氏特に物部守屋との関係が深く、物部本家の滅亡の
地が当地辺りであった可能性は強い。
IMG_1579.JPGIMG_1581.JPGIMG_1582.JPG
物部守屋首洗池
境内に入ってすぐ右に小さな池があり、その前に“守屋首洗池”(だいぶ摩耗している)と
刻した自然石の碑が立っている。当社社務所の壁に貼られた案内には、「(蘇我馬子ら
が物部守屋を攻めたとき)、聖徳太子が迹見赤擣に鏑矢をもって、物部守屋を射させた
ところ、その矢が守屋の胸に当たり、秦河勝がその首をとって、この池で洗って聖徳太子
の見参に入れたという」との伝承を記している。
IMG_1580.JPG
IMG_1580.JPG

柏原船と使い場・・・説明版が全く読めない
IMG_1583.JPGIMG_1584.JPG
防災公園(昼食)~
佛蓮寺・楠本神社
IMG_1585.JPGIMG_1586.JPG

稲城跡
IMG_1587.JPG

水路
IMG_1588.JPG
八尾空港
ヘリが2基とまっていた
IMG_1589.JPG
IMG_1590.JPG
弓削神社(西)
弓削神社(ゆげじんじゃ)は、大阪府八尾市にある神社。 付近に勢力を保持していた
物部氏の一族である弓削氏の氏神である。
八尾の弓削神社は、JR志紀駅・長瀬川を挟んで2箇所あり、二社一対で二座にあてて
いる。両社とも式内大社である。
800年ごろの創建といわれる。当地は弓削氏の一族である高僧道鏡の出身地であるが、
弓削神社は彼の没後の創建であり、直接関わりはない。
かつて東西の社殿の間に久宝寺川(旧大和川)が流れていた。度重なる水害で幾度も
流失の被害に遭っていた。
IMG_1591.JPGIMG_1592.JPGIMG_1593.JPGIMG_1594.JPG
JR志紀駅(約9.2㎞)→ 環状線 
寺田町駅~天竜湯
天竜湯の一番風呂に入って満足満足・・・
IMG_1595.JPGIMG_1596.JPG

寺田町駅
IMG_1597.JPG
おまけ
飲み会の帰りにJRのホームから
IMG_1609.JPG

nice!(17)  コメント(2) 

6月26日のウワナベ古墳~神功皇后陵へ古墳巡り

7月5日         6月26日のウワナベ古墳~神功皇后陵へ古墳巡り
                    6月度 歩こう会 歩程約8㎞
新大宮駅~ウワナベコナベ古墳~磐之媛命陵~平城宮跡遺構展示館~平城天皇陵
~佐紀神社~山上八幡神社~日葉酢媛命陵~成務天皇陵~称徳(孝謙)天皇陵~
山稜八幡神社~神功皇后陵~平城駅  ・・・大和西大寺駅で奈良36へスタンプ貰う
此の日の参加者は70名、暑かった事もあり昼食休憩の後、バスで帰る方、後半コース
の途中に西大寺駅と平城駅が見えた所で各々の駅へ先に帰る方、最後の見所、神功
皇后陵(じんぐうこうごう)陵・・・五社神古墳(ごさしこふん)へ到達したのはわずか20名
しかいなかった。此の日の私の万歩計は、17905歩で約13.2km歩いたことに・・・
新大宮駅
IMG_1525.JPGIMG_1524.JPG
芸亭(うんてい)跡・・・日本で最初の公開図書館とされている施設跡
奈良時代末期に有力貴族だった文人の石上 宅嗣(いそのかみ の やかつぐ)によって
平城京(現在の奈良市)に設置された。芸亭院(うんていいん)ともいう。仏典と儒書が
所蔵され、好学の徒が自由に閲覧することができた。
IMG_1526.JPG
ウワナベ・コナベ古墳
・・・周囲に壕を巡らせた前方後円墳で、いずれも松の緑に覆われている。
東側が全長255mのウワナベ古墳で、西側がひと回り小さな全長204mのコナベ古墳、
コナベ古墳のまわりには副葬品等を納めたとみられる方墳や円墳も有り、日本の古墳
時代中期(5世紀)を代表する古墳。
IMG_1527.JPG
a02.JPG
コナベ古墳は、宮内庁により「小奈辺陵墓参考地」(被葬候補者:第16代仁徳天皇皇
后磐之媛命)として陵墓参考地に治定されている。
IMG_1528.JPGa10.JPG

磐之媛命陵・・・(ヒシアゲ古墳)
宮内庁により「平城坂上陵(ならさかのえのみささぎ)」として第16代仁徳天皇皇后の
磐之媛命の陵に治定されている。全長約220m、前方部に二重濠があり、珍しい。
IMG_1529.JPG
a11.JPG
a13.JPGIMG_1530.JPG
IMG_1531.JPG
IMG_1532.JPG
IMG_1533.JPG
水上池・・・奈良県景観資産
平城宮跡遺構展示館へ向かう
a24.JPGa25.JPG
平城宮跡遺構展示館・・・昼食休憩中に各自で自由に観覧
発掘調査で見つかった遺構をそのまま見ることができるほか、第一次大極殿や内裏の
復元模型を展示しています。
a26.JPGa44.JPGa46.JPGa48.JPGa50.JPG
平城天皇陵(へいぜいてんのうりょう)・・・市庭古墳(いちにわこふん)
宮内庁により「楊梅陵(やまもものみささぎ)」として第51代平城天皇の陵に治定され
ている。
IMG_1536.JPG

大極殿が後ろから見える
IMG_1537.JPG
御前池(ごぜんいけ)の岸に同名の神社、道路を挟んで佐紀池があり、珍名?
おまえいけ!さきいけ!で話題に・・?
IMG_1538.JPG
※佐紀神社(亀畑)
社伝によると、天武天皇二年(673)の創祀。超昇寺の建立と同時に、鎮守社として祀ら
れたという。式内社・佐紀神社に比定されている古社。鳥居扁額に「式内佐紀神社」と刻
まれている。御祭神:天児屋根命 経津主命 六御県命。

佐紀神社(西畑)
御前池の西、小字西畑に鎮座。池を隔てて東 の小字亀畑にも佐紀神社がある。祭神は
天児屋根命 経津主命 六御県命の三座。由緒は不 詳であるが、「平城旧社考」によると、
亀畑の佐 紀神社を分祀したものといわれている。鳥居前 には「式内佐紀神社」の石標が
あり、「延喜式」神名帳 添下郡の「佐紀神社」としている。
IMG_1539.JPG

※山上八幡神社
創建は延宝五年(1677)建立と『奈良市史社寺編』に記載。 安政元年(1854)、明治
九年(1876)に修理されている。

日葉酢媛命陵(ひばすひめのみこと)・・・佐紀陵山古墳(さきみささぎやまこふん)
日葉酢媛命は垂仁天皇の皇后。葬儀に際して、天皇が群卿に葬儀の方法を問うと、野
見宿禰が生きた人間の代わりに埴輪を埋納するように進言した為、陵墓に初めて人や
馬に見立てた埴輪が埋納され、以後も踏襲されるようになった。
IMG_1541.JPG
成務天皇陵(せいむてんのうりょう)・・・佐紀石塚山古墳(さきいしづかやまこふん)
宮内庁により「狭城盾列池後陵(さきのたたなみのいけじりのみささぎ、狹城盾列池後陵)
」として第13代成務天皇の陵に治定されている。
IMG_1542.JPG
称徳(しょうとく)(孝謙天皇)陵・・・佐紀高塚古墳(さきたかつかこふん)
宮内庁により「高野陵(たかののみささぎ)」として第48代称徳天皇(第46代孝謙天皇重祚)
の陵に治定されている。奈良時代の御陵とされているが、5世紀前半の前方後円墳とみら
れています。称徳(孝謙)天皇は聖武天皇と光明皇后の娘で、西大寺を建立したことで知ら
れています。
IMG_1544.JPGIMG_1543.JPG
山稜八幡神社(みささぎはちまんじんじゃ)
主祭神は気長足姫命、背後に品陀和気命と玉依姫命。主祭神が神功皇后(気長足姫命)
の八幡神社は珍しい?
IMG_1545.JPG
神功皇后陵(じんぐうこうごう)陵・・・五社神古墳(ごさしこふん)
神功皇后は、仲哀天皇の皇后。『日本書紀』では気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)
夫の仲哀天皇が香推宮にて急死(『天書紀』では熊襲の矢が当たった)。その後に熊襲を討
伐した。それから住吉大神の神託により、お腹に子供(のちの応神天皇)を妊娠したまま玄界
灘を渡り朝鮮半島に出兵して新羅の国を攻めた。新羅の王は「吾聞く、東に日本という神国
有り。亦天皇という聖王あり。」と言い白旗を上げ、戦わずして降服して朝貢を誓い、高句麗・
百済も朝貢を約したという(三韓征伐)。
IMG_1546.JPGIMG_1547.JPG

平城駅 
IMG_1548.JPG

nice!(25)  コメント(6) 
前の10件 | -